【お知らせ】銀幕の中のキリスト教

 初の単著「銀幕の中のキリスト教」が、キリスト新聞社から発売になりました。16年前の編著「シネマの宗教美学」(フィルムアート社)と同じく、今回も「映画+キリスト教」がテーマです。

 版元が専門書の出版社なため、一般の書店では手に入りにくいかもしれません。Amazonでも入荷するとすぐ品切れになってしまいます。実店舗で手に取りたい場合は、全国のキリスト教書店(東京なら銀座の教文館、御茶の水のCLC、オアシス新宿西口店など)に並んでいると思います。教文館のネット通販でも購入できます。

ミッドナイトスワン

2020年9月25日(金)公開 全国ロードショー

草彅毅の熱演に見入ってしまう2時間

 新宿のニューハーフショークラブで働く凪紗は、夜の仕事をしながら性転換手術に向けて少しずつ金を貯めている。トランスジェンダーの彼女は、いつか本当の女性になるのが夢なのだ。そんな凪紗のもとに、故郷広島の母から電話がかかってくる。親戚で親から虐待されている少女・一果を、一時的に預かってくれと言う申し出だ。渋々これを受け入れた凪紗だったが、彼女は今の自分について親や親戚に何も言っていない。一果を預かった凪紗は、自分の今の姿について親戚には口外するなと強く口止めする。だが硬く心を閉ざしている一果に、はたして通じているものなのかどうなのか。学校に通い始めた一果はクラスメイトにも馴染めないが、学校帰りに見かけたバレエ教室に強く心を引かれる。自ら無料の体験レッスンを希望したが、基礎ができていない一果は他の生徒たちにも笑われるばかりだ。しかしこのバレエ教室で、一果には同じ中学からレッスンに通う友人ができた。

続きを読む

ジャーニー ー太古アラビア半島での奇跡と戦いの物語ー

6月25日(金)公開予定 新宿バルト9、梅田ブルク7にて公開

史実をもとにしたサウジアラビアと日本の合作長編アニメ

 6世紀半ばのアラビア半島。メッカはカアバ神殿を擁する聖地であると同時に、公益で栄える豊かな街だった。だがそのメッカを手中に収めるため、エチオピアの王アブラハが強大な軍隊を率いて攻め上ってきた。王の要求は、メッカの住民が神殿を破壊して奴隷になること。それに従わねば、全員を殺戮すると言う。あまりにも理不尽で苛酷な要求に屈服せず、多くの男たちが町を守るため立ち上がった。アウスもそのひとりだ。幼い頃に両親を亡くして盗賊として生きてきた彼は、メッカで親切な夫婦に匿われて養子となり、今は夫婦の一人娘と結婚して息子にも恵まれた。自分の過去を責めることなく受け入れてくれた養父母や妻の恩に報いるためにも、アブラハの前に膝を屈することはできないのだ。だがアブラハはアフリカから多くの兵士と巨大なゾウの部隊を連れてきて、メッカ側の寄せ集め軍に対峙する。その戦力差は圧倒的。メッカ側は兵士3名による代表戦を申し出る。

 サウジアラビアと日本の合作長編アニメ。主人公アウスなどは映画のためのオリジナルキャラクターだが、エチオピアからアブラハの軍隊がやって来てメッカを攻撃したのは、6世紀半ばにあった実在の事件だという。映画の邦題には「太古の物語」とあるが、アラビア半島がイスラム化する以前の出来事だ。日本だと6世紀は古代だが、歴史の古い中東圏だと6世紀を「太古」と呼ぶのは大げさかもしれない。イスラムの伝承では、メッカ軍を窮地に追い詰めたアブラハの大軍を、小鳥の大群が石つぶてで撃って全滅させたという。これはイスラムの開祖ムハンマドが生まれた年、西暦570年の出来事だとされている。史実をもとにしたアクションエンタテインメント作品ということで、これはアラブ版の『300〈スリーハンドレッド〉』(2006)みたいな映画になっている。ゾウに乗って現れるアブラハは「北斗の拳」風でもあるが、むしろ『300』のペルシャ王だろうか。

 歴史的に見るなら、アブラハ王によるメッカ攻撃は、「キリスト教によるアラブ侵略」という後代の十字軍にもつながる軍事行動の先駆けだった。しかし本作ではそのあたりをぼかしている。当時のアラブは多神教で、メッカのカアバ神殿も多神教のための神殿だった。後にメッカで誕生したイスラムは、多神教勢力からの攻撃を受けて一度はメディナに脱出せざるを得なかった。この映画を宗教戦争として描くと、後に預言者ムハンマドをメッカから追い出した勢力を正義の味方として描かなければならなくなる。結果として宗教要素は映画から排除されているが、そのことでアブラハの野心は底が見えない不気味なものになった。

 映画としては、たかだか1時間50分にいろいろと詰め込みすぎの印象。主人公が常に語りっぱなしで盛り上がりに欠けるし、回想シーンや別エピソードの挿入もあって、最初から連続ドラマの総集編のような感じになってしまったのは残念だった。

(原題:The Journey)

東映第1試写室にて 
配給:東映アニメーション 配給協力:東映 宣伝:東映エージェンシー 
2021年|1時間50分|サウジアラビア、日本|カラー|ビスタサイズ 
公式HP: https://journey.toeiad.co.jp/ 
IMDb: https://www.imdb.com/title/

物語 アラビアの歴史-知られざる3000年の興亡 (中公新書)

物語 アラビアの歴史-知られざる3000年の興亡 (中公新書)

posted with AmaQuick at 2021.04.14蔀 勇造(著)
中央公論新社 (2018-07-18T00:00:01Z)
5つ星のうち4.0
¥1,210Amazon.co.jpで詳細を見る

グリーンランド ー地球最後の2日間ー

6月4日(金)公開予定 TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

もし巨大彗星が地球を直撃するとわかったら?

 彗星クラーク。太陽系外から飛来した巨大な氷とガスの塊が、地球のすぐそばをかすめる軌道に入っていた。仮に小さなかけらが大気圏に飛び込んでも、ほとんどは地上に届く前に流れ星となって燃えつき、ごく一部が地表に届く程度のはず。だが太陽に接近して温められた氷塊がガス噴射を起こしたことで、その軌道にわずかなずれが生じる。それはまさに、地球への直撃コースだった。建築技師のジョン・ギャリティは、息子の誕生パーティの準備中に、大統領名による緊急アラートを受信する。彼の家族3人がシェルターへの緊急避難人員に選ばれたため、今すぐ荷物をまとめて最寄の空軍基地に向かえというのだ。半信半疑のままパーティに集まった友人たちとテレビを見ていると、強烈な衝撃波がジョンの家を揺さぶる。テレビには遠く離れたフロリダの都市が彗星のかけらの直撃を受け、40万人の市民ごと消滅する様子が映し出されていた。ジョンと家族は避難を開始する。

続きを読む

グランパ・ウォーズ/おじいちゃんと僕の宣戦布告

4月23日(金)公開予定 TOHOシネマズシャンテほか全国公開

子供部屋を巡る祖父と孫の大戦争

 長年連れ添っていた妻を亡くしたエドが、娘夫婦の家に同居することになった。娘のサリーにすれば、父の一人暮らしは何かと心配だし、かといって老人ホームに行くほど弱っているわけでもない。ならば自分たちと一緒に暮らすのが一番だ。幸いなことに夫も家族もこれに賛成してくれたが、ひとり不満げな仏頂面をしているのが12歳の息子ピーターだった。彼は自分の部屋をおじいちゃんに明け渡し、自分が屋根裏部屋に追いやられることに立腹しているのだ。「領地を取られたら、実力で取り返すまでだ!」。ピーターは祖父に宣戦を布告する。最初はてんで相手にしていなかったエドだが、孫の攻撃がエスカレートする様子に耐えかねて、ついに応戦することを決意する。「そうと決まったら、まず交戦規定を決めよう」「それなに?」「戦争のルールさ」。二人の戦争は、こんなやり取りと共にはじまった。だがピーターの当初の予想に反し、エドはなかなかの古強者だった。

続きを読む

騙し絵の牙

3月26日(金)公開 丸の内ピカデリーほか全国ロードショー

大泉洋は現代版の無責任男だった

 大手出版社「薫風社」の伊庭社長が急死し、やり手の東松専務が後継社長の座に就いた。新社長はアメリカ留学中の前社長子息が戻ってくるまでのワンポイントリリーフと見られていたが、本人にはそんな殊勝な気持ちはない。伊庭ジュニアが戻ってくるまでに社内改革を断行し、出版業界の構造改革で有無を言わさぬ実績を上げて、自分が社長の座に居座るつもりなのだ。その手始めはまず、赤字が続く雑誌部門の改革。カルチャー誌「トリニティ」編集長の速水輝也は、社長に雑誌の休廃刊をちらつかせられながら企画のテコ入れを進める。一方で文芸誌「小説薫風」の編集部は、そんな社内の空気とは無関係。「小説薫風」こそが薫風社の看板であり、今後も日本文学の世界を支えていくという自負がある。だが東松社長はここにも大なたを振るい、月刊誌だった「小説薫風」を季刊誌に再編成する処断を下した。こうして新人編集者・高野恵は、「トリニティ」に配置換えとなる。

続きを読む

まともじゃないのは君も一緒

3月19日(金)公開 TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

パンチ不足の和製スクリューボールコメディ

 意識高い系高校生の秋本香住は、予備校講師の大野康臣にいつもイライラしている。数学オタクの大野は一般常識に欠けて、恋人もいなければ友人も少なそう。香住との会話もいつだってチグハグだ。そんな香住が憧れている男性は、青年実業家でマスコミや講演会でも引っ張りだこの宮本功。だがその宮本に戸川美奈子という婚約者がいることを知って、香住は大きなショックを受ける。宮本は仕事で美奈子の父とつながりがあるから、仕方なく婚約したに違いない。香住は大野を使って、宮本と美奈子を別れさせることを画策する。「先生、このままじゃ普通の恋愛も結婚もできないよ。私がコーチしてあげるから、この外川美奈子という女を練習台にして恋愛テクニックを磨くのよ!」。大野は香住の提案にまんまと乗せられて、美奈子にアプローチを開始する。だがこの計画には問題があった。それは香住も恋愛経験ゼロだということ。こんなことで計画はうまく行くのだろうか?

続きを読む

ブレイブ ー群青戦記ー

3月12日(金)公開 全国ロードショー

竜頭蛇尾のしょぼいポンコツ映画

 私立星徳高校は全国的に名を知られているスポーツ強豪校。運動部に全国大会優勝や準優勝といった猛者たちがひしめき合い、試合に備えて日夜練習に余念がない。そんな中で、弓道部の西野蒼は万年補欠選手の地位に甘んじている。校内弓道場での実力は部内でも折り紙付きなのだが、大会になるといつも実力を発揮できない。メンタルの弱さというより、そもそも必死に努力して勝利することに対する執着心がないのだ。幼なじみで同じ弓道部のレギュラーメンバーでもある瀬野遥は、そんな蒼を見て歯がゆい思いをしていた。だがある日、そんな高校生たちの学園生活を一変させる事態が起きた。学校に侵入した大勢の男たちに、教員や生徒たちが次々惨殺されたのだ。突然のことにパニックになる校内。学校が丸ごと戦国時代にタイムスリップし、雑兵たちの攻撃を受けているのだ。生徒たちの何人かは人質として連れ去られる。そこは有名な「桶狭間の戦い」直前の世界だった。

続きを読む

モンスターハンター

3月26日(金)公開 TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

続編製作を想定したプロローグ?

 国連軍のパトロール隊はアルテミス隊長に率いられ、行方不明になった別動隊の行方を探している中で突然奇妙な嵐に巻き込まれる。嵐が去ると、そこは見渡す限りの砂漠地帯。少し離れた場所には、行方不明になった別動隊の焼け焦げた残骸が転がっていた。何者かに襲われ、応戦もむなしく全滅したらしい。襲撃者はすぐ明らかになる。砂の中から現れた巨大なモンスターが、アルテミスたちの隊にも襲いかかったのだ。何人かの犠牲を出しながら、パトロール隊は何とか近くの岩山に到着する。岩山の洞窟に潜めば、モンスターは襲ってこられない。だが夜になると、この岩山も別のモンスターたちの巣であることが明らかになる。それは巨大なアリかクモのような生物の群れで、隊員たちを次々捕らえては巣穴に引きづり込む。アルテミスは辛くも脱出に成功するが、今度は言葉も通じないハンターに捕らえられてしまう。岩山脱出のため、アルテミスは彼と行動を共にする……。

続きを読む

太陽は動かない

3月5日(金)公開 TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー

映画の売り方と構成にひっかかる

 国際的に取材活動とニュース配信を行っているAN通信。だが通信社は表向きの顔に過ぎず、実態は日本に本拠地を持つ産業スパイ組織だ。諜報員は心臓に爆弾を埋め込まれており、24時間ごとの定時連絡が途絶えると爆発する仕組みになっている。鷹野一彦と田岡亮一は、AP通信でも腕利きのベテランと中堅のコンビ。彼らに与えられた任務は、ブルガリアで敵対組織に拘束された諜報員・山下の救出だった。ふたりは山下を無事救出したかに思えたが、混乱の中で山下は定時連絡に失敗し、鷹野たちの目の前で山下は爆死する。山下を拉致したのは中国人実業家アンディ・黄(ウォン)が率いるCNOXグループ。そのパーティに記者の身分で潜入した鷹野たちは、そこでかねてより面識のあるフリーランスの産業スパイ、デイビッド・キムと、謎の女AYAKOの姿を見かける。今回の事件の焦点には、日本人科学者・小田部教授の開発した新エネルギーに関する研究があった。

続きを読む

藁にもすがる獣たち

2月19日(金)公開 シネマート新宿ほか全国ロードショー

出てくる人たち全員悪人

 生活費と借金返済のため、ホテルのサウナで受付や清掃の仕事をしているジュンマン。彼はある日、客が置き忘れて帰った札束入りのバッグを見つける。一度は忘れ物として保管庫に入れたものの、それからは金のことが気になって仕方がない……。出入国官のテヨンは、恋人の女社長ヨンヒが失踪したことから闇金の借金を肩代わりすることになる。返済期日は迫るのに、ヨンヒとの連絡が取れない。テヨンは一発逆転の大博打を考えるが、その彼にある事件を捜査中だという刑事がまとわりつきはじめる……。投資の失敗で多額の負債を抱え、夜の仕事で働きながら、家に帰れば夫からの暴力を受けているミラン。彼女は夜の仕事で知り合った中国人の青年ジンテと深い関係になり、すっかりのぼせ上がった彼に、事故を装って夫を殺害してくれるようにほのめかす。目的は夫の生命保険金。ジンテはミランに教えられたまま、彼女の夫に向けて車のアクセルを踏み込んだのだが……。

続きを読む