オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主

13010701

ディーン・クーンツのベストセラーを映画化

 南カリフォルニアの小さな町ピコムンドで暮らすオッド・トーマスには、子供の頃から不思議な能力がある。それは死んだ人の霊や、間もなく起きる凄惨な死の現場に群がるボダッハという悪霊が見えること。だがこのことは幼馴染みの恋人ストーミーと、警察署長のワイアットしか知らない。ふたりはオッドのよき理解者だ。オッドはある日、大勢のボダッハを引きつれた中年男を見かける。彼の周囲で間もなく大きな惨劇が起きるのだ。友人ヴァイオラが見たという夢も、間もなくこの町で大量殺戮が行われることを確信させた。オッドは「キノコ男」と命名した例の中年男を尾行し、その住まいを突きとめる。なんとそこには大量のボダッハが巣くい、犯罪資料がごっそりと整理保管されていた。やはりここから何かが起こるのだ。カレンダーから抜き取られている8月15日のページは、間もなくやってくるその日に何かが計画されている証拠なのだろうか……?

(原題:Odd Thomas)

1月10日(金)公開予定 新宿バルト9ほか

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中