プリズナーズ

プリズナーズ

失踪した幼い娘を探し求める父親の狂気

 クリスマスシーズンを間近に控えた11月。ケラー・ドーヴァーは家族全員で近所の友人バーチ家に向かい、そこで感謝祭の食卓を囲む。ケラーの娘で6歳のアナと、バーチ家の7歳の娘ジョイは親友同士。だがふたりきりで家を出た娘たちは、そのまま姿を消してしまった。失踪当時近くに停まっていた不審なRV車の情報から、警察はアレックスという知的障害を持つ青年の身柄を確保。事件はこれで解決するかに思えたが、物的証拠は皆無でアレックスは釈放されてしまう。だがケラーは釈放時にアレックスが口にした言葉から、彼が娘たちの失踪に何らかの形で関わっていることを確信していた。警察はあてにならない。ケラーはアレックスを誘拐して廃屋に閉じ込め、無抵抗な相手を繰り返し殴って口を割らせようとする。しかしアレックスは何もしゃべらない。同じ頃、失踪事件を捜査していたロキ刑事は性犯罪歴がある神父の家の床下でミイラ化した男の死体を発見した。

(原題:Prisoners)

5月3日(土)公開予定 丸の内ピカデリーほか全国ロードショー

 Prisoners [Analog]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中