私の、息子

私の、息子

ひとつの事故があぶり出す歪んだ母子関係

 コルネリアはルーマニアの首都ブカレストに住む舞台美術家で、著名人の友人や知人も多いセレブリティだ。人もうらやむ裕福な暮らしをしている彼女だが、目下の悩みは30過ぎでも自立しきれない息子バルブのこと。親に対しては反抗的だし、最近はよりのもよって子持ちの女性と付き合って、結婚でもしたげなそぶりなのだ。大人になった息子には、いちいち干渉すべきではない。だが我が子のこんな様子を見て、口を出さずにいられる親があるだろうか。ある晩、そんな親子関係を揺るがす大事件が起きる。バルブが交通事故を起こしたのだ。バブルは無事だったが、撥ねられた少年は即死だった。コルネリアはすぐに警察に行くが、事故の主要な原因は息子の速度違反らしい。このままでは彼の刑務所行きは免れない。コルネリアは持ち前の豪腕とコネを駆使して息子を救おうと駆けずり回るが、当の息子はまるで投げやりな様子で「放っておいてくれ」と言うばかりだった。

(原題:Pozitia copilului)

6月公開予定 Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中