サッドティー

サッドティー

恋愛向きじゃないヤツほどなぜかモテる不条理

 映画監督の柏木は、恋人の夕子と同棲生活を送りながら、若いミドリとも付き合っている。ミドリは柏木が夕子と同棲中なのを知っているし、夕子も柏木が浮気をしていることを知っている。行きつけの喫茶店のウェイトレス棚子には「なんで二股なんてできるんですか?」と言われ、友人からはいい加減だと非難されるが、この問題には柏木自身も頭を抱えているのだ。自分はふたりとも好きなのか? それともどちらもそれほど好きじゃないのか? そもそも「好き」とはどんな意味なんだろうか? 公然と二股交際をしていても修羅場にならないのは、こうした柏木の恋愛感度の低さにも原因がある。彼は恋愛に熱くなったりムキになったりすることがない。同じ頃、柏木の友人・早稲田は恋人の園子にプレゼントを買うため入った古着屋で、アルバイト店員の棚子に一目惚れしてしまった。夕子の同僚・夏子は結婚を前にして、ネットで見つけたある人物に会おうと考えていた。

5月31日(土)公開予定 ユーロスペースほか全国順次公開

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中