365日のシンプルライフ

365日のシンプルライフ

人生にとって本当に大切なモノは何だろう?

 フィンランドの首都ヘルシンキに住む26歳のペトリは、恋人に振られたことをきっかけに自分の生活を根本から見直そうと考えた。自分の暮らしは雑多な物に囲まれている。まずはこれを一掃するのだ。こうしてペトリの実験的な生活が始まる。ルールは簡単。まずは自分の持ち物をすべて(衣服も全部)、トランクルームに預けてしまう。倉庫から持ち出せる荷物は1日1個だけ。これを1年続け、その間は何も買わない。第1日目は何もない空っぽの部屋で、一糸まとわぬところからスタートだ。夜の雪道を突っ走ってトランクルームにたどり着き、最初に持ち出したのは分厚いコートだった。これさえあれば、とりあえず寒さをしのいで眠ることができる。2日目は靴、3日目には毛布、次はジーンズ、シャツ、えりまき、マットレスなど。物は少しずつ増えていくが、部屋はまだほとんど空っぽのまま。だが彼の生活に大きな転機がやって来る。新しい恋人ができたのだ……。

(原題:Tavarataivas)

8月16日(土)公開予定 オーディトリウム渋谷

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中