大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院

大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院

千年の歴史を刻む修道院の厳かな静けさ

 フランス南東部にあるグランド・シャルトルーズは、1084年にケルンの聖ブルーノと仲間たちによって設立された修道院だ。千年近い歴史を持つこの修道院は厳格さで知られるカルトジオ会に属し、今も多くの修道士たちが中世さながらの素朴で質素な暮らしを守っている。家族たちが年に1〜2回の訪問日にやって来る以外、部外者は立ち入り禁止だ。ドイツの映画監督フィリップ・グレーニングは、この有名な修道院に1984年に取材の申し込みをしたという。だが返ってきたのは「まだ早い。あと10年ほどお待ちください」という気の長い返事。それから16年後、「まだ興味があるなら取材を許可します」という知らせが監督に届いた。監督はここから延べ6ヶ月にわたって、これまで外部に公開されることがなかった修道士たちの生活を撮影することになる。厳かな沈黙の中で、日々繰り返される祈りと労働。その暮らしを包み込むように、静かに季節は流れて行く。

(原題:Die große Stille)

7月12日(土)公開予定 岩波ホール

Into Great Silence
Into Great Silence

posted with amazlet at 14.05.24
Grande Chartreuse Choir
Jade Records (2007-04-03)
売り上げランキング: 370,789

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中