シュトルム・ウント・ドランクッ

シュトルム・ウント・ドランクッ

嗚呼、理想よ。幻想よ。極彩色の「ギロチン社」が、いま蘇る。

 大正11年。放浪の旅を終えた中浜哲は、旧友古田大次郎と「ギロチン社」を結成。大企業への恐喝で資金を得ながらテロルを企てていた。しかし、酒と色に溺れながら革命を目指す彼らを関東大震災が襲い、さらに大杉栄が、戒厳令に乗じて虐殺される。復讐を誓う「ギロチン社」だが——。最後に嗤うのはピストルと爆弾か、それとも国家か。そしてすべてを見はるかす謎の女性・松浦エミルは何を想って涙するのか。時を越え、カフェー南天堂では盛大に音楽が鳴り響く—— !

 試写の案内はいただきましたが、日程が合わず観に行くことができません。残念。

8月16日(土)より2週間、ユーロスペースにて疾風怒涛公開!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中