2つ目の窓

2つ目の窓

生命のつながりを描く少しヘヴィな青春映画

 鹿児島県の奄美大島。界人と杏子は高校の同級生で、互いに好意を持ってはいるが「友達以上で恋人未満」のような関係。界人はもともと東京にいたが、両親が離婚して母の故郷である島にやってきたのだ。祭が行われる8月の満月の夜、界人は波打ち際に浮かぶ男の全裸死体を発見するが、この日から界人と杏子の関係がぎくしゃくしはじめる。杏子の母は病気で入院中だが、医者からは余命わずかだと宣告されている。「杏子の母ちゃんはユタガミ様だろ。カミ様は死なないさ」と杏子を励ます界人だが、杏子の母は「わたしの命は杏子の中で生きてる。杏子がいつか子供を産めば、命はまた続いていく。だから恐くないよ」と言う。別れの日は近い。界人は東京で父に再会し、母と出会った経緯や、別れた後の気持ちについてたずねるが、彼にはまだ大人の気持ちはわからない。杏子の母の死を見守った界人は彼女との距離を縮めながら、心に大きなわだかまりを抱え込んでいた。

7月26日(土)公開予定 テアトル新宿ほか全国ロードショー

殯の森 [DVD]
殯の森 [DVD]

posted with amazlet at 14.07.11
NHKエンタープライズ (2008-04-25)
売り上げランキング: 18,689

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中