ザ・テノール 真実の物語

ザ・テノール 真実の物語

10月11日(土)公開予定 東劇、新宿ピカデリーほか全国ロードショー

失った声を取り戻して復活したオペラ歌手の実話

 伝統と格式あるヨーロッパオペラ界で、アジアが生んだ至宝と讃えられた韓国人テノール歌手ベー・チェチョル。彼の歌声に惚れ込んだ日本の音楽プロデューサー沢田は彼の日本公演を大成功させ、チェチョルとの間に信頼と友情が築かれることになった。だがそれから間もなくチェチョルは甲状腺ガンが発見され、手術中に神経を傷つけて声帯が麻痺するという、歌手としては致命的なダメージを負うことになる。日常の会話さえ思うようにならず、当然歌手としては再起不能。誰もがそう思ったが、チェチョルの妻ユニや沢田は、どうしても彼の才能を諦めきれなかった。日本に声帯の機能回復手術に実績を持つ医師がいると知った沢田は、既に一線を退いていた医師にチェチョルの手術を依頼する。手術は成功。その後の血のにじむようなリハビリの甲斐もあって、チェチョルは少しずつ声を取り戻していく。沢田は「そろそろ舞台で歌ってみてほしい」と切り出したのだが……。

 韓国のオペラ歌手ベー・チェチョルを襲った試練と劇的な復活を、日本の音楽プロデューサー輪嶋東太郎(ヴォイス・ファクトリイ代表)との友情を軸に描いたドラマ作品。ただし主人公がオペラ歌手ということもあり、映画は最初から最後までたっぷりと歌が散りばめられた音楽映画に仕上がっている。ユ・ジテが演じる主人公チェチョルの声は、新たに録音された部・チェチョル本人の歌声。しかし歌唱シーンのリアリティを出すため、ユ・ジテはオペラ歌手のトレーニングを受けて発声や呼吸法などを学んだという。歌手の映画はこういうところに嘘があると、それがすぐに観客にばれてしまう。当然吹替だとわかっていても、俳優が本当に歌っているかのように見せる技術は必要なのだ。劇中の台詞は、韓国語、日本語、英語のチャンポン状態。物語の舞台も数カ国をまたいでいるのだが、怪しげな無国籍映画にならなかったのは、これがきちんと人間を描いているからだろう。

 劇中では輪嶋東太郎の名前が沢田幸司に変えられているが、これはモデルになった輪嶋については必ずしも実話ではないということでもあろうし、この映画の主役はあくまでもベー・チェチョルであって輪嶋ではないという意味でもあるのだろう。(輪嶋は本作のエグゼクティブプロデューサーでもあり、彼の会社ヴォイス・ファクトリイが本作の製作を行っているので、実名を出すと会社の宣伝映画みたいになってしまいかねない。)物語の上では北乃きいが演じる沢田の部下が、あまり生かされていなかったのが少し残念。登場が印象的だったので、後半にももう少し活躍してほしかったと思う。また一度は絶望から立ち直ったチェチョルが、2度目の絶望からなぜ戻ってくることができたのかという動機付けが少々弱いようにも感じる。ここはその直後にある大きなクライマックスに向けて、登場人物たちすべての感情が最高潮になるよう仕向けてほしかった。悪くはないけどね。

(原題:The Tenor Lirico Spinto)

松竹試写室にて
配給:「ザ・テノール 真実の物語」プロジェクト
パブリシティ:アルシネテラン 劇場営業:アーク・フィルムズ
2014年|2時間1分|韓国、日本|カラー|1.85:1|5.1ch Dolby Surround
公式HP:http://the-tenor.com
IMDb:http://www.imdb.com/title/tt3150114/

奇跡の歌――声を失った天才テノール歌手の復活
ベー・チェチョル
いのちのことば社
売り上げランキング: 196,707

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中