メビウス

12月6日(土)より新宿シネマカリテほか全国公開

人間の業が廻る。

メビウス

キム・ギドク監督最新作にして、“映画史上最も壮絶なヒューマンドラマ”

不貞の父、嫉妬に憑かれた母、切り取られた息子。
全ての欲望は、家族の中にいる。

※試写状をもらってすごく楽しみにしていたのですが、観に行くことができませんでした。

続きを読む

ミタケオヤシン

2014年12月6日(土)より新宿バルト9ほかにて“連鎖する”ロードショー

現代アートが大地を揺るがす—国境を越えるドキュメンタリー!

ミタケオヤシン

歴史を呼び覚ます“引き興し”
力を合わせた瞬間 現れる景色とは!?

若き現代美術家、加藤翼(30)。この映画は、彼が2013年にアメリカで行った参加型アート・プロジェクトを記録したドキュメンタリーである。アメリカという国がまだ存在しない頃から住んでいた人々—ネイティブ・アメリカンといわれる彼らは、想像を絶する虐げられた歴史を持っている。しかし、現在の彼らは、どこか人なつこく明るい。加藤は、カエラと交流を重ねるうちに自信のアートの着想を得る。それは、彼らの古来から受け継がれる文化と自然の交感を呼びさますと同時に、迫害の忌まわしい記憶にも向き合うことになるのであった…

※試写状はいただきましたが観に行くことができませんでした。

続きを読む

情愛中毒

11月22日(土)シネマート新宿ほかロードショー

君なしでは眠れない、息もできない。

——生きていけない

情愛中毒

エリート軍人が初めて愛したのは、部下の妻だった。誰にも言えない密やかで危険な情事の行方——
韓国で大ヒットを記録したスキャンダラスな愛の物語

韓流トップスター、ソン・スンホン、初の衝撃ベッドシーンに挑戦!
19禁にも関わらず、週末動員数No.1の大ヒットを記録した 2014年 韓国最大の話題作が早くも日本上陸!!

※試写状はいただきましたが観に行くことができませんでした。

続きを読む

谷川さん、詩をひとつ作ってください。

11月15日(土)から渋谷ユーロスペースにてロードショー!

戸惑いに立ち向かう日々 手抜きのない仕事

忘れたくない思い出 抗う勇気

強くなければ生きられなかった人生

言葉はそこに溶けている

谷川さん、詩をひとつ作ってください。

日本で一番有名な詩人、谷川俊太郎さん。
谷川さんの死は、いつでも私たちの隣にいて手を伸ばせば届きそうなところにあります。そして、決してつかまえることのできない不思議な魅力に満ちています。
本作は、そんな谷川さんの詩を「つかまえよう」とした映画です。
谷川さんの創作の現場に触れながら、様々な生活者の言葉の中に谷川さんの詩を発見していきます。被災地で。スイスで。ビニールハウスで。高架下で。生みで。その言葉太刀は映画のなかでどんどん広がっていきます。
そして最後に、谷川さんの新たな詩がうまれる瞬間が訪れます。
映画『谷川さん、詩をひとつ作ってください』をぜひ、ご高覧ください。

※試写状はいただきましたが観に行くことができませんでした。

続きを読む

欲動 / 禁忌

11月22日(土)より 新宿武蔵野館にて交互レイトショー

『ほとりの朔子』『マンガ肉と僕』杉野希妃長編監督作品劇場初公開

欲動 / 禁忌

欲動
生と死の狭間に立たされた時、女は欲動に駆られた
“アジア・インディーズのミューズ”杉野希妃が三津谷葉子×斎藤工のW主演を迎え男と女のあり方を描く
生きてゆく女と死にゆく男の思いが交差する時、生と性が交じり合う——

禁忌
あなたに愛されるためにずっと少年でいたい ——
監禁、レイプ、少年愛… 女教師と少年の愛にも似た歪んだ関係は衝撃の終焉を迎える

※試写状はいただきましたが映画を観に行くことができませんでした。

続きを読む

無知の知

11月1日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次ロードショー!

ひとりの無知な男が聞いてみた。あのときのこと、これからのこと。

無知の知

私は私自身が「原発」について「何も知らない」ということを知っている。だからこそ聞いて見たかった。そして福島に行ってみなければならなかった。

2011年の大震災、そして原発事故以降、監督・石井朝也は「原発」に疑問を持った。自分の目で確かめるため福島の人々や震災直後の混乱した鑑定と福島第一原発の状況を知る当時の内閣関係者のインタビューを決行。そして「原発って何?」と原子力工学の第一人者に聞き、「新しいエネルギー」について太陽光発電関係者に尋ねる。そこから見えてくるのは、それぞれの立場から描き出される日本の未来の設計図。そしてそれぞれの正義。
「何しに来た!」と怒られたり、「不勉強な」と呆れられたりするものの、歩みを止めない、恐いもの知らずの“無知な男”石井監督、その突撃インタビューの記録。

※試写状はいただきましたが、試写会に行くことができませんでした。

続きを読む