KANO カノ 1931海の向こうの甲子園

1月24日(土)公開予定 新宿バルト9ほか全国ロードショー

甲子園で準優勝した台湾チームの実話を映画化

KANO カノ 1931海の向こうの甲子園

 1929年。日本統治下の台湾で会計士の仕事をしていた近藤は、嘉義農林学校から野球部監督になってくれと頼まれる。前年結成されたばかりの野球部は学校に通う漢人・蕃人(先住民)・日本人の混成チームだが、実力は子供の草野球レベルで試合に一度も勝ったことがない。かつて日本で名門校の指導をしていたことがある近藤は監督就任を引き受けると、子供たちにいきなり「お前達を甲子園に連れて行く」と宣言する。選手たちは半信半疑だが、近藤の有無を言わせぬ態度に従うしかない。早朝のマラソンから始まる練習は、放課後に暗くなってボールが見えなくなるまで続く。それまで専門的な指導を受けたことのない選手たちの能力は、飛躍的に向上していった。それまでまったく勝負にならなかった相手との試合に惜敗した時、選手たちは野球をしていて初の悔し涙を流す。だが「負けて悔しい」「勝ちたい!」という思いが、チームをひとつにまとめて行くのだった。

 1931年の高校野球全国大会(当時は全国中等学校優勝野球大会)で、台湾代表チームとして初の決勝戦進出を成し遂げた嘉義農林学校野球部の実話を映画化した3時間の大作。台湾映画だが時代考証を重んじて、セリフの9割以上は日本語になっている。監督の近藤兵太郎を演じるのは永瀬正敏。その妻を演じるのは坂井真紀。野球部の物語とは直接関わりがないのだが、同時期に台湾で大規模な灌漑事業を指導していた日本人技師・八田與一を大沢たかおが演じている。八田の物語が並行していることからも明らかだが、これは日本の統治下にあった台湾で、日本人と台湾人が手をたずさえて共に生きたことを讃える映画になっている。プロデューサーで本作の脚本も書いているウェイ・ダーションは監督作の『海角七号/君想う、国境の南』(2008)や『セデック・バレ』(2011)でも日本統治時代の台湾を描いている。今回は日本統治時代を描く3作目の映画になる。

 映画は太平洋戦争末期の1944年から始まり、そこから1931年の甲子園、さらに1929年に近藤が野球部監督に就任する場面へと時間をさかのぼる。映画冒頭に出てくるのは甲子園の2回戦で嘉義農林と対戦した札幌商業学校のエースだということが後でわかるのだが、こうした構成になっている理由はよくわからなかった。嘉義農林で日本人と台湾人の混成チームが戦ったように、太平洋戦争では日本人と台湾人が一緒に戦ったということを描きたかったのかもしれないが(日本兵の中に台湾先住民の若い兵士が混じっている描写がある)、野球に平和を象徴させて戦争と対比させる目論見が上手く機能しているとは言いがたい。シンプルに野球の物語だけにして、戦争の話などは後日談としてまとめた方がスッキリしたように思う。八田與一は同時代人なので物語にからめたくなるのはわかるが(嘉南大圳の完成は1930年)、ドラマの余計な重荷になっている気がする。

(原題:Kano)

ショウゲート試写室にて
配給:ショウゲート 宣伝:ヨアケ
2014年|3時間5分|台湾|カラー|シネマスコープ|Dolby Atmos
公式HP: http://kano1931.com/
IMDb: http://www.imdb.com/title/tt2247566/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中