海街diary

6月13日(土)公開予定 全国ロードショー

この映画の鎌倉は小津安二郎のにおいがする

海街diary

 鎌倉の古い一軒家で暮らす香田家の三姉妹に、「父が死んだ」という知らせが届く。父は15年前に不倫相手と駆け落ちして家庭を持ち、相手が死んだ後はさらに別の女性と結婚して山形に住んでいたという。葬儀の場で気丈に振る舞っているのは、三姉妹の異母妹にあたる中学生のすず。だが実の父が亡くなった後、彼女が血のつながらない義理の母とうまくやっていけるとは思えない。山形から立ち去る直前、長女の幸(さち)がすずに呼びかける。「わたしたちと一緒に鎌倉で暮らさない?」。すずはその場で「はい」と答えた。それからしばらくして、鎌倉では四姉妹になった家族の新しい生活がはじまる。転校手続きを済ませたすずは、地元のサッカーチームでも大活躍。姉たちとの暮らしにもすぐに慣れるが、死んだ母が異母姉たちから父親を奪ったことに負い目を感じてもいるのだ。だが同じ頃、しっかり者の長女・幸も出口の見えない辛くて苦しい恋に悩んでいた……。

 吉田秋生の同名コミックを、『誰も知らない』(2004)や『そして父になる』(2013)の是枝裕和監督が脚色監督した作品。長女の幸を演じるのは綾瀬はるか、次女佳乃に長澤まさみ、三女の千佳に夏帆、そして末の妹になるすずに広瀬すずというキャスティング。他のキャスティングも豪華で、見応えのあるドラマ作品になっている。是枝監督は初期の作品で、状況設定だけ行ってあとは即興でシーンを作って行くような演出をよく行っていた。ひょっとすると今でも子供が大勢出てくる『奇跡』(2011)ような映画にでは、同じような演出をしているのかもしれない。しかし今回の映画は一目見るなり、最初からがっちりと脚本が練り上げられていることがわかる。台詞には妥協も無駄もなく、シーンやカットのつながりもよく考えられている。居住まいがよく、端正できれいな映画になっているのだ。最近では、こんなに気持ちのいい日本映画はめったに観られない。

 四姉妹の物語というと何度も映画化されている谷崎の「細雪」やオルコットの「若草物語」が有名だが、結果としてそれらとはまったく違った雰囲気の映画に仕上がっている。僕はこの映画を観ながら、小津安二郎の映画を思い出していた。僕は戦後の小津作品の主なものしか観ていないが、鎌倉が舞台で、婚期を逃しかけているしっかり者の娘がいて……といった風景が共通しているのだ。この映画の綾瀬はるかは、小津作品における原節子の役回りだ。そういえば小津の『東京暮色』(1957)は母親が駆け落ちしたあとに残された姉妹が、母と再会する物語だったっけ。葬儀のシーンが出てくるのは『小早川家の秋』(1961)か。『海街diary』にはここかしこに小津映画の面影が宿っているが、プレス資料の監督インタビューによれば、監督自身もこの映画で小津作品を意識していたようだ。原作はまだ連載が続いているので、あるいは続編があり得るかもしれない。

ギャガ試写室にて
配給:東宝、ギャガ
2015年|2時間6分|日本|カラー
公式HP: http://umimachi.gaga.ne.jp/
IMDb: http://www.imdb.com/title/tt3756788/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中