トゥモローランド

6月6日(土)公開 TOHOシネマズ日劇ほか

ディズニーランドの人気アトラクションがじつは……

トゥモローランド

 1964年のニューヨーク万国博覧会に、ユニセフ館としてディズニーが制作したアトラクションが「イッツ・ア・スモールワールド」だった。発明コンテストに出品するため万博会場を訪れていた少年発明家のフランク・ウォーカーは、不思議な少女アテナに導かれるようにして「イッツ・ア・スモールワールド」の中へ。そにあったのは、不思議な世界への入口だ。たどり着いたのは超未来都市「トゥモローワールド」だった……。それから半世紀。NASAのエンジニアを父に持つケイシー・ニュートンは、不思議なバッジを手に入れた。それに触れると、自分の周囲が別世界に変貌する。そこは輝かしい未来世界「トゥモローランド」だ。だがバッジの持つ魔法の力はやがて消えてしまった。バッジの正体は何なのだろう? ケイシーはネットで調べてバッジについての情報を持っていそうな人物にコンタクトを取るのだが、そこから彼女はとんでもない事件に巻き込んでいく。

 予告編で受けた印象とは随分と違う映画だったなぁ……というのがまずは第一印象。もちろん予告編は本編に観客を誘い込むための広告だし、その内容が本編の内容を正確に伝えている必要はさらさらない。観客を巧みにミスリードし、良い意味で意外な驚きを与えてくれるなら大歓迎だ。でもこの映画の場合はどうだろう。予告編では「ディズニーランドの人気アトラクション」として登場していた「イッツ・ア・スモールワールド」だが、映画に登場するのは1964年の万博でディズニーランドではない。万博に出展されたアトラクションが後にディズニーランドに移設されるわけだが、映画の中にその説明はない。また映画の中の「トゥモローランド」と、ディズニーランドの中の「トゥモローランド」との関連も特に説明されていない。そもそもこの映画に出てくる「トゥモローランド」は、我々の暮らしている世界の未来ではないらしい。どうもいちいち腑に落ちないのだ。

 それでも序盤から中盤までのストーリーと映像には見応えがある。フランクがトゥモローランドを追放されてしまったのはなぜか? 少女アテナの正体は何者なのか? アテナはなぜケイシーにバッジを与えたのか? こうしたいくつかの謎で物語を牽引しつつ、主人公たちを抹殺しようとする黒服の男たちの脅威がドラマを後押ししていく構成。物語の舞台がいきなりパリに飛び、エッフェル塔に隠された秘密が明らかになる場面がこの映画のクライマックス。これは「イッツ・ア・スモールワールド」の秘密よりも興奮すること請け合いの名場面だ。しかし残念ながら、主人公たちがトゥモローワールドに到着してからはドラマの輪郭がぼやけてくる。それまでの秘密については台詞で種明かししているが、どれも「言語明瞭、意味不明」なのだ。それでもこの映画には収穫がある。それはアテナを演じたラフィー・キャシディだ。主演映画の『モーリー・ムーン』も日本公開希望!

(原題:Tomorrowland)

TOHOシネマズ錦糸町(スクリーン2)にて
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
2015年|2時間10分|アメリカ|カラー|1.85:1
公式HP: http://www.disney.co.jp/movie/tomorrowland.html
IMDb: http://www.imdb.com/title/tt1964418/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中