駆込み女と駆出し男

5月16日(土)公開 丸の内ピカデリーほか全国ロードショー

縁切り寺は江戸時代の離婚裁判所だった!

駆込み女と駆出し男

 江戸時代後期の天保12年。前日にいえを抜け出したふたりの女が、「縁切り寺」として知られる鎌倉の東慶寺に駆け込んだ。ひとりは日本橋の唐物問屋堀切屋の妾で、実質的に店を仕切っているお吟。もうひとりは七里ヶ浜の鉄練り職人の妻じょご。縁切り寺に駆け込んでも、それですぐに離縁が成立するわけではない。まずは近くの宿場にある御用宿に泊まり、寺役人立ち会いのもとで取り調べを受け、夫との間で離婚協議を行わねばならない。ここでふたりの女と関わりを持ったのが、御用宿・柏屋の居候で、江戸で戯作者の真似事と医者見習いをしていたという信次郎。彼はじょごの顔にある火ぶくれの傷を治療しながら、柏屋に残されている聞き書きの書類をまさぐって戯作や滑稽本のネタ探しにいそしむ。結局女たちは離縁の話し合いが付かず、定法に沿って2年の入山が決まった。信次郎は寺公認の医者見習いとして、その後も彼女たちと関わりを持つことになるが……。

 井上ひさしの小説「東慶寺花だより」を原案に、『わが母の記』(2011)の原田眞人が脚本・監督した時代劇だ。この映画は駆け込み寺と御用宿の関係を通して、江戸時代の離婚事情を描いているところが面白い。駆け込み寺は時代劇に何度も出てきているが、それは夫に虐待された妻が追っ手から逃れながら寺に駆け込んだり、かんざしか何かを引っつかんで門内に投げ込んだところでオシマイだった。でもこの映画を観ると、それは離縁手続きのためのはじまりに過ぎないのだ。映画を観ることで得られる面白さのひとつに、「自分の知らなかったことを知る」というものがある。この映画は江戸時代の離婚訴訟について知ることができるという意味で、とても面白い映画であることは間違いない。日本史の授業で習った「天保の改革」のもとで庶民がどう生きたかという時代考証も丁寧に行っているようだし、美術や衣装なども風格が漂う本格派。でも映画作品としては弱い。

 上映時間が2時間23分もあるわりには、映画を観終えた後にどっしりした重みや手応えというものがない。理由はいくつもあると思う。例えば映画の中では2年の月日が流れているが、その年月の重みが映画から伝わってこない。一応それらしく季節感の描写を入れてあるのだが、それが物語と必ずしも噛み合っていないから、取って付けたような情景カットに終わってしまっている。また物語が信次郎とじょごの関係中心になっていくのは止むを得ないが、結果としてお吟の物語は薄っぺらなものになり、女武士のゆうに至っては、時としてその存在が忘れ去られるほどだ。天保の改革による庶民の苦しみが繰り返し描かれる一方、改革がなぜ挫折し、人々の暮らしがどうなったのかはわからない。立て板に水で信次郎がまくし立てる長台詞はいかにも「井上ひさしの世界」なのだが、これが原田監督のリアリズム演出とマッチしていない。映画の器は立派だが、中身は中途半端だ。

楽天地シネマズ錦糸町(シネマ4)にて
配給:松竹
2015年|2時間23分|日本|カラー|シネマスコープ
公式HP: http://kakekomi-movie.jp/
IMDb: http://www.imdb.com/title/tt3989744/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中