日本のいちばん長い日

8月8日(土)公開予定 全国ロードショー

昭和天皇が終わらせた戦争

日本のいちばん長い日

太平洋戦争末期の1945年4月7日。小磯内閣総辞職を受けて、枢密院議長の鈴木貫太郎が第42代内閣総理大臣に任命された。彼は自分の内閣に与えられた使命は、戦争終結だと知っている。連日のように続く空襲で既に東京は焼け野原になっていた。鈴木首相は組閣に当たって、かつて侍従武官として天皇に仕えていた経験を持ち、若手将校たちからも慕われている阿南惟幾を陸軍大臣に任命する。彼の使命は「本土決戦」を叫ぶ陸軍内の強硬派を抑えることだ。7月26日、米英中は日本にポツダム宣言を突きつける。日本がその扱いに苦慮する間に、8月6日に広島への原爆投下、9日にはソ連の参戦と長崎への原爆投下が続いた。8月10日の御前会議において、鈴木首相に請われる形で天皇自らがポツダム宣言受諾の聖断を下す。だがこの動きを察知した陸軍内部では、徹底抗戦を主張する一派がクーデターを計画しはじめた。これは阿南大臣にも知らされるのだが……。

続きを読む