スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2D・字幕)

12月18日(金)公開 全国ロードショー

はじめて観るのに懐かしさがいっばい!

フォースの覚醒

 銀河帝国の崩壊から30年。しかし銀河に平和は訪れなかった。帝国主義者の残党は「ファースト・オーダー」と呼ばれる巨大な勢力を作り、新共和国を圧迫している。彼らに対抗する「レジスタンス」にとって最後の希望は、行方をくらましている最後のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの存在だ。だが彼はどこにいるのか? レジスタンスのメンバーであるポー・ダメロンは、スカイウォーカーの居場所を示す地図を求めて砂漠の惑星ジャグーを訪ねるが、その行動を察知したファースト・オーダーの部隊に襲撃される。ポーは捕らえられたが、地図はドロイドのBB-8に託された。ファースト・オーダーの兵士FN-2187は自分が殺戮行為に関わることに衝撃を受け、ポーを連れて脱走する。ポーは彼にフィンという新しい名を付けてくれるが、ジャグー不時着の際にはぐれてしまった。フィンはようやくたどり着いた町で、廃品回収で暮らすレンという少女に出会う。

 世界中が注目している『スター・ウォーズ』のエピソード7だ。ルーカスフィルムのロゴマークの後に「遠い昔、遥か銀河の彼方で」というタイトルが出て、お馴染みのテーマ曲と共にスター・ウォーズのロゴが現れると、やはり「いよいよ来たなぁ」という気がする。映画は随所に過去のシリーズ作品、特にエピソード4〜6へのオマージュを散りばめながら進行していく。これは今回の映画がエピソード6に直結する続編だから当然でもあるのだが、それ以上に、作り手の側もやはりエピソード4〜6のいわゆる「旧三部作」が好きなのだなと思わせる。しかしXウィングとタイファイターのドッグファイトを、再び新作映画の中で観られる日が来るとは……。小学生の時、最初に『スター・ウォーズ』(1977)を観た時の興奮が、ほんのちょっぴりではあっても再び甦るような気がするのだ。ただしそれは「ほんのちょっぴり」であって、我を忘れて大興奮するわけではない。

 この映画については賛否両論あるようだが、僕も愛憎相半ばする気持ちでこの映画に接することになった。この映画もありがちな「続編映画の罠」にはまり込んでいるのだ。続編映画に観客が期待するのは、かつて愛したお馴染みのキャラクターたちに再び会うことだ。かつて自分を感動させ、興奮させてくれた名場面を、再び観たいという気持ちもある。今回の映画は、そうした観客の期待に十分応えてくれるはずだ。この映画の一番の手柄は、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、マーク・ハミルという旧三部作の主役たちを、再び集めて出演させたこと。もうこれだけで嬉しい。旧作の名場面や名台詞が、をさまざまな形で引用されているのも嬉しい。でもそうした嬉しさを凌駕する、新しい魅力的なキャラクターや、魅力的な名場面や、魅力的な名台詞はあっただろうか? 懐かしい、嬉しい、楽しい。それは確かだ。僕はエピソード8も観るだろう。でもなぁ……。

(原題:Star Wars: The Force Awakens)

楽天地シネマズ錦糸町(シネマ1)にて
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
2015年|2時間16分|アメリカ|カラー|シネマスコープ
公式HP: http://starwars.disney.co.jp/
IMDb: http://www.imdb.com/title/tt2488496/

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (字幕版)
(2016-03-29)
売り上げランキング: 2

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中