ラストコップ THE MOVIE

5月3日(水・祝)公開 丸の内ピカデリーほか全国ロードショー

毎度バカバカしい展開のままで完結編

 30年の眠りから覚めた昭和の熱血刑事・京極浩介と、相棒の草食系平成刑事・望月亮太。ルール無用の型破りな捜査で、周囲の批判にもかかわらず数々の成果を上げてきた京極たちだったが、犯罪捜査の世界にもハイテク化の波が押し寄せてくる。人工知能、AIの登場だ。人工知能研究者の西園寺が、横浜中央署に犯罪捜査のためのAIロボット「ブナッシー」を提供したのだ。既に起きた犯罪の捜査だけでなく、これから起きる犯罪まで事前に予知するブナッシーの登場に、時代の変化をひしひしと感じる京極。彼は最近になって自分の身体にある変化を感じ、それを周囲に必死で隠し通そうとしていた。じつは京極の身体は病魔に蝕まれており、医者からも余命宣告を受けていたのだ。だが事件はそんな中で起きる。西園寺の人工知能研究所から、助手の藤崎がAIの本体を盗み出してテロ組織に売り渡した。AIを使えば世界中を乗っ取り、どんなことも可能になってしまう。

続きを読む