MIFUNE: THE LAST SAMURAI

5月12日(土)公開 有楽町スバル座ほか全国順次公開

三船敏郎なくして戦後チャンバラ映画なし!

 戦後の1950年代初頭から1970年代にかけて、海外から見た「日本人らしい日本人」「現代のサムライ」と言えば三船敏郎だった。中国山東省で日本人写真館主の息子として生まれた三船は、終戦後復員すると知人の紹介で東宝の撮影部に入社願書を出した。ことろがなぜか、これが東宝ニューフェイスの申し込みに紛れてしまった。こうして三船は、不本意ながら映画俳優になった。1947年のデビュー作『銀嶺の果て』で脚本を書いたのが黒澤明。黒澤はこの後、自身の作品に欠かせない俳優として三船敏郎を起用し続ける。『羅生門』(1950)のヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞で、主演の三船も日本を代表する映画俳優になった。以降は黒澤と三船の二人三脚で、『七人の侍』(1954)や『用心棒』(1961)など、映画史に残る数々の作品に出演し続けた。本作はそんな三船敏郎の姿を通して、日本映画の歴史を俯瞰してみせるドキュメンタリー映画だ。

続きを読む