孤狼の血

5月12日(土)公開 全国ロードショー

東映やくざ映画の正統な後継者

 昭和63年。広島県呉原市。県警から赴任してきたばかりの新人刑事・日岡が見たのは、やくざ同士の対立で一触即発状態になっている町と、地元やくざとずぶずぶの関係になっているベテラン刑事・山上の存在だった。山上とコンビを組む日岡は、県警の監督官から山上の不正の証拠探しを命じられていた。だが山上のもとに「兄が行方不明になっている」という女からの相談があったことで、ふたりはやくざ抗争のまっただ中に巻き込まれて行くことになる。消えた男は、地元やくざの尾谷組と対立する広島系やくざ・加古村組のフロント企業で金庫番をしていた男だ。山上はこの男が、何らかの事情で既に加古村組に殺されていると直感する。その確たる証拠が見つかれば、加古村組を一網打尽にできる。山上は拷問・放火・窃盗など、なり振り構わぬ強引な捜査を進めるが、これらはどれも日岡の目に余ることばかりだった。この間にも、やくざ同士の緊張関係は高まっていく。

 映画冒頭の東映マークが、現在のものではなく古い時代のものであるところがミソ。これは現代版の「実録やくざ映画」なのだ。一番近い作品は、『仁義なき戦い』シリーズと同じ深作欣二監督と笠原和夫脚本による『県警対組織暴力』(1975)だろう。『県警対〜』にはやくざと癒着したベテランの悪徳刑事が登場して、後から赴任して「やくざ撲滅」を指揮する上役と対立する。『孤狼の血』はやくざと癒着するベテラン刑事が、「法の正義」を主張する若い刑事と対立する物語になるなど、人物配置には一脈通じるものがある。服役中の尾谷組長役で伊吹吾郎が出演しているのは、『仁義なき戦い』シリーズなどへのオマージュだろう。『仁義〜』の出演者はほとんどが亡くなっているが、伊吹吾郎はその生き残りの一人。『仁義なき戦い』や『県警対組織暴力』で培われた「東映の血」は、『孤狼の血』という作品を通して新しい世代に継承されていく。東映ここにありだ。

 じつはこの映画を観る直前に、映画館で見逃していた『アウトレイジ 最終章』(2017)をレンタルして観ていた。『アウトレイジ』(2010)は壮絶な暴力描写で観る者に全身が粟立つような戦慄を味わわせたが、『最終章』は抑制された描写になってバイオレンスは封印された。仕方ない。映画の暴力演出には、それを撮る側にも相当の体力が必要なのだ。死の直前まで『バトルロワイヤル』(2000)を撮っていた深作欣二はバケモノであって、普通は監督の体力が衰えれば暴力の過激さは控え目になって行く。北野武も同じなのだ。しかし北野映画から暴力が消えても、北野映画が生み出したリアルな暴力描写の遺伝子は継承されていく。この映画はそのひとつの結果であり、東映実録やくざ映画の遺伝子と、北野映画の暴力描写のハイブリッド種みたいなものなのだ。すべてが作り事だとわかっていても、思わず目を背けたくなるような暴力描写の数々。いや参った。

ミッドランドスクエアシネマ(スクリーン5)にて
配給:東映
2018年|2時間6分|日本|カラー|シネマスコープ
公式HP: http://www.korou.jp/
IMDb: https://www.imdb.com/title/tt6622902/

孤狼の血 (角川文庫)
孤狼の血 (角川文庫)

posted with amazlet at 18.05.13
柚月裕子
KADOKAWA (2017-08-25)
売り上げランキング: 58

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中