のみとり侍

5月18日(金)公開 全国ロードショー

丁寧な作りでクスクス笑わせる艶笑時代劇

 江戸時代中期。俗に言う田沼時代。越後長岡藩士の小林寛之進は些細なことで藩主の逆鱗に触れ、「ネコのノミとりでもしておれ!」と江戸の町に放り出される。お役後免になったとは言え、藩主の命令とあらば従ってみせるのが武士の意地。そのままノミとり稼業に足を踏み入れる寛之進を待っていたのは、ネコのノミとりとは表向き、裏では女相手に体を売る売笑夫としての生活だった。だが買春稼業はサービス業。色事に疎い寛之進は最初の客にいきなり「ヘタクソ」と言われて、真面目で研究熱心な性分に火が付いた。たまたま町で知り合ったのが、小間物問屋の入り婿だが浮気ぐせが直らぬ清兵衛という男。彼に色事の指南をあおぎ、寛之進はめきめきと房事の腕を上げていく。最初に寛之進をヘタクソ呼ばわりしたおみねも、すっかり馴染みになってメロメロだ。だが江戸城内では田沼意次が失脚。大目に見られていたノミとり業も、厳しい取り締まりの対象になった……。

 日本映画には珍しい軽快な艶笑コメディ映画で、海外に持って行くと異色のサムライ映画として受けるような気がする。脇を固める出演者が超豪華で、それがいちいち深刻ぶらずに、与えられた役柄をのびのびと自由闊達に演じている。風間杜夫と大竹しのぶのが演じるノミとり屋の親方夫婦は、落語から出てきたようなのんびりした人の良さ。豊川悦司の清兵衛は、所作がいちいち歌舞伎に出てくる色悪風。「へたくそ!」と言う寺島しのぶの、年増女の可愛らしさ。焼き餅焼きの妻を演じる前田敦子も、じつに楽しそうでニヤニヤしてしまう。松重豊はバカ殿だか賢君だかわからない殿様を突き抜けた芝居で演じ、関西落語の重鎮・桂文枝の田沼意次というのも、関西弁の訛りが多少気になるが貫禄たっぷり。その中で主人公の寛之進を演じる阿部寛はちょっと固いのだが、これもまた主人公のキャラクターに沿っていて悪くないと思う。こうした出演陣たちを見るだけでも満足だ。

 というわけで、映画を観て「面白かったなぁ」という一定の満足は味わえるのだ。しかしこれだけのお金をかけて、これだけの人を集めたなら、もうちょっと何かできたに違いない……というもったいなさも感じる。物足りないわけではなく、もったいないのだ。主人公は藩の御前試合で8人抜きをした剣豪。相棒になる清兵衛も旗本崩れだから、剣術のたしなみはあるだろう。ならば映画のクライマックスには、大チャンバラがあっても良かったのだ。この映画の終盤は藩邸の庭に引き出された寛之進と殿様の問答中心だが、その前にある田沼意次との問答も含めて、「ことの真相」が台詞で語られているだけなのは映画として残念。物事をアクションの中で見せてこそ、映画は映画なのだ。主人公と清兵衛に木刀の1本も持たせ、藩邸の庭先で20人ぐらいを相手に大立ち回りをさせてほしかった。ここで「寛之進、そこまでじゃ!」と殿様が登場すれば、ビシッと決まったのにな。

109シネマズ名古屋(シアター4)にて
配給:東宝
2018年|1時間50分|日本|カラー
公式HP: http://nomitori.jp/
IMDb: https://www.imdb.com/title/tt7393746/?ref_=nv_sr_1

蚤とり侍 (光文社時代小説文庫)
小松 重男
光文社 (2017-10-11)
売り上げランキング: 2,647

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中