ミッドナイト・サン 〜タイヨウのうた〜

5月11日(金)公開 新宿ピカデリーほか全国ロードショー

日本の難病青春メロドラマをアメリカでリメイク

 17歳のケイティは幼い頃に母を亡くし、今は父と二人暮らし。彼女には母の記憶も、太陽の下で過ごした記憶もない。彼女は色素性乾皮症(XP)という難病のため、太陽の光に当たることができないのだ。家から出るのは日が暮れてからで、今は夜中の駅で自作の曲を通行人に歌って聞かせるのがケイティにとって掛け替えのない時間になっている。ある晩、歌っている彼女の前に、チャーリーという同い年の少年が現れる。有望な水泳選手でありながらケガで大学の奨学金を棒に振った彼は、ケイティを一目見て心を奪われてしまう。だがケイティにとっても、チャーリーは10年以上前から窓越しに姿を追う片思いの相手だった。ふたりはすぐに交際を始めるが、ケイティは彼に自分の病気について話すことができなかった。心配する父や友人に、「病気の話をすれば彼は病人と付き合うことになってしまう。今は病気と無関係な私を見てほしい」と言うケイティだったが……。

 日本映画『タイヨウのうた』(2006)のハリウッド版リメイクというのが売りだが、製作も配給もメジャーは関わっていないので、実態としては「アメリカのインディーズ映画」だろう。主演はベラ・ソーンとパトリック・シュワルツェネッガー。ヒロインを演じたソーンは、劇中で歌声も披露。シュワルツェネッガーはその姓から察せられるように、アーノルド・シュワルツェネッガーの息子。これがデビュー作というわけではないが、初主演作だという。父親は筋肉ムキムキの大男だが、息子はそうでもないのね……という印象。父親役のロブ・リグルは、他の映画でも時折見る顔。監督はスコット・スピアー。脚本のエリック・カーステンは、これが映画化された脚本の1作目とのこと。要するに無名でも力のあるスタッフとキャストが集まって、小粒ながらそれなりに見応えのある映画を作ったというところだろう。難病ものの青春メロドラマとしては、まずまずの水準だ。

 まずまずのデキではあるが、作り手の意図や企みが何も感じられない作品ではある。最初から無難な線を狙って、結果としてちゃんと無難な線に落ち着いているから、これが失敗作というわけではない。でも突出した何かが、ここにはほとんど何も感じられないのだ。「この場面がすごく良かった」とか、「この役者が良かったから今後も注目したい」とか、「この場面には思い切り泣かされた」というものがほとんどない。全体がよどみなくスルスルと流れ、映画を観た後はそれなりに爽やかな後味が残るものの、その後は時間がたつごとに、よどみなくスルスルと記憶から消え去ってしまうような作品ではないのか。レンタルDVDが出たら、1週間レンタル100円ぐらいで借りてきて済んでしまうような作品だろう。破綻はないが、特別なところもない。しかしこれが「悪いこと」なのかどうかはわからない。100点満点で60点。及第点の映画。これが作り手の狙いなのだ。

(原題:Midnight Sun)

ミッドランドスクエアシネマ2(スクリーン14)にて
配給:パルコ
2018年|1時間32分|アメリカ|カラー|シネマスコープ
公式HP: http://midnightsun-movie.jp/
IMDb: https://www.imdb.com/title/tt4799066/

Midnight Sun (Original Motion Picture Soundtrack)
Lakeshore Records (2018-03-16)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中