アラジン

6月7日(金)公開 全国ロードショー

華麗な映像とミュージカルシーンに大満足

 アラビアの豊かな交易都市アグラバーの裏通りで、こそ泥として生きてきたアラジン。市場で王宮の侍女を助けたアラジンは、彼女の正体がお忍びで街に出た王女ジャスミンだと知らぬまま親しく言葉を交わす。その夜、自分の手もとに残った腕輪を返すため城に忍び込んだアラジンは衛兵に捕らえられ、宰相のジャファーから彼女の正体を知らされると共に、砂漠の奥にある魔法の洞窟からひとつのランプを取ってくるように命じられた。ジャファーはこれまでも何度か同じように、囚人を使って洞窟からランプを取り出そうとしている。だが洞窟が受け入れるのは、心に邪心のない「ダイヤの原石」のみ。そうでな者が洞窟に入れば、洞窟はその者を永久に飲み込んでしまうのだ。洞窟に入ったアラジンは脇目も振らずにランプに手をかけるが、その瞬間に洞窟は出口を閉ざす。途方に暮れたアラジンがランプのホコリを拭うため手でこすると、巨大なランプの魔人が姿を現した。

続きを読む

八甲田山

6月14日(金)公開 午前十時の映画祭10 FINAL

主人公たちの関係はBLである

 明治34年秋。ロシアとの戦争が目前に迫る中、寒冷地での行軍を想定した八甲田山踏破演習が計画される。参加するのは青森歩兵第五連隊と弘前歩兵第三十一連隊。二隊から同時期に演習に出発し、八甲田山の中で両者がすれ違うという想定だ。弘前連隊側の指揮を任された徳島大尉は、八甲田山を大きく迂回して東南方面から山に入る10泊200キロを超えの計画を立てる。青森連隊の指揮を任された神田大尉も小規模編成の演習を想定したが、大隊本部の山田少佐が弘前隊への対抗意識から大規模編成の演習を提案。山田少佐以下10数名が、大隊からの随行員として演習に参加することになった。翌年1月下旬。一足先に演習を開始した弘前隊は、計画ルートの要所では必ず現地案内人を雇って先に進んでいく。後発の青森隊も事前に案内人の手配をしていたが、同行した山田少佐が独断でこれを追い返し、地図とコンパスだけを頼りに雪の八甲田山に入って行くのだった。

続きを読む