新聞記者

6月28日(金)公開 新宿ピカデリーほか全国ロードショー

政権批判の話題作だが映画としては落第点

 東都新聞の女性記者・吉岡のもとに、1通の匿名FAXが送られてくる。それは国が進めている大学新設計画に関する資料だった。重大な内部告発だが、情報発信元がわからないのでは情報の裏取りが出来ない。情報の信憑性について検証すると共に、吉村は情報提供者の正体を探り続ける。同じ頃、外務省から内閣情報調査室(内調)に出向中の若手官僚・杉原は、新人時代の上司だった神崎に呼び出される。現在杉崎は内調の上司に命じられるまま、政府のためのネット情報工作に従事していた。そこでは情報の隠蔽や秘匿、敵対陣営へのネガティブ情報の流布、虚偽情報の捏造など、やりたい放題だ。かつて自分に国民のために働く官僚の心構えを説いてくれた神崎を前に、恥ずかしげに現在の自分の境遇をぼやいてみせる杉原。だがそんなかつての部下に、「皮肉なものだ。かつての自分に叱られるとは」と悲しげな笑みを浮かべる神崎。彼はその直後に、自殺してしまった。

続きを読む

Girl ガール

7月5日(金)公開 Bunkamura ル・シネマほか全国ロードショー

その気持ちはすごくわかるけど……

 ベルギーの有名なバレエ学校に転校してきた15歳の少女ララ。家族は彼女のために、わざわざ新しい町に引っ越して来た。バレエに対する人並み外れた情熱と才能の片鱗を見せるララだったが、それまで通っていた学校と新しい学校では、生徒に求められる技術のレベルが違う。だがこれに食らいついていかなければ、学校に残ることは出来ないのだ。そんなララには、他の生徒とは違う問題があった。それは彼女がもともとは男の子としてこの世に生まれてきたこと。思春期を迎えて、ララの体は「こども」から「おとなのオトコ」の体へと変化していく。医師の診断でホルモン療法を受け、いずれは性適合手術を受けることになっているが、それを待つ間にもどんどん自分の体が変化しているのがわかるのだ。家族や親戚はもちろん、学校の教師や他の生徒たちも、ララのことを理解してくれている。そのことで差別的な扱いを受けることはない。だがララは満足できないのだ。

続きを読む

凪待ち

6月28日(金)公開 TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

香取慎吾が何もかも失うダメ男を好演

 東京の印刷会社を辞めて、恋人の亜弓と彼女の娘・美波と共に、宮城の石巻に引っ越すことになった郁男。石巻で漁師の仕事を続けながら一人暮らしをしている亜弓の父が、最近末期がんの宣告を受けたのだ。郁男は石巻の小さな印刷所で働くようになり、亜弓は小さな美容院を開く。東京では引きこもりがちだった美波も、地元の定時制高校に通うようになった。順風満帆とは言わぬまでも、家族にとってはまず順調な船出。だがそうなればなったで、亜弓はあれこれ小言を言って娘と衝突する。ある日、母とケンカをした美波は家を飛び出して、夜遅くまで戻ってこなかった。電話もつながらない。亜弓はすっかり取り乱し、夜の街で美波を探し歩く。そんな様子を半分呆れたように見つめる郁男。結局美波は郁男がひとりで見つけたのだが、無事を知らせるため亜弓に電話をかけると、電話口には知らない男が出た。相手は警察。郁男と別れた後、亜弓は何者かに殺されたのだ。

続きを読む