新聞記者

6月28日(金)公開 新宿ピカデリーほか全国ロードショー

政権批判の話題作だが映画としては落第点

 東都新聞の女性記者・吉岡のもとに、1通の匿名FAXが送られてくる。それは国が進めている大学新設計画に関する資料だった。重大な内部告発だが、情報発信元がわからないのでは情報の裏取りが出来ない。情報の信憑性について検証すると共に、吉村は情報提供者の正体を探り続ける。同じ頃、外務省から内閣情報調査室(内調)に出向中の若手官僚・杉原は、新人時代の上司だった神崎に呼び出される。現在杉崎は内調の上司に命じられるまま、政府のためのネット情報工作に従事していた。そこでは情報の隠蔽や秘匿、敵対陣営へのネガティブ情報の流布、虚偽情報の捏造など、やりたい放題だ。かつて自分に国民のために働く官僚の心構えを説いてくれた神崎を前に、恥ずかしげに現在の自分の境遇をぼやいてみせる杉原。だがそんなかつての部下に、「皮肉なものだ。かつての自分に叱られるとは」と悲しげな笑みを浮かべる神崎。彼はその直後に、自殺してしまった。

 東京新聞記者・望月衣塑子の同名著書を原案に、原作者を思わせる女性新聞記者が、政府が国民を無視して進める極秘の計画を暴こうとするようすを描いたポリティカル・サスペンス映画。監督・脚本は藤井道人。主演は韓国人女優のシム・ウンギョンと松坂桃李。現在の安倍政権にまつわるさまざまな政治スキャンダルが、モデルになった事例がすぐ察せられる形で大量に引用されていることが話題の映画だ。ドラマの中心として取り上げられている大学新設問題も、加計学園による岡山理科大学獣医学部新設計画がモデルだろう。だがこうした大小のエピソードの組み立てや組み合わせが、映画の中でうまく機能しているとは思えない。そもそもこの映画、主人公であるはずの吉岡があまり魅力的なキャラクターになっていないのが致命的だ。これは配役のことを言っているわけではない。そもそもこの映画は、官僚側の描写に比べて、新聞記者の描き方にまるで魅力がないのだ。

 この映画については、内容が政権批判を含んでいるためマスコミで取り上げられにくいとか、出演を依頼した日本の女優にすべて断られたとか、WEBサイトに謎のサイバー攻撃があったとか、そんな不穏な話ばかりで盛り上がっている。ところで映画自体は面白いのか? 残念ながら、僕は面白いとは思えなかった。新聞記者の描き方がまるでダメだと思ったし、官僚側の描写も紋切り型で手垢の付いたものだ。映画の終盤で明らかになる、官僚自殺の原因になった「計画書」の存在や内容にしても、「それのどこが問題なの?」というものでずっこけるしかない。実在の事件や出来事がモデルになっている映画なので、あまり荒唐無稽な「真相」を出すことができないというのはわかるが、だったら映画の焦点を、別の場所にずらすしかないだろう。この映画は最初から脚本の作り方を間違えている。画面を薄暗くしてそれらしいムードを出していても、ダメな映画はダメなのだ。

ミッドランドスクエアシネマ2(シアター12)にて
配給:スターサンズ、イオンエンターテイメント
2019年|1時間53分|日本|カラー
公式HP: https://shimbunkisha.jp/
IMDb: https://www.imdb.com/title/tt9778190/

新聞記者 (角川新書)
新聞記者 (角川新書)

posted with amazlet at 19.07.06
望月 衣塑子
KADOKAWA (2017-10-12)
売り上げランキング: 96

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中