トイ・ストーリー4(吹替版)

6月12日(金)公開 全国ロードショー

人気シリーズも本当にこれで完結(?)

 長年親しんだアンディの部屋から、新しい持ち主ボニーの部屋に引っ越したウッディと仲間たち。ウッディはお気に入りの第一線から離れたが、今でもオモチャたちのリーダーだ。そんなオモチャたちの仲間に新しく加わったのは、ボニーが幼稚園で作った使い捨てプラスチック・フォークの人形フォーキー。材料がゴミ箱のゴミだったせいか、フォーキーは何かあればゴミ箱に飛び込みたがる厄介者。ボニーのお気に入りのオモチャを、ゴミにするわけにはいかない。ウッディはフォーキーがゴミ箱に飛び込むのを押しとどめるのに必死だった。ある日、ボニーと両親はキャンピングカーで旅行に出かけるが、その途中でフォーキーはついにゴミ箱目指して脱出に成功。ウッディはフォーキーを救出するため自分も車から飛び降りるが、行き着いた先では思いがけない出来事が待っている。それは以前アンディの部屋で一緒だった、電気スタンドの付属人形ボー・ピープとの再会だ。

続きを読む

約束

7月12日(金)公開 ミッドランドスクエアシネマ

男と女の映像詩

 公園のベンチで、中年の女がひとり誰かを待っている。だが待ち人は現れない。それでも女は待ち続ける。いったい誰を? 物語は2年前にさかのぼる……。女は列車に乗っていた。日本海沿いを北に向かって走る、混み合った特急列車だ。彼女の前の空席に、若い男がすべり込んでくる。顔の上に新聞を広げて眠りはじめた男。その新聞の見出しにある殺人事件の記事を見て、何かを思いだしたように女の顔が一瞬曇る。女が体を伸ばすため席を立つと、眠った男の顔から新聞が滑り落ちた。あわてて載せ直すがうまくいかない。女は自分の髪からヘアピンを1本抜くと、新聞を男の襟元に留める。やがて男は目を覚まし、新聞を留めていたヘアピンに気付く。「これあんたのかい?」。そんな風にして、男と女は出会った。やけに人懐っこく馴れ馴れしい若い男に女は苦笑しながら、それでもふたりは少しずつ距離を縮めていく。自分たちが恋に落ちるなど、まだ知らぬまま……。

続きを読む

僕はイエス様が嫌い

5月31日(金)公開 TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

イエス様は役に立たない神様だった

 祖父が亡くなりひとりになった祖母と暮らすため、東京からとある地方都市に引っ越した星野家。小学生の由来が転校したのは、祖母の家の近くにある小さなキリスト教系の小学校だった。その学校で、はじめて「イエス様」のことを知る由来。「イエス様って何なの?」と問う由来に、「それは神様じゃないの?」と答える祖母。その翌日、由来は学校の礼拝で小さなイエス様の姿を見かける。その小さなイエス様に、由来はひとつのお祈りをする。「どうか新しい学校で友だちが出来ますように!」。その翌日、由来には和馬という友だちができた。これって、イエス様のおかげ? 由来はその後、また別のお願いもしてみる。「どうかお金がもらえますように!」。その夜、由来は祖母から「おじいちゃんのヘソクリをみつけた」と千円もらうことになった。金額は中途半端だが、これはいよいよイエス様のおかげだ。しかしそんな由来に、思いがけない衝撃的な事件が起きる。

続きを読む