アド・アストラ

 9月20日(金)公開 TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

冒頭の大落下は大画面で観る価値あり!

 近未来の地球。宇宙から降り注ぐ電流サージによって、世界中で大規模な事故や火災などが増えていた。サージに起因する事故に遭いながら九死に一生を得た宇宙飛行士のロイ・マクブライドは、上官から秘密の任務を命じられる。それは人類を危機に陥れているサージを止めるため、海王星まで行けというものだった。今から16年前、地球外生命体を探す「リマ計画」というプロジェクトがあり、旅立った飛行士たちはそのまま消息を絶った。参加者全員死亡と見られていたが、じつは参加者のうち、ロイの父クリフォードだけがまだ生きており、海王星付近で活動しているらしい。この活動が、結果としてサージの原因になっている。ロイの任務は父を説得して、地球に連れ帰ることだ。彼は民間人旅行者の身分で月基地に渡り、さらに火星の中継基地に到着する。だが心理テストで任務から任務から外されそうになったことで、ロイは強引に探査ロケットに乗り込んだのだが……。

続きを読む

ブルーノート・レコード/ジャズを超えて

9月6日(金)公開 Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開

名門ジャズ・レーベルの過去と現在。そして未来……

 ブルーノート・レコードは、1939年に創立された名門のジャズ専門レーベルだ。創設者のアルフレッド・ライオンはニューヨークの貿易会社に勤めていたが、子供時代からのジャズ好きが高じて小さなレコード会社を立ち上げた。翌年にはドイツ時代の親友だったフランシス・ウルフもこのレコード会社に合流し、ニューヨークの最新ジャズを次々に録音していった。ライオンとウルフはユダヤ人で、ナチス政権によるユダヤ人迫害を逃れてきたのだ。ブルーノートでは様々なミュージシャンが録音し、その中には今でもジャズの名盤とされるものが多い。1930年代末にアルバート・アモンズとミード・ルクス・ルイスのブギウギからスタートしたレーベルは、1940年代にはビバップの名盤を数多く生み出し、1950年代のハードパップを経て、1960年代にリー・モーガンの「サイドワインダー」が大ヒット。だが皮肉なことに、これが同レーベルの身売りにつながる。

続きを読む

エイス・グレード/世界でいちばんクールな私へ

9月20日(金)公開 ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国ロードショー

美しくもなく輝いてもいない思春期!

 ケイラは中学生ユーチューバーだ。定期的にネットに動画をアップして、同世代の子供向けにポジティブなメッセージを送っている。だがそれを学校で知る人はほとんどいない。パソコンのカメラの前で笑顔を振りまき饒舌な彼女も、学校では無口な子、目立たない子、イケてない子で通っているのだ。学内の人気者たちを横目で見ながら、積極的にその中に入っていけないことに自分でイラだっている。怒りをぶつける相手は父親だ。自分の事が心配なのはわかるが、あれこれ口を出したり干渉したりしてくる父親にも、ケイラはイライラが止まらない。そんな彼女が、クラスの人気者ケネディの母親から、プール開きパーティに招待された。ケネディ本人は明らかに乗り気じゃない。それがわかるから、ケイラもこの招待に応じるのは気が重い。しかしこれを断れば、自分がクラスのはぐれ者であることを自分で認めるようなもの。ケイラは勇気を振り絞って会場に乗り込んだが……。

続きを読む