カツベン!

12月13日(金)公開 全国ロードショー

映画史に材を採った笑えないコメディ

 大正時代初期。当時の人々を夢中にさせていたのは、何と言っても活動写真。関西のとある町に、活動のロケ隊がやって来る。主演は「目玉のまっちゃん」こと尾上松之助。監督は牧野省三。物珍しげに撮影を眺める町の子供たちの中に、俊太郎と梅子もいた。撮影からしばらくして活動の上映小屋に入り込んだ二人は、映画の中に自分たちが映り込んでいるのに大興奮。「俺は活動弁士になりたい」「私は映画に出て芝居をしたい」と夢を語り合う二人。それから十年。俊太郎は偽弁士として泥棒の片棒を担ぐ日々だ。だが警察の出動で一味の首領が逮捕された後、俊太郎は泥棒から足を洗って、憧れの活動弁士を本気で目指すことに決めた。雑用係としてもぐり込んだ青木館には、往年のスター弁士・山岡秋聲がいる。だがこの頃、山岡は酒に溺れてすっかり身を持ち崩していた。青木館を支えている人気弁士は若い茂木。だがライバルのタチバナ館は、茂木を引き抜こうとしていた。

続きを読む