デッド・ドント・ダイ

6月5日(金)公開 全国ロードショー

スクリーンの中の芸能人隠し芸大会

 でっかいアメリカのど真ん中にある、ちっちゃな村センターヴィル。事件らしい事件のほとんど起きないこの村には、警官が3人しかいない。だがそこに、前代未聞の事件が起きる。村で唯一のダイナーで、店員2人が惨殺されたのだ。より正確に言うと、2人は何者かに食い殺されていた。野生動物のしわざか、それとも変質者か。若い警官のロニーは、「ゾンビかもしれない」と言う。墓地に行ってみると、確かに墓から何かがはい出したらしい穴があるではないか。やがて小さな村は、ゾンビだらけになるのだった。通りを死者が歩き回り、葬儀社でも死人が蘇り、警察でも保管中の死体が歩き始める。

 ゾンビはノロノロ歩き出し、頭部を破壊すれば死ぬ。そうとわかっていても、何しろ小さな村では生きている人より死んだ人の方が多い。次々やってくるゾンビたちが相手では、多勢に無勢。村人たちは次々ゾンビの餌食になり、あるいは新たなゾンビになってしまうのだ。

続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語

6月12日(金)公開 全国ロードショー

名作「若草物語」の最新映画版

 ニューヨークで作家修業中のジョーは、マーチ家四人姉妹の次女だ。長女のメグは既に結婚して二児の母。三女のベスは身体が弱くて、実家で母と暮らしている。四女のエイミーは資産家の伯母に連れられて、パリで絵の勉強をしている。必死の売り込みでようやく作家としての入口に立ったジョーは、まだ姉妹が実家で一緒に暮らしていた頃のことを思い出す。

 北軍の従軍牧師として出征し、長く家を留守にしている父。不在の父にかわって、一家の大黒柱となっている母。隣人ローレンス氏の思いやり。ローレンス氏の孫、ローリーとの友情。そんな中で、ベスが猩紅熱にかかったのは家族にとって大きな事件だった。しかし家族の必死の看護もあって、ベスは一命を取り留める。他人が見れば何でもない出来事も、姉妹たちにとってはかけがえのない日々だった。しかしそれから7年たった。四姉妹の少女時代は終わったのだ。時の流れは、否応なしに家族の姿を変えていく。

続きを読む