三島由紀夫 vs 東大全共闘/50年目の真実

3月20日(金)公開 TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー

そこでは言葉がまだ生きていた

 1969年(昭和44年)5月13日火曜日。東大全共闘は駒場キャンパス900番教室に、作家の三島由紀夫を招いて討論会を行った。革命を主張する左翼学生と、前年に右翼学生を集めて「楯の会」を作り、時代錯誤な保守反動の親玉のように見られていた文学者の直接対決だ。学生たちは三島を「近代ゴリラ」と笑い、「三島を舞台上で論破して切腹させる!」と息巻いた。一方で一人敵地に臨む三島は、懐に短刀と鉄扇を忍ばせていたという。壇上での討論は幾つかのテーマで区切られ、三島はそれに対して誠実に答えていく。それは学生たちの前で披露される、三島の思想のエッセンスだった。討論会は事前の思惑を裏切るように、友好的で和気藹々としたムードで終わる。この映画は当日の様子を撮影したTBSの記録映像を中心に、討論会にいたる当時の日本の世相と三島の足跡、討論会後の三島の自決、討論会に関わった人たちの現在のインタビュー等で構成されている。

 映画を観ながら、まったくうらやましい世界だと思った。ここではその時代に左側の極と見られていた人たちと、右側の極と見られていた人たちが、同じ舞台に立って、同じ言葉で討論しているからだ。右と左が言葉によって対話し、互いにナニゴトカを分かち合う時間。ここではそれが、辛うじて成立している。それは互いに対するリスペクトなのだ。学生司会者が三島に向かってつい「三島先生」と呼びかけ、会場内で大笑いが起きる場面がある。三島は学生の意見を頭ごなしに否定せず、言葉を受け止めた上で、その言葉を使って意見を宣べたり反論したりする。どちらが勝ったか負けたかではなく、互いを理解するための言葉のやり取りが心地良いのだ。それは現在の日本が右と左に分断され、互いに無責任な「言いっぱなし状態」になっていることへの批判になっていないだろうか。討論会から50年以上たった今、本作をあえて公開することの意義は、それ以外にないと思う。

 僕は昭和41年生まれなので、全共闘運動も三島由紀夫も、同時代の人であると同時に、物心つく前の過去の話でもある。三島事件の翌日、新聞に掲載された現場写真の切断された三島の首を指差して、まだ2歳だった僕はケラケラ笑っていたらしい。三島事件は「昭和のミステリー」のように語られることが多いのだが、今回のドキュメンタリー映画を観ると、一人の作家が自分の思想を突きつめた結果、それに殉じるようにして起こした事件にも思える。東大駒場キャンパスの壇上で、会場を埋め尽くした千人近い学生たちを前にして堂々と持論自説を語った熱量のまま、三島由紀夫は翌年、自衛隊の市ヶ谷駐屯地に向かったのだろう。残念なことに現場の自衛隊員たちは、東大全共闘の学生たちほどの言語能力を有していなかった。三島が檄文を撒き、バルコニーで必死の演説をしても、その言葉はまったく理解すらされなかった。それを考えると、東大駒場の三島は幸せであった。

ミッドランドスクエアシネマ2(スクリーン10)にて 
配給:ギャガ 
2020年|1時間48分|日本|カラー 
公式HP: https://gaga.ne.jp/mishimatodai/ 
IMDb: https://www.imdb.com/title/tt11975104/

美と共同体と東大闘争 (角川文庫)
三島 由紀夫(著), 東大全共闘(著)
KADOKAWA (2000-07-21T00:00:01Z)
5つ星のうち4.3
¥572

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中