映画 えんとつ町のプペル

2020年12月25日(金)公開 全国ロードショー

新鮮味と驚きに欠ける良質アニメ

 そこは「えんとつ町」と呼ばれていた。町のあちこちにそびえる高い煙突が、絶え間なく黒い煙を吐き出しているからだ。煙は小さな空を覆いつくしている。そんな町の底にあるゴミ捨て場に、光輝くひとつの心臓が落ちてきた。心臓は周囲のゴミを引き付けて、やがて人間の姿になって歩き出す。ゴミ人間が町に出ると、そこはハロウィンの祭りの真っ最中。ゴミ人間もハロウィンの仮装と思われて大喝采を浴びるが、やがて人間でないことがわかると人々に追われるようになる。行き場を失ったゴミ人間が出会ったのは、えんとつ掃除の少年ルビッチ。少年はゴミ人間にプペルという名を付けて家に招き入れる。ルビッチには父がいない。父は黒い雲の向こう側にある「星」についての紙芝居を残し、ある日姿を消してしまった。あの雲の向こうに、星はあるんだろうか? だがそれは、町では決して口外できない禁断の問い。町の支配者たちはプペルとルビッチを捕らえようとする。

 西野亮廣がプロデュースした同名絵本を、西野亮廣本人の製作総指揮・脚本で長編アニメーション映画化した作品。絵本は未読だが、映画は絵本の世界観をもとに、かなり物語を拡張しているようだ。映画の印象は「丁寧に作られた良質なアニメーション映画」というもの。ただしそれ以上の強い印象はない。アニメーション制作はSTUDIO4℃で、絵作りのクオリティは世界水準だろう。でも印象は薄いのだ。なぜだろうか。僕は前半で少しウトウトしてしまったわけだが、それも含めて「なぜだろう」という疑問が残る。たぶんこの映画は、あまりにも型通りに作られていて意外性がないのだ。あらゆる要素が、かつてどこかで観たような筋立て、どこかで観たような絵面、どこかで観たようなキャラクターで、この映画で初めて出会う新しい何かが感じられない。映画経験が乏しい子供なら喜ぶかもしれないが、すっかり擦れてしまったてしまった僕には全部二番煎じに見える。

 例えば映画序盤にあるトロッコの暴走は、『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』(1984)だろう。もちろん過去の映画から場面を引用するのが悪いわけではない。『インディ・ジョーンズ』シリーズを作ったルーカスやスピルバーグだって、過去の映画の場面を数多く引用し、アレンジすることで、自分たちの映画を作っているからだ。でも引用するなら、引用元より面白くしてほしい。これはルーカスの『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(1999)のポットレースと同じだ。あのレース場面は『ベン・ハー』(1959)の戦車レースの引用だが、どう考えてもオリジナルの戦車レースの方がよくできていて面白い。『えんとつ町のプペル』のトロッコも、『魔宮の伝説』のトロッコに負けていないだろうか。本作に登場する他の要素も似たような印象だ。映画終盤の感動的なクライマックスで、僕は「クララが立った!」と心の中でつぶやいていた。

109シネマズ名古屋(シアター10)にて 
配給:東宝、吉本興業 
2020年|1時間40分|日本|カラー 
公式HP: https://poupelle.com/ 
IMDb: https://www.imdb.com/title/tt13276012/

えんとつ町のプペル
えんとつ町のプペル

posted with AmaQuick at 2021.01.06
にしの あきひろ(著)
幻冬舎 (2016-10-21T00:00:01Z)
5つ星のうち4.4
¥2,200

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中