私をくいとめて

2020年12月18日(金)公開 テアトル新宿ほか全国ロードショー

地味カップルの恋愛のリアル

 黒田みつ子、31歳。都内の会社に勤めるOLで、独身一人暮らし。平日は会社でじっと我慢の子を貫いているが、土日は積極的に外出して「おひとり様」の生活を満喫中だ。恋人はもう何年もいないが、今はそれも含めて楽しんでいる。寂しさは少しも感じない。彼女にはパートナーの「A」がいるからだ。Aはみつ子にだけ聞こえる優しい声。それは彼女の分身。心の声。内なる理想の男性像。みつ子の呼び出しに即座に応え、際限の無い愚痴に優しく相槌を打ち、彼女の行動を励まし、的確にアドバイスしてくれる頼もしい相棒だ。だがそんなみつ子の前に、ちょっと気になる男性が現れた。取引先の営業マンで、2歳年下の多田くんだ。たまたま近所同士ということで親しくなり、今はみつ子の作った夕飯のおかずを、彼が時々取りに来るような間柄になっている。だがそれきり、それ以上の進展はまだない。「きっと彼もあなたに好意を持っていますよ」とAは言うのだが……。

 綿矢りさの同名小説を、大九明子が脚色・監督した作品。主演はのん。ジャンルとしてはコメディになるのだろうか。ヒロインが常に自分の内命の声と対話し続けるという構成は少々現実離れしているような気もするが、そこに描かれているのはリアルなアラフォー女子の内面世界。ぶっ飛んだ設定のようでいて、じつは一人称の小さな世界を、顕微鏡で観察するように緻密に描いている。ヒロインの内面世界を「ことば」を通して描くには、ヒロインの中にある「対話」を何らかの形で可視化しなくてはならない。それために登場するのが「A」というパートナー。ヒロインとAの対話は独り言ではなく、ヒロインの周囲に起きた出来事を多面的に分析していく対話になっている。誰だって自分の心の中なる他人と会話していると思うが、これほど本人の人格と距離のある他人は、なかなかいないのではないだろうか。本作の一番のアイデアは、このAというキャラの造形にあると思う。

 映画はヒロインとAの対話が中心になるので、ヒロインは結構激しい性格のように見える。だが実際の彼女は、日本のどこにでもいるアラサー女子だ。30代独身で浮いた話があるわけでなく、会社の中では波風たてず従順に振る舞い、それなりにオシャレで、生活を楽しんでいる。特別な才があるわけでなく、特別華やかなわけでもなく、平凡で、普通で、目立たない、地味で真面目な人。これは若い営業マンの多田くんも似たようなものだ。多田を演じている林遣都が、いかにも不器用そうに真面目なサラリーマンを演じている。このヒロインにして、いかにもこのお相手ありという感じ。互いに好意を持っているのに、まったく関係に発展がないもどかしさも、じつにリアルだと思う。この映画を観て、「これは私だ!」と思う人は多いんじゃないだろうか。もっとも僕は映画に出てくるコロッケ屋のオジサンみたいな目で、このカップルの行方をニヤニヤながめていたりするのだ。

ミッドランドスクエアシネマ(スクリーン7)にて 
配給:日活 
2020年|2時間13分|日本|カラー 
公式HP: https://kuitomete.jp/ 
IMDb: https://www.imdb.com/title/tt13332890/

私をくいとめて (朝日文庫)
綿矢りさ(著)
朝日新聞出版 (2020-02-07T00:00:01Z)
5つ星のうち3.9
¥704

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中