ファーストラヴ

2月11日(木)公開 全国ロードショー

ミステリー映画としては期待はずれ

 有名画家の聖山那雄人が、勤務先の美大で刺殺された。容疑者として逮捕されたのは、聖山の一人娘で女子大生の環菜だった。アナウンサー志望の美人女子大生が、高名な父親を殺害した事件は、日本中にセンセーションを巻き起こす。臨床心理士の真壁由紀はこの事件に興味を持ち、自分の次回の本のテーマにするため取材を開始。だが事件の担当弁護士・庵野迦葉は、由紀の夫である写真家・真壁我聞の弟であり、大学時代には彼女の恋人だった過去がある。結婚後はすっかり疎遠になっていた由紀と迦葉の関係は、この事件の調査をきっかけに最接近していく。だが事件は少々厄介だった。拘置所で面会した由紀に、環菜は「殺した理由は自分でもわからない。動機はそちらで勝手に見つけてください」と言い放つ。環菜と父親・那雄人の過去に何があったのか。環菜の母・昭菜が娘に冷淡な態度を取るのはなぜなのか。由紀は環菜の「初恋の相手」に会ってみようと決意する……。

 島本理生の直木賞受賞小説を、北川景子主演で映画化したミステリー映画。脚色は浅野妙子、監督は堤幸彦。映画の冒頭から物語にぐいぐい引き込まれていく作品だが、ミステリー映画としての面白さは薄い。物語の原動力になるはずの「殺人事件の謎解き」に、さほどひねりがないのだ。この謎解きに関する描写は、映画の中でたった数分しか語られない。ミステリー映画としては、これではまるで魅力に欠けるだろう。しかしこの映画は観る人を引き付けて放さない。一体この物語は何を原動力にしているか。それは「殺人の謎解き」というミステリーではなく、「この先どうなるか」というサスペンスだ。そしてこのサスペンスを生み出しているのは、由紀・迦葉・我門の三角関係なのだ。事件の真相を探ろうとする由紀の調査は、由紀と家族の過去、由紀と迦葉の過去をたどる心の旅になる。その度は今現在の三人の立場を揺るがし、この先の未来をも危ういものにさせてしまう。

 この映画が描こうとしているのは、「普通の人々」が心の中に抱えている心の闇。その中でも女性差別、あるいはミソジニーの問題を取り上げているのが、この映画のジャーナリスティックな視点だと思う。男たちのあからさまな、あるいは無意識の内に発せられる女性差別の視線と、その視線を自分の中に内面化し、差別を合理化することで生き延びようとする女たち。とは言っても、この映画はフェミニズム的な主張を声高に叫ぶわけではない。社会に埋め込まれた差別を暴露することで、観る者は何とはなしに居心地の悪い思いをする。胸の中で、何かがざわつくのだ。こうしたざわつきが映画と観客の間に深刻な軋轢を生み出さないのは、物語の中に高度な緩衝材が埋め込まれているからだろう。それは由紀の夫であり、迦葉の義理の兄である我聞の存在だ。他の登場人物たちが虚飾を剥ぎ取られて、胸の内を丸裸にさせられていく中で、僕はこの人物だけがよくわからなかった。

109シネマズ名古屋(シアター4)にて 
配給:KADOKAWA
2021年|1時間59分|日本|カラー 
公式HP: https://firstlove-movie.jp/ 
IMDb: https://www.imdb.com/title/tt11252688/

ファーストラヴ (文春文庫)
理生, 島本(著)
文藝春秋 (2020-02-05T00:00:01Z)
5つ星のうち3.9
¥781

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中