春江水暖 〜しゅんこうすいだん

2月11日(木・祝)公開 Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー

映画とてし記録された現代の富春山居図

中国杭州市の中でも、古くから風光明媚な土地として知られる富陽。経済発展の激しい杭州市中心部のベッドタウンとして、猛スピードで再開発が進む地域でもある。その富陽の一角で、顧(グー)家の人々が祖母の誕生日を祝う宴会を開いていた。場所は長男の経営するレストラン。そこに漁師をしている次男の家族、ダウン症の息子を男手ひとつで育てている三男、まだ独身の四男が顔を揃える。祖母が子供や孫たちに祝儀を配りはじめたとき、彼女が突然倒れる。軽い脳卒中で命に別状はない。だがこれで、以前から症状の出ていた認知症が一段と進んでしまうだろう。兄弟それぞれの生活もあり、退院する祖母を引き取ったのは長男の家だった。この家では、現在一人娘の縁談話が進んでいる。相手は金持ちだから、これがまとまれば貧しい長男一家の借金問題も解決だ。だが娘には交際中の恋人がいる。父は娘の恋人に会って好印象を持つが、母は徹底的に大反対するのだった。

続きを読む