モンスターハンター

3月26日(金)公開 TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

続編製作を想定したプロローグ?

 国連軍のパトロール隊はアルテミス隊長に率いられ、行方不明になった別動隊の行方を探している中で突然奇妙な嵐に巻き込まれる。嵐が去ると、そこは見渡す限りの砂漠地帯。少し離れた場所には、行方不明になった別動隊の焼け焦げた残骸が転がっていた。何者かに襲われ、応戦もむなしく全滅したらしい。襲撃者はすぐ明らかになる。砂の中から現れた巨大なモンスターが、アルテミスたちの隊にも襲いかかったのだ。何人かの犠牲を出しながら、パトロール隊は何とか近くの岩山に到着する。岩山の洞窟に潜めば、モンスターは襲ってこられない。だが夜になると、この岩山も別のモンスターたちの巣であることが明らかになる。それは巨大なアリかクモのような生物の群れで、隊員たちを次々捕らえては巣穴に引きづり込む。アルテミスは辛くも脱出に成功するが、今度は言葉も通じないハンターに捕らえられてしまう。岩山脱出のため、アルテミスは彼と行動を共にする……。

 カプコンの人気ゲームの実写映画化で、監督は『モータル・コンバット』(1995)や『バイオハザード』シリーズ(2002〜2016)でゲームの実写映画化に定評があるポール・W・S・アンダーソン。主演は『バイオハザード』と同じミラ・ジョヴォヴィッチとくれば、本作も先行するヒット作と同じようにシリーズ化を視野に入れていることは明白だ。しかしこの映画、シリーズ化できるだろうか? そう思ってしまうのは、この映画のデキがあまりよろしくないからなのだ。映像的には面白いところもあるし、今回は日本語吹替の4DX3D版での鑑賞ということもあって、アクションシーンは迫力満点。しかし映画作品としての面白さという点では、何ともバランスが悪すぎる。まずこの映画、導入部が長すぎるのだ。主人公のアルテミスを異世界にたった一人置き去りにして引き立たせるなら、序盤はよりコンパクトにまとめてほしい。部隊全滅まで時間をかけすぎだ。

 僕は原作になったゲームをまったく知らないが、それでもこの映画が「異世界に送り込まれた女性戦士がモンスターと戦う話」だということはわかる。そして映画のタイトルは『モンスターハンター』だから、物語は「モンスターと戦う話」が中心になると思っていたのだ。ところが映画はたっぷり時間をかけて、主人公が異世界に送り込まれるまでと、異世界で主人公が戦士になるまでを描くのだ。やがて主人公は異世界で出会ったハンターと信頼関係を築いて協調し、映画導入部に登場するロン・パールマンも合流する。しかしそれはどれも、物語の終盤になってからのこと。めぼしい人物たちがチームとして活動する時間は、きわめて短い。結局この映画は、より大きな物語のプロローグに過ぎないのではないか? メンバーが揃って「さあここから物語がはじまります!」でエンディングだが、続編ができないと、序章だけで中途半端に完結というみっともないことになりそうだ。

(原題:Monster Hunter)

ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場(8スクリーン)にて 
配給:東宝、東和ピクチャーズ 
2020年|1時間44分|アメリカ、ドイツ、中国、日本|カラー|2.39:1 
公式HP: https://monsterhunter-movie.jp/ 
IMDb: https://www.imdb.com/title/tt6475714/

Monster Hunter [Blu-ray]

Monster Hunter [Blu-ray]posted with AmaQuick at 2021.03.27Milla Jovovich(出演), Tony Jaa(出演), T.I.(出演), Paul W.S. Anderson(監督)
Sony Pictures (2021-03-02T00:00:01Z)
5つ星のうち4.5
¥3,947 (中古品)Amazon.co.jpで詳細を見る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中