ブレイブ ー群青戦記ー

3月12日(金)公開 全国ロードショー

竜頭蛇尾のしょぼいポンコツ映画

 私立星徳高校は全国的に名を知られているスポーツ強豪校。運動部に全国大会優勝や準優勝といった猛者たちがひしめき合い、試合に備えて日夜練習に余念がない。そんな中で、弓道部の西野蒼は万年補欠選手の地位に甘んじている。校内弓道場での実力は部内でも折り紙付きなのだが、大会になるといつも実力を発揮できない。メンタルの弱さというより、そもそも必死に努力して勝利することに対する執着心がないのだ。幼なじみで同じ弓道部のレギュラーメンバーでもある瀬野遥は、そんな蒼を見て歯がゆい思いをしていた。だがある日、そんな高校生たちの学園生活を一変させる事態が起きた。学校に侵入した大勢の男たちに、教員や生徒たちが次々惨殺されたのだ。突然のことにパニックになる校内。学校が丸ごと戦国時代にタイムスリップし、雑兵たちの攻撃を受けているのだ。生徒たちの何人かは人質として連れ去られる。そこは有名な「桶狭間の戦い」直前の世界だった。

 笠原真樹の漫画「群青戦記 グンジョーセンキ」を原作にした、SF青春アクションアドベンチャー映画。現代人が戦国時代にタイムスリップするというアイデアは「戦国自衛隊」のようだし、生徒が学校ごと異世界に送り込まれてしまう設定は「漂流教室」のようでもある。多種多彩な才能を持つ寄せ集め集団が一致団結して巨大な敵に立ち向かうという設定は、昔からアクション映画のひとつのパターンだろう。過去にタイムスリップした主人公たちが、落雷のエネルギーを借りて元の時代に戻ろうとするのは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。ここに日本人なら誰もが知っている「桶狭間の戦い」がからみ、信長や家康、秀吉などの歴史的人物も登場する。これで面白くならないはずがない。仮に何か失敗があっても、アクション映画として平均点ぐらいの点数にはなるだろう。映画の予告編を観た段階で、僕はそう考えていた。それがなぜ、無残なポンコツ映画になったのか。

 最大の原因は予算不足だ。原作では高校生アスリートたちが関ヶ原の合戦に参加するようだが、それを桶狭間の戦いにしたのは、その方が戦いの規模が小さくなって予算が少なくて済むからだろう。だが悲しいことに、この映画は桶狭間の戦いを描く予算もなかったらしい。高校生たちは桶狭間の戦いの本戦には参加せず、その前哨戦である丸根砦の戦いに参加するのだ。結局この映画の中には、桶狭間の戦いが出てこない。さらに丸根砦の戦いにしても、何の戦略もなくがむしゃらに砦に突進するという芸のなさ。高校生たち無駄に命を落としていく様子は、『戦国自衛隊』ではなく『バトル・ロワイアル』だ。そこにはなんの爽快感もカタルシスもない。この映画は企画して予算不足が明らかになった時点で、製作をあきらめるべきだった。それができずに突っ走った結果がこれでは、現場のスタッフもキャストも浮かばれないだろう。家康を演じた三浦春馬の爽やかな笑顔が悲しい。

109シネマズ木場(シアター4)にて 
配給:東宝 
2021年|1時間45分|日本|カラー
公式HP: https://brave-gunjosenki.jp/ 
IMDb: https://www.imdb.com/title/tt11354144/

群青戦記 グンジョーセンキ 1 (ヤングジャンプコミックス)

群青戦記 グンジョーセンキ 1 (ヤングジャンプコミックス)posted with AmaQuick at 2021.03.31笠原 真樹(著)
集英社 (2014-01-17T00:00:01Z)
5つ星のうち3.8
¥660Amazon.co.jpで詳細を見る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中