騙し絵の牙

3月26日(金)公開 丸の内ピカデリーほか全国ロードショー

大泉洋は現代版の無責任男だった

 大手出版社「薫風社」の伊庭社長が急死し、やり手の東松専務が後継社長の座に就いた。新社長はアメリカ留学中の前社長子息が戻ってくるまでのワンポイントリリーフと見られていたが、本人にはそんな殊勝な気持ちはない。伊庭ジュニアが戻ってくるまでに社内改革を断行し、出版業界の構造改革で有無を言わさぬ実績を上げて、自分が社長の座に居座るつもりなのだ。その手始めはまず、赤字が続く雑誌部門の改革。カルチャー誌「トリニティ」編集長の速水輝也は、社長に雑誌の休廃刊をちらつかせられながら企画のテコ入れを進める。一方で文芸誌「小説薫風」の編集部は、そんな社内の空気とは無関係。「小説薫風」こそが薫風社の看板であり、今後も日本文学の世界を支えていくという自負がある。だが東松社長はここにも大なたを振るい、月刊誌だった「小説薫風」を季刊誌に再編成する処断を下した。こうして新人編集者・高野恵は、「トリニティ」に配置換えとなる。

 出版社内部の権力抗争と雑誌編集部のサクセスストーリーを並走させた、サスペンスとミステリーたっぷりのエンタテインメント作品。主人公は「トリニティ」編集長の速水で、彼の部下になる高野は物語の推移を見守る狂言回しだ。社内派閥抗争の中で巧みに世渡りしていく速水の姿は、「サラリーマン映画」の主人公そのもの。速水を演じた大泉洋に「コメディの色が強くてシリアスな役が似合わない」という声もあるようだが、それは違うと思う。この映画はサラリーマン映画の古典である『社長シリーズ』や『無責任シリーズ』、最近なら『釣りバカ日誌』シリーズなどに連なるものなのだ。サラリーマン映画は基本的に喜劇だ。本作もシリアスな味付けをしているものの、本質的には喜劇だと思う。雑誌「トリニティ」を巡って次から次に大事件が起きるなんて、ご都合主義もいいところではないか。このご都合主義は、この映画がコメディだから許せる。大泉洋は植木等です。

 この映画をもっとわかりやすく喜劇に寄せて作れないのが、開放的な昭和高度成長期ではない、閉塞した令和という時代なのだと思う。植木等が無責任男を演じていた時代と違って、今やサラリーマンは憧れの仕事ではなくなっている。大手とはいえ出版社の雑誌編集部なんて、ブラック職場の代表みたいなものではないか。そこで悪戦苦闘する速水の姿も、楽天的でお気軽に見えて悲壮感が漂っている。物語の終盤でそれまでと違う顔を見せる速水の姿と、その後のエピローグが今ひとつ冴えないのは、物語前半の速水が持つ軽やかさと、終盤の重さがうまく対比されていないからだ。前半の速水の軽さは、本当ならもっと軽くてもいい。それでこそ、種明かしの後に社の屋上で高野と語る場面は「いい話」になるのだし、その後同じ場所で速水がコーヒーを叩き付ける場面が生きてくるはず。でもこの映画の前半を軽くできないのが、やはり令和の出版事情のきびしい現実なのだろう。

ユナイテッド・シネマ豊洲(12スクリーン)にて 
配給:松竹 
2020年|1時間53分|日本|カラー 
公式HP: https://movies.shochiku.co.jp/damashienokiba/ 
IMDb: https://www.imdb.com/title/tt11679950/

騙し絵の牙 (角川文庫)

騙し絵の牙 (角川文庫)posted with AmaQuick at 2021.04.02塩田 武士(著), 大泉 洋(写真)
KADOKAWA (2019-11-21T00:00:01Z)
5つ星のうち4.0
¥792Amazon.co.jpで詳細を見る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中