街の上で

4月9日(金)公開 新宿シネマカリテほか全国ロードショー

下北沢を舞台にした等身大のラブコメディ

 下北沢の古着屋で働く荒川青は、付き合っていた彼女から別れを切り出されて納得できない。よりを戻そうと何度も電話をするが、そのしつこさがかえって彼女の気持ちを冷めさせてしまうことに思い至らないのだ。そんな青に、自主映画の監督だと名乗る若い女性が声をかける。自分が今撮っている映画に出演してほしいというのだ。これは遠回しな愛の告白か? 青は古本屋の店員・冬子にお願いして、役作りのための稽古に付き合ってもらう。だが撮影当日、青の芝居はどうにもうまく行かなかった。参加した打ち上げでは、「なんであんな下手くそな素人を使ったんだ」というスタッフの声が、聞くともなしに聞こえてきてしまって居たたまれない。そんな青に話しかけてきたのは、城定イハという若い女性スタッフ。二次会に流れる他のメンバーと別れ、青は誘われるままにイハの部屋を訪れる。いつの間にか打ち解けて、深夜の恋バナに花を咲かせるふたりだったのだが……。

続きを読む