茜色に焼かれる

5月21日(金)公開予定 TOHOシネマズ日比谷ほかロードショー

つまらない男社会へのささやかな反逆

 良子の夫は交通事故で死んだ。自転車で横断歩道を渡っているとき、突っ込んできた車にはねられたのだ。加害者は85歳の元官僚だが、認知症を理由に逮捕すらされなかった。それから7年後。天寿を全うした加害者の葬儀に、喪服姿の良子が現れる。「加害者の顔をもう一度見たかった」と言う良子に、遺族は「悪質な嫌がらせだ」と罵声を浴びせて葬儀場からつまみ出す。13歳の息子・純平には、そんな母の行動がちょっと理解できない。夫を亡くした後もカフェを経営して純平を育ててきた良子だが、コロナ禍で店は閉店。今はスーパーの生花コーナーでアルバイトをしている。だがこれだけでは生活することができない。良子は純平に内緒で、ピンサロの風俗嬢としても働いていた。それでも暮らしはぎりぎり。なにしろ良子は、夫の事故の賠償金は一切受け取らず、夫が愛人に生ませた子供の養育費をいまだに払っているのだ。ある日良子は、中学時代の同級生と再会する。

続きを読む

愛について語るときにイケダの語ること

6月25日(金)公開予定 アップリンク吉祥寺

死を前にして表現したかったものとは

 池田英彦は生まれつき四肢軟骨無形成症という難病を患っている。軟骨細胞の異常で手足が短いまま成長せず、「こびと症」と呼ばれることもある病気だ。この病気は生活が不便なこと以外にこれといって問題はないのだが、彼は医者からそれとは別の病気について診断結果を告げられた。難治性のスキルス性胃がんで、既にステージ4になっているという。死を意識した池田は友人の脚本家・真野勝成に声をかけ、自分自身についての映画を作るよう持ちかける。素材は真野が撮影する池田のインタビュー、池田が自分で撮影するセルフ動画、池田が自ら撮影した風俗店での「はめ撮り動画」、そしてフィクションとして撮影される「理想のデート」のドラマだった。ドラマパートの撮影は順調に進み、はめ撮り素材も着々と集まっている。だがその間にも、池田の病状はどんどん悪化して行く。一度は手術で胃を切除することが決まったが、もはやそれさえできない状態になっていた。

続きを読む