モータルコンバット

6月18日(金)公開 全国ロードショー

真田広之と浅野忠信が大活躍するアクション映画

■あらすじ

 総合格闘家のコール・ヤングは、試合で本来の実力を発揮できない低迷が続いていた。妻と娘は自分を信じてくれているが、それが結果に結びつかないのはもどかしい。ある試合の帰り道、コールは何者かの集できを受ける。その窮地から彼を救い出してくれたのが、米特殊部隊出身のジャックスだった。彼は上官ソニア・ブレイドのもとにコールを送り出す。

 ソニアの隠れ家にたどり着いたコールを待っていたのは、ソニア本人と彼女に捕らえられた傭兵カノウだった。コールはそこで、人間界と魔界の戦い「モータルコンバット」について話を聞かされる。にわかには信じがたい話だが、コールの胸に刻まれているドラゴン型のあざと同じものを、ジャックスやカノウも持っているのだ。

 コールは魔界族との戦いのため、人間界の守護神ライデンに導かれて魔界族との戦いの場へと向かう。そこで彼を待っていたのは、コールの祖先も関わる神話めいた物語だった……。

続きを読む

キャラクター

6月11日(金)公開 全国ロードショー

菅田将暉主演の和製サイコサスペンス

■あらすじ

 マンガ家志望の山城圭吾は、有名マンガ家のアシスタントをしながら、デビューを目指して作品の持ち込みを続けている。画力や構成力には非の打ち所がない。だがキャラクターの弱さが、圭吾の作品を凡庸なものにしていた。クライムサスペンス指向なのに、犯人像にとがった魅力がないのだ。圭吾はマンガ家への道を諦めかけていた。

 だが勤め先のマンガ家からスケッチを依頼されて夜の街に出た圭吾は、そこでたまたま一家四人殺害事件の現場に出くわす。現場は血の海。そこから立ち去る若い犯人と、圭吾は確かに目が合った。だが圭吾はそのことを警察に黙っていた。この犯人を主人公に、事件をモデルにしたマンガ作品を描きたいという衝動が勝ってしまったのだ。

 1年後、山道で起きた運転手家族四人殺害事件の現場を調べていた清田刑事は、現場の状況があるマンガに瓜二つだと気付く。それは山城圭吾の「34(さんじゅうし)」という作品だった……。

続きを読む