大怪獣ガメラ

7月16日(金)より「妖怪特撮映画祭」
角川シネマ有楽町、ところざわサクラタウンほか全国順次公開

人間が科学を信じていた時代の怪獣映画

■あらすじ

 北極を飛行する国籍不明機を追って、アメリカ空軍機が出撃。やがて戦闘状態となって、国籍不明機は北極の大氷原に墜落する。閃光ときのこ雲。国籍不明機が搭載していた核弾頭が爆発したのだ。これを近くのエスキモー部落から目撃したのは、日本の生物学者・日高教授らの調査隊だった。

 調査隊は調査船に戻ろうとするが、その直前、核爆発のクレーターから出現した巨大なカメが砕氷船を破壊する。エスキモーの長老は、その怪獣を「ガメラ」と呼んだ。ガメラは姿を消すが、その後世界のあちこちで、謎の飛行物体が目撃されるようになる。

 襟裳岬で灯台守をしている桜井家。小学生の息子・俊夫は、飼っていた亀を捨てた海でガメラに出会う。破壊された灯台からガメラに救出された俊夫は、ガメラを自分の味方で友達だと思うようになった。だがあらゆるエネルギーを体内に取り込むガメラは、発電所や都市を次々に襲う。政府はガメラの駆除に乗り出した。

■感想・レビュー

 東宝の『ゴジラ』シリーズに対抗して製作された、大映の人気怪獣シリーズ第1弾。『ガメラ』シリーズは本作を皮切りに、1971年まで年1本のペースで製作され、その後1980年に『宇宙怪獣ガメラ』を製作して一度終了。ここまでの8本を、旧大映が作った昭和版ガメラと呼ぶ。監督はすべて湯浅憲明。

 シリーズは1995年に、金子修介監督の手でリブートされる。『ガメラ 大怪獣空中決戦』を皮切りに、1999年までに3本を製作。これは「平成ガメラ三部作」と呼ばれている。その後ガメラは2006年に再度リブートして『小さき勇者たち〜ガメラ〜』が製作されているが、現時点ではこれが最後のガメラ映画になっている。

 国際的にも怪獣王の地位を不動のものとしているゴジラに比べると、ガメラは少し格下の感じがする。だがゴジラに対抗できる唯一の怪獣映画シリーズがガメラであり、ゴジラにとっての真のライバルは、キングギドラでもメカゴジラでもなくガメラだと言っていいと思う。

 あらゆるシリーズ映画がそうであるように、その魅力の多くは1作目にほとんど含まれている。本作で強調されているガメラのコンセプトは「無敵」だ。あらゆるエネルギーを体内に取り込んで自らの食料としてしまうガメラは、通常兵器はもちろんのこと、核攻撃でも倒すことはできない。その存在に手を焼いた人間たちが考えた対ガメラの最終対抗手段は、ガメラを遠く火星に向けたロケットに乗せて宇宙に追放してしまうことだった。人間はガメラに勝利できないのだ。

 ゴジラが戦争や第五福竜丸事件という「影」を背負っていたのに対して、ガメラにはそうした部分がほとんど感じられない。人類文明を蹂躙していくガメラに対して、人間たちは頭脳と科学技術で対抗する。ここで前提とされているのは、科学に対する無邪気な期待感だ。この時代は「博士」という肩書きの人物が、地球を救うヒーローになれたのだ。

角川シネマ有楽町にて 
配給:KADOKAWA 
1965年|1時間18分|日本|白黒|スコープサイズ 
公式HP: https://cinemakadokawa.jp/yokaitokusatsu/ 
IMDb: https://www.imdb.com/title/tt0059080/

大怪獣ガメラ [Blu-ray]

大怪獣ガメラ [Blu-ray]

posted with AmaQuick at 2021.07.27船越英二(出演), 山下洵一郎(出演), 姿美千子(出演), 霧立はるみ(出演), 左ト全(出演), 浜村純(出演), 湯浅憲明(監督)
角川エンタテインメント (2009-07-24T00:00:01Z)
5つ星のうち3.9
¥2,525 (中古品)Amazon.co.jpで詳細を見る

大怪獣ガメラ」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: これが「コロナ疲れ」でしょうか? | 新佃島・映画ジャーナル

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中