この世界に残されて

2020年12月18日(金)公開 シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー

ホロコーストを生き延びた人々

映画『この世界に残されて』のチラシ画像

■あらすじ

 1948年、ブダペストの病院で働く42歳の婦人科医アルドのもとを、16歳の少女クララが診察に訪れる。彼女にまだ生理がないこと、伯母のオルギが心配してのことだった。思春期の成長には個人差があるので、これ自体はさして心配には及ばない。だがアルドには、彼女の妙にふて腐れたような態度が印象に残った。

 数ヶ月後、街でアルドに再会したクララは、押しかけるようにして彼の自宅にやって来る。そしてここから、アルドとクララの疑似父子関係がはじまる。ホロコーストで家族をすべて失った二人は、心の傷を埋めるようにして接近していくコトになく。クララの扱いに手を焼いていたオルギは、クララの保護者役を買って出たアルドを歓迎する。だがそんな二人の関係は、周囲の誤解を受けかねない危ういものだった。

 戦後のハンガリーでは、ナチスに代わってソ連の支配力が強まっていく。アルドの周囲にも、秘密警察の手が伸びつつあった……。

■感想・レビュー

 第二次大戦中にナチスドイツが行ったホロコースト(ユダヤ人絶滅計画)では、およそ600万人が犠牲になったと言われる。そのうち300万人はポーランドのユダヤ人。ハンガリーも国内のユダヤ人を収容所に送り、50万人以上が犠牲になったとされる。本作はハンガリーのホロコーストを生き延び、日常を取り戻そうとする人々の物語だ。

 だがナチスから解放された戦後のハンガリーも、決して平和な国になったわけではない。映画は1948年からスタートするが、この前年にはソ連の支援を受けたハンガリー共産党がクーデターを起こし、1949年にはハンガリー人民共和国というソ連の衛星国家になってしまった。国内では秘密警察による粛清の嵐が吹き荒れ、反体制派や反社会的な分子と目された人間は逮捕されて、強制収容所へと送られるようになる。一難去ってまた一難。ナチスが去って、共産党がやって来たのだ。

 本作はこうしたハンガリーの現代史を背景にしているため、そのあたりの知識がないと、映画の中で何が起きているのかわかりにくい部分もある。僕は知識なしに映画を観ていたので、よくわからない部分も多かった。

 おそらくハンガリー人には常識なのだろうが、このあたりは日本に映画を紹介する時点で、何かしらの補足説明が必要だったかもしれない。映画の冒頭に説明のタイトルを入れてもいいし、映画の結末部分にも少し説明がないと、この映画のアイロニーがわからないのではないだろうか。

 ただしこれは「歴史」を描いた映画ではなく、「歴史」を背景にした人間ドラマだ。あまり歴史解説に偏ってしまっても、映画のテーマを取り違えることになってしまう。このあたりは、歴史を扱った映画を観るときの難しいところだ。

 アルドを演じたカーロイ・ハイデュクの好演が光る。クララ役のアビゲール・セーケも悪くないが、映画の最後に見せるハイデュクの悲しげな笑顔が心に残った。

(原題:Akik maradtak)

飯田橋ギンレイホールにて 
配給:シンカ 
2019年|1時間28分|ハンガリー|カラー|2.35:1 
公式HP: https://synca.jp/konosekai/ 
IMDb: https://www.imdb.com/title/tt9081558/

図説 ハンガリーの歴史 (ふくろうの本/世界の歴史)

図説 ハンガリーの歴史 (ふくろうの本/世界の歴史)

posted with AmaQuick at 2021.09.15南塚 信吾(著)
河出書房新社 (2012-03-20T00:00:01Z)
5つ星のうち3.9
¥7,103 (コレクター商品)Amazon.co.jpで詳細を見る

この世界に残されて」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 自転車で新橋の試写室へ | 新佃島・映画ジャーナル

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中