なれのはて

12月18日(土)公開予定 新宿K’s cinemaにてロードショー

男たちの流れ着いたフィリピンは天国か地獄か

映画『なれのはて』のチラシ画像

■あらすじ

 嶋村正は元警察官。フィリピーナに貢いだ果てに、離婚してフィリピンで仕事をすることに。だが脳梗塞で倒れて失業。今は偽装結婚の相手から、わずかな金を与えられて暮らしている。

 安岡一生は仕事でフィリピンにやってきて、そのまま居ついてしまった男だ。マニラで日本人向けのガイドとして細々と仕事をしながら、事実婚のフィリピン人女性と暮らしている。

 谷口俊比古は元ヤクザだという。日本で事件を起こしてフィリピンに逃れ、流れ流れて行き着いた路上生活。そこで現地の人たちに助けられ、今では自転車屋の軒先に居候中だ。

 平山敏春は離婚後にフィリピンパブにはまり、その後は知人に誘われフィリピンへ。だが知人に金を持ち逃げされ、今は零細な仕事をしながら妻や子供たちと暮らしている。

 本作は「困窮邦人」と呼ばれることもある男たちの姿を、フィリピンのスラム街の奥まで数年がかりで追いかけたドキュメンタリー映画だ。

続きを読む