カメラを止めるな!

6月23日(土)公開 新宿K’s cinema、池袋シネマ・ロサ

この映画のヒットが事件である!

 元浄水場だという古びた廃墟で、低予算ホラー映画の撮影が行われている。突然現れたゾンビに襲われるというありきたりの内容だが、監督は主演女優の演技が気に食わずに何度もダメ出し。ひたすらリアルな本物の恐怖を求める監督は、激しい演技指導で俳優たちを追い込んで行った。それこそがもはや狂気。あまりの熱気に、出演者もスタッフも正直ドン引きだ。だがその撮影隊に、本物のゾンビが襲いかかる。じつはこの廃墟には、ある噂があった。旧日本軍がこの施設を使って、死体を蘇らせる人体実験を行っていたというのだ。映画の撮影スタッフは次々にゾンビに感染するが、その中で狂喜乱舞しながらカメラを回し続ける監督の姿があった。「これこそが本物だ。これが本物の恐怖なんだよ!」。監督はこの廃墟に関する噂を知って、あえて撮影場所に選び、死者を蘇らせる血の儀式でゾンビを招き寄せたのだ。だがこれは、この物語のほんの始まりに過ぎなかった……。

続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛

8月31日(金)公開 全国ロードショー

韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』の日本版リメイク

 母の見舞のため病院を訪れた奈美は、同じ病院に入院している高校時代の親友・芹香と20年ぶりに再開する。だが芹香は末期がんに冒され、医者から余命1ヶ月を宣告されていた。「あの頃の仲間に会いたい。SUNNYのみんなに!」。20年前、淡路島から東京に転校してきた奈美を、仲間に加えてくれたのは芹香だった。仲間たちのリーダー格で、誰からも慕われていた芹香。その芹香の、ひょっとしたら生涯最後の頼みを、断るわけにはいかない。母校を訪ねた奈美は、恩師のつてで仲間のひとり梅の行方を突き止める。だがそこから先は打つ手なし。奈美と梅は興信所の探偵を雇って、SUNNYの残り3人の仲間を探し始める。見つかったのは裕子だった。高校時代はガラの悪かった彼女だが、今では裕福な医者の妻の座に座ってセレブ夫人になっている。だが奈美や梅の顔を見れば、20年の時はあっという間に消え去る。彼女もまた、人に言えない問題を抱えていた。

続きを読む

インクレディブル・ファミリー

8月1日(水)公開 全国ロードショー

ピクサーの人気アニメに14年ぶりの続編

 銀行を襲った怪人アンダーマイナーとの戦いで街を破壊したMr.インクレディブルは、世間から大々的なバッシングを受けることになった。そもそもこの世界では、ヒーローの活動は非合法。それまで多少なりとも大目に見られていたヒーローたちの活動は、この一件以来完全に禁じられてしまった。だが捨てる神あれば拾う神あり。大実業家のウィンストン・ディヴァーが、ヒーローたちを再び表舞台で活躍させるためスポンサーに名乗り出たのだ。必要なのは大衆の支持と政治家の後押し。マーケティングの天才であるウィンストンは、あえてMr.インクレディブルではなく、彼の妻イラスティガールを大々的に売り出すことに決めてこれが大当たり。しかし妻のヒーロー活動中に慣れない家事や子供の世話をすることでMr.インクレディブルは、寝不足とストレスでフラフラ状態になる。そんな彼らの新しい敵は、テレビを使って人を操るスクリーンスレイヴァーだった。

続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト

8月3日(金)公開 全国ロードショー

アクション! アクション! そして、アクション!!

 何者かに盗み出された3個のプルトニウムを取り戻すため、イーサンとMIFのチームが動き出す。プルトニウムが核テロリストの手に渡れば、世界は破滅の危機を迎えるからだ。だが重要な取引現場で、イーサンは何者かにまんまとプルトニウムを強奪されてしまう。事件には、かつてイーサンたちによって壊滅させられたシンジゲートの生き残り「アポストル」たちが関与しているらしい。IMFだけでは事態解決が覚束ないと見たCIAは、イーサンのお目付役としてエージェントのウォーカーを同行させる。イーサンはプルトニウム取引のキーマンであるジョン・ラークに成りすまそうとするが、現場の混乱からラーク本人を射殺してしまう。だが用心深いラークの顔を知っている人間は、じつはほとんどいない。イーサンは堂々とラークに成りすまして、取引の仲介者であるホワイト・ウィドウと接触することに成功。だが彼はそこで、アポストルたちの真の目的を知らさる。

続きを読む

雨に唄えば

7月20日(金)公開 午前十時の映画祭9

映画愛にあふれる傑作ミュージカル映画

 1927年のハリウッド。映画スターのドン・ロックウッドは、相手役リナ・ラモントとのコンビで何本ものヒット作を世に放ち、今また新作『闘う騎士』の製作に突入していた。世間はドンとリナの交際の行方にやきもきしているが、これはスタジオ宣伝部の作った広告用のエピソード。ドンが目下夢中になっているのは、数ヶ月前のパーティで出会ったキャシーというダンサーだった。キャシーは撮影所のエキストラとして働いているところでドンと再会し、ふたりは交際をスタートさせる。しかしハリウッドにはトーキー映画の革命が押し寄せていた。『闘う騎士』も急遽トーキーで製作されることになった。技術的な問題を乗り越えて、何とか映画は完成。しかしリナの舌足らずな台詞回しとキーキー声で、試写会場は爆笑の渦に包まれる。これが公開されたら身の破滅。しかしそこで、ドンやキャシーは画期的なアイデアを思いつく。リナの台詞をキャシーが吹き替えるのだ!

続きを読む

椿三十郎

7月6日(金)公開 午前十時の映画祭9

これが黒澤時代劇の中ではナンパーワン!(個人の意見です)

 とある城下町。藩主が江戸出府中の城内で、次席家老黒藤や竹林による汚職が行われていた。これを知った若い侍たちは、城代家老に意見書を突きつけるが相手にされない。彼等は大目付の菊井に不正を訴えたが、じつは菊井こそがこの悪事の黒幕だった。菊井は若侍たちを騙して一網打尽にするよう配下に命じ、同時に不正の秘密を知る城代家老を捕らえた。そんな中、たまたま若侍たちと出会った凄腕の浪人がひとり。彼は機転を利かせて菊井の手下から若侍たちを救い、屋敷に軟禁された城代家老の奥方と娘を救出することに成功する。あとはどうやって城代を救い出すかだ。菊井の配下にいる室戸という男は、巧みな頭脳プレイで見えざる城代派の動きを牽制する。一方で自ら「椿三十郎」と名乗る浪人も知恵を巡らし、若侍たちと共に城代奪還に向けて動きまわる。だがことあるごとに若侍たちに悪態を付き、傍若無人に振る舞う浪人に対し、若侍たちの一部は反発を強める。

続きを読む

ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー

6月29日(金)公開 全国ロードショー

肝心の若きハン・ソロに魅力なし

 銀河帝国の支配下にある辺境の惑星コレリア。この惑星に生まれたハンとキーラは、スラム街の顔役の下で、詐欺やこそ泥のような仕事をして暮らしてきた。ハンの夢は恋人のキーラとこの星を抜け出し、宇宙一のパイロットになること。そんなハンの前に、千載一遇のチャンスがやって来る。顔役の目を盗んで、高価なコアクシウム燃料をちょろまかすことに成功したのだ。これで宇宙港の係官を買収し、まんまと通関ゲートをくぐったハン。しかしキーラは警備員に捕まってしまった。ハンは「いつか必ず彼女を迎えに来る!」と誓い、パイロットになるため帝国軍に志願入隊。だが意に反して、送られた先は帝国軍の歩兵部隊だった。そこで出会ったのが、士官に化けて戦場から貴重物資を盗み出すベケット一味と、ウーキー族のチューバッカ。ハンはチューバッカと共にベケット一味に合流し、何とか戦場を脱出。ここから若きハン・ソロの大冒険がスタートするのだった……。

続きを読む