無知の知

11月1日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次ロードショー!

ひとりの無知な男が聞いてみた。あのときのこと、これからのこと。

無知の知

私は私自身が「原発」について「何も知らない」ということを知っている。だからこそ聞いて見たかった。そして福島に行ってみなければならなかった。

2011年の大震災、そして原発事故以降、監督・石井朝也は「原発」に疑問を持った。自分の目で確かめるため福島の人々や震災直後の混乱した鑑定と福島第一原発の状況を知る当時の内閣関係者のインタビューを決行。そして「原発って何?」と原子力工学の第一人者に聞き、「新しいエネルギー」について太陽光発電関係者に尋ねる。そこから見えてくるのは、それぞれの立場から描き出される日本の未来の設計図。そしてそれぞれの正義。
「何しに来た!」と怒られたり、「不勉強な」と呆れられたりするものの、歩みを止めない、恐いもの知らずの“無知な男”石井監督、その突撃インタビューの記録。

※試写状はいただきましたが、試写会に行くことができませんでした。

続きを読む

ポイントブランク 〜標的にされた男〜

11月中旬ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー

なぜ、俺を嵌めた――

ポイントブランク 標的にされた男

突然“標的”にされた男たちの、生き残りをかけた究極の36時間が始まる

カンヌ国際映画祭も認めた、韓国ノワールの最高峰! 極限の駆け引きが、世界を虜にした――

 第67回カンヌ国際映画祭“ミッドナイト・スクリーニング”で上映され、オリジナル作品『この愛のために撃て』の監督フレッド・カヴァイエも“オリジナルよりも素晴らしい脚色! すごく興奮した”と大絶賛。カンヌでの評判を受け、すでにドイツ、トルコ、スイス、南米などでの上映が決定。まさに、世界も認める韓国ノワールの傑作が誕生した。

※試写状は頂いていましたがうっかり見逃してしまいました。

続きを読む

シャトーブリアンからの手紙

10月 シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開!!

あなたに見せたかった。微笑みあえる明日を。

シャトーブリアンからの手紙

1941年、ナチ占領下のフランス。
1人のドイツ将校の死に、ヒトラーは150人の人質の死を要求した——。
『ブリキの太鼓』の名匠シュレンドルフ、13年ぶりの日本公開作。

 1941年10月20日、ナントの街で1人のドイツ将校が暗殺される。ヒトラーは即座に、報復として、収容所のフランス人150人の銃殺を命令。そしてシャトーブリアン収容所から選ばれた27人の人質の中に、わずか17歳の少年ギィ・モケがいた。彼はその後、フランス人にとっての“ゾフィー・ショル”(『白バラの祈り』)と呼ばれ、伝説となる。

※試写状はいただきましたが映画を観に行くことができませんでした。

続きを読む

ガンズ&ゴールド

11月1日(土)よりシネマサンシャイン池袋他にてロードショー

ユアン・マクレガーが極悪に染まる!!

ガンズ&ゴールド

悪の華が乱れ咲き、究極の駆け引きが展開する
ノンストップ・クライム・サスペンス!

 欲望が渦巻く犯罪にまみれた闇社会。誰もが欲に溺れ、金塊を独り占めしようとする中、常に数歩先を読んで立ち回り、相手の心理を巧みに操るあまりにも危険な男ブレンダンと、彼を師事する若者JR、そして裏社会を牛耳るロシアン・マフィアとの壮絶な心理性[サバイバル・ゲーム]が始まる——。

※試写状はいただきましたが映画を観に行くことができませんでした。

続きを読む

ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE2 サイキック・ラブ

10月17日(金)ロードショー

さらば、川島省吾——
命を賭けたアドリブ頂上決戦の火ぶたが今切られる!

ゴッドタン キス我慢選手権2 サイキック・ラブ

生涯最高のキスだった これ以上気持ちいいキスは二度とできないと思う。— 劇団ひとり

 土曜深夜に放送されているテレビ東京の人気番組「ゴッドタン」。なかでも熱狂的な支持を得ているのが「キス我慢選手権」。素人がセクシー女優からのキスの誘惑にただただ耐え続けるという企画において、劇団ひとりはキスの誘惑に耐えるどころか、驚異的なアドリブ力と憑依型の演技力でオリジナルストーリーを壮大に作り上げ、その才能をいかんなく発揮しました。彼のパワーはとどまるところを知らず、昨年テレビの枠を超えスクリーンに降臨!「キス我慢選手権 THE MOVIE」は満員続出のスマッシュヒットを記録し、このたび早くも第二弾の公開が決定しました。

※試写状はいただいたのですが観に行くことができませんでした。

続きを読む

ランナーランナー

11月より、TOHOシネマズシャンテ他全国ロードショー

タイムリミットは48時間。
カジノ王とFBIを、騙して逃げろ——

ランナーランナー

 300億ドル。日本に先んじて2012年から合法化が始まった米国オンラインカジノの年間収益額だ。そこで実際に起きたオンラインポーカーの不正事件から着想を得て、一本の映画が生まれた。カジノ王に操られ、FBIからは追われるハメになったある学生の逆転劇を描くギャンブル・エンターテイメント『ランナーランナー』である。

※試写状はいただいていましたが観に行くことができませんでした。

続きを読む

刺さった男

11月22日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

崖っぷちの男が挑む、前代未聞の一発勝負

刺さった男

 言わずと知れた芸術と情熱の国スペイン。映画市場においても希代の才能を生み出してきたこの国は、極めてユニークな映画の産地として名高い。そんなスペイン映画界で今、驚異的な傑作&快作を連打している型破りなフィルムメーカーがいる。その名もアレックス・デ・ラ・イグレシア。俗に言う“天才と狂気は紙一重”なる表現が、これほどふさわしい監督にはそうそうお目にかかれるものではない。

※試写状をいただいて『スガラムルディの魔女』は観たんですが、『刺さった男』は都合が付かず観られませんでした。残念。

続きを読む