パラサイト 半地下の家族

1月10日(金)公開 TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

これは現代版『天国と地獄』だ

 低所得者が多く住む裏町で、家賃の安い半地下の部屋に住むキム一家は、家族全員が失業中だ。そんな中、浪人したまま定職にも就かないでいる長男ギウに、高校時代の友人が紹介してくれたのが、家庭教師のアルバイトだった。もともとその友人のバイト先だったのだが、急きょ留学が決まって後釜にギウを紹介したのだ。数日後、ギウが向かったのは高台の高級住宅地。高名な建築家が設計したというパク家の豪邸で、ギウは女子高生ダヘに英語を教えることになった。その家には小学生の息子ダソンもいて、両親は絵を教える家庭教師を探しているという。ギウは姉のギジョンを海外から帰ったばかりの美術療法士に仕立て、同じパク家に雇わせることに成功。さらにギジョンはトリックを使って一家の主人が雇っていた運転手を解雇させ、架空の運転手派遣会社を介して父ギテクを新しい運転手として雇わせる。残るは母チュンスクを雇わせる番だが、これは少し手間がかかった。

続きを読む

家族を想うとき

2019年12月13日(金)公開 ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

普通の人々を縛る見えないシステム

 長年建築労働者として働いてきたリッキーは、妻や子供たちに少しでも余裕のある暮らしをさせてやりたいと一念発起し、地元の運送会社と配達ドライバーの契約を結ぶ。仕事用に車を購入するのは痛い出費だが、頭金は訪問看護の仕事をしている妻アビーの車を売って用立てた。しかし車を手に入れたことで、リッキーは一国一城の主だ。仕事は朝7時から夜9時まで続く14時間勤務。仕事はきついが、家族のことを思えばがんばれる。だが家族のために始めた仕事なのに、家族と過ごす時間はほとんどない。とくに長男が反抗的で手が付けられない。運送会社の担当者は、ことあるごとに契約ドライバーから罰金を取り立てる。「あなたは従業員じゃない。独立事業者だ。互いに対等な立場で交わした契約がある。問題が起きてもうちは知らない。それはあなたの自己責任だ」。配達の仕事をはじめてから、リッキーの家族は少しずつ歯車が噛み合わなくなってくるのを感じていた。

続きを読む

エクストリーム・ジョブ

1月3日(金)公開 シネマート新宿ほか全国ロードショー

序盤はユルいが中盤からはすごく面白い

 警察麻薬課のコ班長チームは、最近これといった成果も上げられないままチーム解体の危機に瀕していた。大物テッド・チャンを取り逃がしたのも大きな痛手だ。そんな折も折、署内のライバル班から耳寄りな情報が届く。麻薬組織の大物イ・ムベが帰国して、再び大きな取引がありそうなのだ。コ班長チームはイ・ムベの事務所前にある唐揚げチキン屋から張込みを続けるが、店が閉店すると聞いて大慌て。「それなら俺たちが店を買う!」。班長の退職金を前借りして店を買い取ったが、営業しないと相手に怪しまれてしまう。そこで形式的に唐揚げ屋として営業を始めるのだが、どういうわけか売り出したチキンが大ヒット。開店前から大行列ができる繁盛店になってしまった。朝から晩まで厨房と食卓を切り回し、これでは本業が刑事なのか唐揚げ屋なのかわからない。客を減らそうと大幅値上げをすれば、この「高級化路線」で店にはさらに客が殺到するようになってしまった。

続きを読む

ジュマンジ/ネクスト・レベル

12月13日(金)公開 全国ロードショー

前作のスタッフとキャストが再結集!

 ビデオゲーム「ジュマンジ」の世界で、4人の高校生たちが冒険を終えてから3年。冒険をきっかけに恋人同士になったスペンサーとマーサだったが、スペンサーはひとりニューヨークの大学に進学して遠距離恋愛。彼女や仲間のSNSを見ながら、ひとりイケてない自分に引け目を感じていた。冬休み。久しぶりに仲間が集まって話に花を咲かせようと約束したものの、スペンサーは彼らと会うのに気後れしていた。実はマーサとも、ここ何ヶ月か上手く行っていないのだ。現実から逃れたいスペンサーは、再びひとりでゲームの世界へ……。一方、スペンサーが約束の場所に現れないことを気にする仲間たちは、彼の家に様子を見に行くことにする。そこで見つけたのは電源の入ったゲーム機と、放置されたスペンサーの荷物だった。ゲームから単独で脱出することは不可能。仲間たちは再びゲームの世界に戻ることに決めたのだが、ここで誰も思ってもいない出来事が起きてしまう。

続きを読む

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け

12月20日(金)公開 全国ロードショー

長い長い物語がとうとう終わる

 シスの寺院への道しるべとなるウェイファインダーを手に入れたカイロ・レンは、星図にない惑星エグゼゴルにあるシスの寺院でパルパティーンに出会う。パルパティーンは秘かにスターデストロイヤーの大艦隊を組織して最後の大決戦を行おうとしていたのだ。レイはレンの行方を追おうとするが、その手掛かりとなるナイフには翻訳を禁じられた古代シス語でメッセージか書かれていた。レイたちはC-3POの記憶を一時消去するという乱暴な手段で、メッセージを解読することに成功。惑星ケフ・ビァでウェイファインダーを入手したが、そこに現れたレンに破壊されてしまう。レイはレンと対決して彼のウェイファインダーを奪い、一人エグゼゴルに向かう。その航跡を追って、レジスタンスの艦隊もエグゼゴルへ。そこで待ち構えている、パルパティーンと大艦隊。ジェダイの心を取り戻したレンもレイと合流。こうして銀河の命運を賭け、雌雄を決する最後の戦いが始まる。

続きを読む

男はつらいよ50 お帰り 寅さん

12月27日(金)公開 全国ロードショー

満男と泉の物語にピリオドを打つ完結編

 脱サラして小説家になった諏訪満男は、病気で亡くした妻の七回忌法要のため実家の柴又に戻ってくる。久しぶりに懐かしい顔が集まって思い出すのは、以前はこうした場の中心になっていた伯父さんのことだ。テキ屋をしていた寅次郎伯父さんは、惚れっぽくって、人情家で、面倒見がいい親分肌で、でもひがみっぽくて、すぐ怒って、いつも全国をふらふら飛び回って、家族に心配ばかりかけていた。でも満男はそんな伯父さんが大好きだったのだ。書店で行われたサイン会で、満男は久しぶりに懐かしい人に再会する。高校時代に付き合っていた初恋の相手・泉だ。泉は20年ほど前にヨーロッパに渡り、現地で家庭を持ち、今は国連関連の職員として世界中を飛び回っている。満男は泉を神保町のジャズ喫茶に連れて行く。店の女主人は、伯父さんの恋人だったリリーさんだ。「リリーさんはどうして伯父さんと結婚しなかったの?」。満男と泉の思い出をたどる旅は続いていく。

続きを読む

カツベン!

12月13日(金)公開 全国ロードショー

映画史に材を採った笑えないコメディ

 大正時代初期。当時の人々を夢中にさせていたのは、何と言っても活動写真。関西のとある町に、活動のロケ隊がやって来る。主演は「目玉のまっちゃん」こと尾上松之助。監督は牧野省三。物珍しげに撮影を眺める町の子供たちの中に、俊太郎と梅子もいた。撮影からしばらくして活動の上映小屋に入り込んだ二人は、映画の中に自分たちが映り込んでいるのに大興奮。「俺は活動弁士になりたい」「私は映画に出て芝居をしたい」と夢を語り合う二人。それから十年。俊太郎は偽弁士として泥棒の片棒を担ぐ日々だ。だが警察の出動で一味の首領が逮捕された後、俊太郎は泥棒から足を洗って、憧れの活動弁士を本気で目指すことに決めた。雑用係としてもぐり込んだ青木館には、往年のスター弁士・山岡秋聲がいる。だがこの頃、山岡は酒に溺れてすっかり身を持ち崩していた。青木館を支えている人気弁士は若い茂木。だがライバルのタチバナ館は、茂木を引き抜こうとしていた。

続きを読む