キネマの神様

これは山田洋次監督版の『影武者』だ

映画『キネマの神様』のチラシ画像

■あらすじ

 物心ついて以来、円山歩は父の郷直(ゴウ)にずっと悩まされている。酒好きで、ギャンブル中毒。周囲に借金してはギャンブルに注ぎ込み、不義理を重ねている。娘の歩も協力して一度全部清算したはずだが、再度得体の知れない業者から借金をしているようだ。

 そんな郷直は、かつて映画撮影所で助監督をしていたことがある。いつか監督になり、誰も観たことがないような映画を撮る日を夢見て、ベテラン監督や技師たちの下で修行の日々。そんな彼にとって気を許せる仲間と言えるのは、撮影所の映写技師・寺林新太郎(テラシン)と、撮影所前の食堂「ふな喜」の看板娘・淑子だった。

 ゴウは親友のテラシンが淑子に思いを寄せていることを知り、彼のために一肌脱ごうと決心する。だが本当のことを言えば、ゴウも淑子に好意を持っていたのだ。そして淑子も……。

 再び現代。ゴウのギャンブルと借金に業を煮やした歩と淑子は、ついに強硬手段に出た。

続きを読む

ジャングル・クルーズ

7月29日(木)公開 全国ロードショー

楽しいが新鮮味のないアドベンチャー映画

■あらすじ

 「月の涙」はあらゆる病を治すという不思議な花。16世紀にはスペインの探検家ロペ・デ・アギーレがアマゾン奥地でそれを探し求めたが、花の所在を明かさない原住民を殺戮したのち密林に姿を消した。

 時代は下って20世紀初頭のロンドン。ブラジルのアマゾン奥地に咲く伝説の花「月の涙」を探すため、植物学者のリリー・ホートン博士は王立冒険協会の資料室から古いやじりを盗み出す。だが同じやじりを、ドイツの貴族ヨアヒムも探していた。彼の狙いもまた「月の涙」だ。リリー博士がブラジルに渡ると、ヨアヒムもそれを追ってブラジルに向かう。

 アマゾン側上流にある町、ポルト・ヴェーリョ。そこで観光客向け遊覧船の船長をしているフランクは、リリー博士と博士の弟マクレガーに雇われ、「月の涙」があると伝わる場所を目指してアマゾン川をさかのぼる。それを追うヨアヒムは、ジャングルに眠るアギーレたちをアマゾンの水で復活させた……。

続きを読む

スイング・ステート

9月17日(金)公開予定 TOHOシネマズ日比谷、渋谷シネクイントほか全国ロードショー

選挙をモチーフにした異色のスモールタウンコメディ

■あらすじ

 世界中の人が民主党候補ヒラリー・クリントンの勝利を信じて疑わなかった、2016年のアメリカ大統領選挙。だが勝者は共和党のトランプ候補だった。一敗地にまみれた民主党の選挙チームは、それでも次の選挙に向けて動き始める。

 選挙参謀のゲイリー・ジマーが目をつけたのは、ウィスコンシン州の田舎町・ディアケラン町議会の動画だった。動画サイトでバズった元軍人ジャック・ヘイスティングス大佐のスピーチは、まさに民主党のリベラルな考えにピッタリ。ウィスコンシンは共和党と民主党の勢力が拮抗する激戦州(スウィング・ステート)で、民主党としてはここに確固とした基盤を築きたい。ディアケランはちっぽけな町だが、大佐を新町長できれば全国的にも大きな話題になるはずだ。

 ゲイリーは単独で町に乗り込み、大佐を口説いて選挙への出馬を了承させる。そのとき大佐が突きつけた条件は、ゲイリー自身が選挙運動を仕切ることだった……。

続きを読む

草の響き

10月8日(金)公開予定 新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町/渋谷ほか全国順次公開

佐藤泰志の同名小説を東出昌大主演で映画化

映画『草の響き』のチラシ画像

■あらすじ

 東京での仕事に区切りを付けて、妻と二人で生まれ故郷の函館に戻ってきた工藤和雄。だが新生活を初めて早々に、自律神経失調症になって精神科の治療を受けることになる。和雄は医者から身体を動かすことを勧められ、朝晩近所を走り始めることにした。

 高校生の小泉彰は、札幌から函館に引っ越してきたがまだ学校に馴染めない。バスケ部の同級生から海岸の岩から海に飛び込む度胸試しに誘われたが、じつは彰はまるきりの金槌だ。近くのプールで泳ぐ練習を始めたとき、自分と同じ年頃の高田弘斗に声をかけられる。「俺が泳ぎを教えるから、かわりにスケボー教えてよ」。こうして二人は友達同士になった。

 和雄は走ることにのめり込み、それが生活の中心になる。何があっても朝晩は必ず走る。走る距離は伸び、タイムは縮むのも面白い。仕事は大学食堂で食器洗いのアルバイトを見つけた。自分も仕事をしている妻の純子は、そんな生活に疲れ始めていた。

続きを読む

83歳のやさしいスパイ

7月9日(金)公開 シネスイッチ銀座、シネマカリテほか全国順次公開

真面目で優しい素人探偵の大冒険

■あらすじ

 チリの新聞に奇妙な求人広告が掲載される。「80~90歳の男性募集。経歴・資格不問」。多くの高齢男性が応募する中、雇われたのはセルヒオ・チャミーという83歳の老人。雇用主のロムロは興信所を経営しており、セルヒオには高齢者養護施設への潜入調査員としての仕事が与えられる。

 ロムロに調査を依頼したのは、施設に入居しているソニアの家族。セルヒオは施設に新たな入居者として入り込み、ソニアの周辺を調べて報告しなければならない。

 だが普通の老人をスパイに仕立てるのは、並大抵の苦労ではない。小型カメラや隠しカメラを用意して使い方をレクチャーし、スマホでの電話連絡方法をマスターさせねば仕事にならない。だがもともとまじめな性格のセルヒオは、これらを無事にマスター。施設には体験入居の名目でもぐり込むことに成功する。セルヒオは施設の情報を得るため、ソニアや周囲の人たちと打ち解けて話をするようになるが……。

続きを読む

大怪獣ガメラ

7月16日(金)より「妖怪特撮映画祭」
角川シネマ有楽町、ところざわサクラタウンほか全国順次公開

人間が科学を信じていた時代の怪獣映画

■あらすじ

 北極を飛行する国籍不明機を追って、アメリカ空軍機が出撃。やがて戦闘状態となって、国籍不明機は北極の大氷原に墜落する。閃光ときのこ雲。国籍不明機が搭載していた核弾頭が爆発したのだ。これを近くのエスキモー部落から目撃したのは、日本の生物学者・日高教授らの調査隊だった。

 調査隊は調査船に戻ろうとするが、その直前、核爆発のクレーターから出現した巨大なカメが砕氷船を破壊する。エスキモーの長老は、その怪獣を「ガメラ」と呼んだ。ガメラは姿を消すが、その後世界のあちこちで、謎の飛行物体が目撃されるようになる。

 襟裳岬で灯台守をしている桜井家。小学生の息子・俊夫は、飼っていた亀を捨てた海でガメラに出会う。破壊された灯台からガメラに救出された俊夫は、ガメラを自分の味方で友達だと思うようになった。だがあらゆるエネルギーを体内に取り込むガメラは、発電所や都市を次々に襲う。政府はガメラの駆除に乗り出した。

続きを読む

プロミシング・ヤング・ウーマン

7月16日(金)公開 全国ロードショー

我々は主人公に復讐される側に立っている

■あらすじ

 コーヒーショップで働くキャシーには、奇妙な行動癖がある。夜になると一人で盛り場に出かけ、ヘベレケに酔った振りをして、見知らぬ行きずりの男にお持ち帰りされるのだ。男の家に入っていざコトが始まろうとすると、彼女は自分がしらふであることを明かして男を震え上がらせる。

 ある日彼女の働く店に、学生時代の友人ライアンがやってくる。今は小児科医をしているという彼は、成績優秀だったキャシーが医大を中退してしまったことを残念がる。ライアンの猛アプローチもあって、二人はデートの約束をする。だがこの出会いが、キャシーの過去のトラウマを蘇らせることになる。

 キャシーにはニーナという幼なじみの親友がいた。華やかで社交的な彼女に対して、キャシーはあまり目立たないタイプ。だが二人は成績優秀で共に医大に進学した。二人の前には、輝かしい未来が待っている。だが大学で起きたある事件が、二人の運命を狂わてしまった……。

続きを読む

ザ・ファブル 殺さない殺し屋

6月18日(金)公開 全国ロードショー

堤真一が演じた悪役の奇妙な魅力

■あらすじ

 ボスの命令でとある売春組織のメンバーを次々に始末していく、凄腕の殺し屋ファブル。彼はターゲットを始末した際に現場にいた少女を助けたが、彼女はこの出来事が原因で下半身不随となってしまう。

 それから数年後。殺しの仕事を離れて「普通の生活」をしているファブルこと佐藤明は、公園で下半身麻痺のリハビリをしている佐羽ヒナコに出会う。彼女はかつてファブルの殺しの現場に出くわして少女だった。ヒナコは小さなNPO団体の職員だが、代表の宇津帆という男はNPOや興信所を隠れ蓑にして悪どい仕事を重ねる裏社会の人間だ。

 宇津帆は自分のグループの新しいメンバーとして、元真黒組の井崎という男を引き入れる。彼はヒナコが出会った佐藤が真黒組の社員向け施設に暮らしていることを知り、宇津帆は佐藤が伝説の殺し屋ファブルであることを確信する。

 宇津帆にとって、ファブルは自分の売春組織を壊滅させ弟を殺した仇だった……。

続きを読む

かそけきサンカヨウ

10月15日(金)公開予定 テアトル新宿ほか全国ロードショー

言葉にならない思いを丁寧に描いた青春ドラマ

■あらすじ

 高校生の国木田陽は、もうずいぶん長く母親のいない父娘二人暮らしをしている。ある日、父の直から「恋人ができた」と打ち明けられる。それから間もなく父は再婚し、新しい母となった美子と幼い妹のひなたが一緒に暮らすようになった。

 陽と同じ美術部に所属している清原陸は、心臓の病気があって中学まで打ち込んでいたバスケを卒業と同時に辞めた。父は仕事で世界中を飛び回り、家では母と父方の祖母の三人で暮らしている。ある日、陸は陽に誘われてあるギャラリーで開催されている個展を訪れるのだが……。

 それは陽の母・佐千代の個展だった。画家として活躍している佐千代は、高校生になった陽の顔を見ても我が子だとは気付かない。そのことにショックを受けて、陽はギャラリーを飛び出してしまう。母はまだ幼い自分を置き去りにして家を出てしまった。自分は母に愛されていなかったのではないだろうか? 陽はそんな思いに苦しめられていた。

続きを読む

竜とそばかすの姫

7月16日(金)公開 全国ロードショー

これはディズニー版『美女と野獣』のリメイクだ!

■あらすじ

 高知の田舎町で暮らしている内藤鈴(すず)は、親友の別役弘香(ヒロちゃん)から新しいSNSに招待される。それは「U」という世界最大の仮想現実空間。ユーザーは生体認証機能を使って「As」と呼ばれるアバターを生成し、現実とは別のもう一つの現実を生きることができる。すずは「ベル」というAsを作成。すずは仮想現実の中にいいるときだけ、自分の気持ちを語るように歌うことができた。歌姫ベルの誕生だ。

 ベルの存在は「U」の中で脚光を浴び、膨大な数のフォロワーが付くようになる。そしてとうとう、仮想現実空間の中で彼女のコンサートが開かれることになった。だがそこに現れたのは「竜」と呼ばれる無法者のAs。竜はUの秩序を乱す者としてユーザーたちに憎まれ、同時に一部の者たちのヒーローになっていた。竜はコンサート会場を破壊して逃走する。

 竜の正体は何者か? すずは竜の手掛かりを追って、その隠れ城にたどり着いた。

続きを読む