ラビング 愛という名前のふたり

3月3日(金)公開 TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー

人種差別法と戦ったラビング夫妻の物語

 1958年、バージニア州。恋人ミルドレッドの妊娠したと知った時、リチャードは迷うことなく結婚を申し込んだ。ふたりはワシントンD.C.で結婚の手続きを済ませ、バージニアのミルドレッドの家で一緒に暮らし始めた。だがそれから間もなく、ふたりは逮捕されてしまう。罪状は異人種間結婚禁止法違反だった。ふたりは執行猶予が付くことを条件に罪を認めるが、それは夫婦が生まれ故郷のバージニアを去らねばならないことを意味している。執行猶予期間は何と25年。その間に州内で夫婦が一緒にいれば、再逮捕されて刑務所に送られてしまうのだ。新居はワシントンD.C.。夫婦の間には3人の子供が生まれるが、夫婦揃って故郷に帰ることはできない。田舎育ちの夫婦にとって、D.C.での暮らしはあまりにも窮屈だ。アメリカは公民権運動の時代を迎えている。ミルドレッドは友人の薦めで、司法長官のロバート・F・ケネディに窮状を訴える手紙を書いた。

続きを読む

トリプルX:再起動[IMAX 3D]

2月24日(金)公開 TOHOシネマズ日本橋ほか全国ロードショー

ヴィン・ディーゼルがトリプルXに帰ってきた!

トリプルX:再起動

 人工衛星の制御システムが何者かにハッキングされ、地上に向けて落下する事件が起きた。これに巻き込まれて命を落としたのが、トリプルXチームを率いるNSAの工作員ギボンズだ。衛星のハッキングには世界にひとつしかない「パンドラの箱」と呼ばれる装置が必要だが、問題に対処するためCIA本部で行われていた会議の場からそれが強奪されてしまった。ギボンズの後を継いだマルケは、かつてトリプルXのリーダーだったザンダー・ケイジに装置の奪還を依頼。ザンダーは自分の信頼する仲間に声をかけてあっという間に強奪グループの行方を突き止めると、相手の本拠地に真っ正面から乗り込んでいく。しかしザンダーがそこで知ったのは、強奪グループもまたギボンズに集められたトリプルXのチームだという事実だった。ギボンズが死んだのは不幸な偶然ではない。彼は何かを知って、その解決に動いていたらしい。だが敵にその動きを悟られて殺されたのだ……。

続きを読む

ラ・ラ・ランド[IMAX2D・字幕]

2月24日(金)公開 TOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショー

ミュージカル映画が好きな人は必見!

ラ・ラ・ランド

 女優を目指してハリウッドにやって来たミアだが、チャンスをつかめないまま6年の歳月が流れている。それでも彼女は夢をあきらめない。ハリウッドで成功の女神が微笑むのは、最後まで夢をあきらめない者にだけなのだ。彼女が知り合ったジャズピアニストのセブもまた、時代遅れの夢を追いかける青年のひとりだ。彼が愛するのは古き良き時代のジャズ。いずれは自分の店を持ちたいと願っているが、そこまでの道は果てしなく遠くけわしい。それでも互いに惹かれ合ったふたりは、一緒に暮らすようになる。夢見るふたりの夢のような暮らし。だがそこでセブは、自分たちの現実の生活を振り返ってしまった。ミアとの生活を考えて、気乗りのしない売れ筋のバンドでの活動を引き受けたセブ。「君のためこんなに苦労しているのに!」「それはわたしが望んだことじゃない!」。収入が増えて暮らしに余裕が出始めた矢先、セブとミアの気持ちはすれ違っていくのだった……。

続きを読む

ドクター・ストレンジ(IMAX 3D)

1月27日(金)公開 TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー

めくるめく映像の魔法!

ドクター・ストレンジ

 スティーブン・ストレンジは天才的な腕を持つ脳神経外科医だったが、交通事故で両腕の神経を損傷して外科医としての道を断たれてしまう。再手術を繰り返し、最新の実験的な医療を試みても、かつてのような繊細な指先の動きを取り戻すことはできない。だが彼は「致命的な脊椎損傷から回復した患者がいる」という噂を聞き、その元患者から「カマー・タージに行け」というヒントを得てネパールのカトマンズに向かう。カトマンズで待っていたのは、エンシェント・ワンと彼女の弟子モルドだった。そこでストレンジに示されたのは、世界の常識を超越する魔法の力。そこに大きな希望を見たストレンジもまたエンシェント・ワンに弟子入りする。だがカーマ・タージはこの時、魔法の力を悪用するカエシリウスとの戦いを控えていた。ストレンジはそのための戦士として見込まれ、弟子入りを許されたのだ。暗黒の魔法を操るカエシリウスの手が、カーマ・タージに迫る……。

続きを読む

未来を花束にして

1月27日(金)公開 TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

100年前のイギリスで女性の参政権を求めて戦った人たち

未来を花束にして

 20世紀初頭のイギリス。子供の頃から洗濯工場で働くモーラは、配達の途中で過激な婦人参政権活動家たちのデモに巻き込まれる。当時のイギリスでは女性たちに参政権がなく、社会的な権利もほとんど保障されていない。権利を求める女性たちの声は、政治家たちに無視され、社会からも無視され、マスコミも完全に沈黙していた。活動家たちが時に暴力的な示威行動を起こすのは、自分たちの主張を「社会的な事件」として認知させるための作戦だ。モーラにとってこうした活動は他人ごとだったが、働いている工場で活動家の女性と知り合いったことで変化しはじめる。下院の公聴会で、工場労働の実態を証言することになったのだ。彼女の言葉に、議員たちも深い同情を示す。だが、結果は何も変わらなかった。変わったのは、モーラも活動化の一員として警察にマークされるようになったことだ。モーラは逮捕され、夫とは離婚。子供は奪われ、工場もクビになってしまう。

続きを読む

恋妻家宮本

1月28日(土)公開 TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー

明日は我が身の熟年夫婦コメディ

恋妻家宮本

 中学教師の宮本陽平と妻の美代子は結婚して27年。一人息子の正が結婚して福島に引っ越したことから、夫婦ともに50歳にして初の二人暮らしがはじまった。だがそんな矢先、陽平は部屋の中でただならぬものを見つけてしまう。それは美代子の署名が書かれた離婚届だ。日付はまだ新しい。一体なぜ、こんなものがあるのだ? 青天の霹靂とはまさにこのことで、狼狽しまくる陽平。だがこの事実を妻に突きつければ、彼女の気性からしてその場で「ハイ離婚です」ということに成りかねない。一体どうすればいい。優柔不断な陽平は悩む。同じ頃、陽平が担任を務めるクラスでも家庭訪問がスタート。お調子者でクラスでも人気の“ドン”こと克也の自宅を訪問するのが、陽平にはちょっと気が重い。ドンの母は夫が海外に単身赴任中、不倫相手と交通事故を起こして入院しているのだ。私生活に大きな不安要素を抱えたまま、陽平はドンの家族についても気をもむことになる。

続きを読む

沈黙 ーサイレンスー

1月21日(土)公開 TOHOシネマズ 日本橋ほか全国ロードショー

神は沈黙し、主人公は饒舌に語る

沈黙 ーサイレンスー

 17世紀初頭。キリスト教が禁じられた日本では宣教師たちが海外に追放され、あえて日本に残ろうとした宣教師たちは棄教を迫られ殉教していった。ポルトガルのイエズス会修道会に、フェレイラ神父棄教の知らせが届いたのはそんな時代だった。彼の教え子であるロドリゴ神父とガルペ神父には、そのことがまったく信じられない。ふたりは真相を調べ、孤立した日本のキリスト教徒の信仰を途絶えさせないため日本に向かう。途中マカオで日本人漁師のキチジローと出会い、彼の手引きで長崎の寒村に上陸した神父たちは、そこで潜伏キリシタンたちの素朴で力強い信仰に感動するのだった。だが奉行所の詮議が厳しくなる中で、間もなくふたりは捕らえられてしまう。ロドリゴは牢の中でも日本人キリシタンたちのために神父としての勤めを続けるが、棄教しないキリシタンに対する奉行所の処置は情け容赦が無い。やがてロドリゴの前に、日本人になったフェレイラが現れる。

続きを読む