ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書

3月20日(火)公開 全国ロードショー

スピルバーグが撮ったフェミニズム映画

 1971年6月。ニューヨークタイムズ紙に掲載された政府機密文書にまつわるスクープに、競合紙のワシントンポスト編集部は色めき立った。この文書によれば、当時収拾のめどが立っていなかったベトナム戦争について、アメリカ政府が長年に渡って国民を騙していたことは明白だ。政府はこの報道に対して、機密情報保護やスパイ防止を理由に報道差し止めの裁判所命令を出すが、ワシントンポストはこの間に自分たちも同じ資料を入手し、特オチを一気に挽回しようと考える。だがこのことが、社内に大きな問題を生み出すことになる。当時ワシントンポスト紙は株式の市場公開によって、経営基盤の強化を図ろうとしている真っ最中だった。しかしこの機密文書報道で政府から目をつけられれば、新聞発行に対して様々な妨害を受けるだろう。場合によっては、新聞社は潰れていかねない。社主のキャサリン・グラハムは、社の存亡を賭けた究極の選択を迫られることになる。

続きを読む

グレイテスト・ショーマン

2月16日(金)公開 全国ロードショー

伝説的な興行師の伝記ミュージカル映画

 19世紀半ばのアメリカ。貧しい仕立職人の息子に生まれたP・T・バーナムは、上流階級出身の幼なじみチャリティーと結婚したものの、いつまでも貧しい暮らしから抜け出せないままだった。思いあまった彼は詐欺まがいの手法で銀行から1万ドルを借り、蝋人形や剥製を展示する博物館をオープンさせる。しかしこれもまったく客受けしない。だが娘の言葉にヒントを受けて、彼は博物館で新しいショーを始める。それは小人や巨人、ヒゲ女に毛むくじゃらの男、百貫デブ、黒人兄妹の空中ブランコなど、センセーショナルな話題を振りまく見世物興行だった。ショーは大当たりするが、同時に社会の良識派からの非難も激しくなる。バーナムは自分のショーを上流階級に認めさせるため、一座を引きつれてイギリスのビクトリア女王に謁見。さらにヨーロッパでナンバーワンのオペラ歌手、ジェニー・リンドのアメリカツアーを企画する。しかしこれが大きな落とし穴となった。

続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル

4月6日(金)公開 TOHOシネマズ日本橋ほか全国ロードショー

アドベンチャー映画『ジュマンジ』が新バージョンで再登場!

 1996年。海岸で拾われた古いボードゲームの中から現れたゲームカセット「ジュマンジ」をプレイした高校生が、自宅の部屋から忽然と姿を消した。それから21年後、高校で居残りを命じられた高校生たちの前に「ジュマンジ」は再び姿を現す。ゲームに飲み込まれた4人の高校生たちは、ゲーム中のキャラクターになって現実世界への脱出路を探す。冴えないゲームオタクの高校生スペンサーは、ゲームの中で筋骨たくましい冒険家ブレイブストーン博士に変身。幼なじみの悪友フリッジは博士の間抜けな動物学者に、セルフィー大好きのリア充女子高生ベサニーはチビデブ中年オヤジの考古学者に、地味な女子高生マーサは女性格闘家に変身した。だがこのゲームから出るには、ゲームをクリアするしかないのだ。各人に与えられたライフは3。ゲーム中で3回命を落とせばゲームオーバーになってしまう。4人は手渡された宝石を、目的地まで運ぶことができるのだろうか?

続きを読む

ちはやふる ー結びー

3月17日(土)公開 TOHOシネマズ日本橋ほか全国ロードショー

人気のかるた映画は王道の青春映画だった

 千早・太一・新の3人は高校3年生になった。千早と太一の瑞沢高校かるた部は、2年生の部員ゼロ。このままでは廃部かと思われたが、太一目当ての1年生・菫と、かるた経験者でいきなり凄腕の秋博という新入部員を迎えることができた。一方で福井の高校にひとり進学した新は、団体戦で千早たちと戦うため競技かるた部を創設。多くの経験者を擁するかるた部は難なく地方大会を制し、瑞沢かるた部と戦うため全国大会に出場する。しかし瑞沢かるた部からは受験に専念するため太一が離脱し、残されたメンバーには動揺が広がる。だが、かるたから離れたはずの太一は予備校で講師のアルバイトをする名人・周防に出会う。周防の異次元の強さを目の当たりにして、太一は再びかるたの世界に引き寄せられていく。全国大会決勝戦トーナメント。順当に勝ち上がってきた千早たち瑞沢高校と、新が率いる福井代表の藤岡東高校は決勝戦で雌雄を決することとなったのだが……。

続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル

1月5日(金)公開 TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー

超豪華なキャストに目まいがするような娯楽大作

 いかなる国家や組織にも属さない独立系の諜報組織「キングスマン」。そのメンバーであるエグジーが、元候補生のチャーリーが率いる武装グループに襲撃された。何とかその手を(文字通り)振り切ったエグジーだったが、彼らの目的はエグジー個人への復讐ではなくキングスマンの壊滅。データのハッキングでキングスマンの拠点はことごとく破壊され、生き残ったのは恋人の実家(スウェーデンの王室)を訪ねていたエグジーと、エージェントの名簿に未掲載だったマーリンだけだった。襲撃したのは世界的な麻薬組織「ゴールデン・サークル」の女ボス、ポピーだった。エグジーとマーリンは組織生き残りのため残されたメッセージをたどり、テキサスのウィスキー蒸留所を訪ねる。そこはキングスマン同様の諜報組織「ステイツマン」の本拠地だった。少々手荒な歓迎を受けたエグジーたちだったが、彼らはそこで、死んだと思われていた懐かしい人物と再会することになる。

続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(吹替版)

12月15日(金)公開 全国ロードショー

旧シリーズの継承と訣別を決意した最新作

 ファースト・オーダーの艦隊に総攻撃を受けた反乱軍は、爆撃部隊の犠牲的な活躍もあって辛くも基地を脱出することに成功。しかし敵の大艦隊は脱出した反乱軍の艦艇を執拗に追い、いずれ燃料切れで反乱軍全滅は免れない状況に追い込まれる。戦闘の中でレイア・オーガナ将軍は重症を負い、レジスタンスの指揮はホルド中将に引き継がれる。しかしそれに反発するポー・ダメロンは、起死回生の秘密作戦を練りはじめる。一方、伝説のジェダイマスター、ルーク・スカイウォーカーを訪ねたレイは、すっかり世捨て人のようになっているルークの姿を見てショックを受ける。「ジェダイなど滅びてしまえばいい」とさえ言うルークを何とか説得しようとするレイだったが、ルークは決して首を縦に振らない。彼の態度に幻滅するレイ。だがその間にファースト・オーダーの将軍となっているカイロ・レンとレイの間には、強いフォースが結ぶ不思議な絆が芽生えはじめていた……。

続きを読む

斉木楠雄のΨ難

10月21日(土)公開 新宿ピカデリーほか全国ロードショー

SF好きにはたまらない脱力系ナンセンス爆笑コメディ

 高校1年生の斉木楠雄は、世界にもまれに見る正真正銘の超能力者である。テレバシー、サイコキネシス、透視、瞬間移動、心理操作、時間遡行など、どの能力においても人並みはずれた力を発揮する。しかし残念なことに、その能力は彼を必ずしも幸せにしていない。彼は自宅近くのPK学園高校に普通の高校生として通学し、周囲で起きるトラブルを人知れず解決しながら、目立たぬようにひっそりと暮らすことを好むのだ。そんな努力もあって、学校で彼の超能力を知る者は誰もいない。しかしどういうわけか、彼のことを慕って近づいてくる連中がいる。自称「相棒」の燃堂力、妄想の中で悪の秘密結社と戦っている海藤瞬、熱すぎてウザイ学級委員・灰呂杵志、元極悪ヤンキーの窪谷須亜蓮、そして「おっふ」を求めて斉木に付きまとう学校一の美少女・照橋心美。中でも照橋はやばい、デンジャラス。案の定、彼女のせいで世界は一色即発の危機に見舞われるのだった……。

続きを読む