バイス

** 4月5日(金)公開 TOHOシネマズ日本橋ほか全国ロードショー**

人生は、歴史は、アイロニーに満ちている

 2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ。パニック状態になるアメリカ政府高官たちの中で、それまで目立たなかった一人の男が世界最大の権力を掌握する。その男の名はディック・チェイニー。通常は政権のお飾りでしかないアメリカの副大統領だが、国家の危機的状況の中で、彼は大統領さえ凌ぐ権力を手に入れる。なぜ彼には、そんなことが可能だったのか。そもそも彼は何者なのか? 1960年代。名門イェール大を中退した彼は、野心家の恋人リンに尻を叩かれて別大学を卒業し、やがて政治の世界に足を踏み入れていく。躍進のきっかけになったのは、下院議員ドナルド・ラムズフェルドのスタッフになったこと。ラムズフェルドはチェイニーを気に入り、自身がニクソン政権の要職に就いたときはチェイニーをホワイトハウスに連れて行く。ウォーターゲート事件でニクソンが辞任すると、チェイニーは史上最年少でアメリカ合衆国大統領首席補佐官に就任した。

続きを読む

記者たち 衝撃と畏怖の真実

3月29日(金)公開 TOHOシネマズシャンテほか全国順次公開

食べ足りない。おかわりをくれ!

 2001年9月11日。ニューヨークの世界貿易センタービルに2機のジェット旅客機が突入し、国防総省(ペンタゴン)にも旅客機が突入した。のべ3千人近い死者を出した、アメリカ同時多発テロだ。新聞社ナイト・リッダーのワシントンD.C.支局では、この事件に関する政府の対応を取材しはじめる。アメリカ政府はただちに実行犯をイスラム系テロ組織アルカイダだと断定し、本拠地があるアフガニスタンへの対テロ作戦を開始した。しかしこれと並行して、アメリカ国内ではこの事件に対する「イラク黒幕説」が流れはじめたのだ。ナイト・リッダーの取材では、そんな事実は完全に否定されている。中東関係の専門家も、軍関係者も、捜査関係者や情報筋も、同時多発テロとイラクの結びつきはないと断言している。だがイラク黒幕説は日に日に大きくなり、マスコミも、世論も、政治家も、政府も、イラクへの軍事侵攻へと傾く。ナイト・リッダー社は孤立していた。

続きを読む

未知との遭遇(ファイナル・カット版)

4月5日(金)公開 TOHOシネマズ新宿ほか全国

何というハッピーエンドか!

 メキシコのソラノ砂漠で、第二次大戦後にパイロットごと行方不明になったのアメリカ海軍機が大量に発見された。機体の状態は極めて良好。事件を調べていたラコーム博士は、現地の老人が奇妙な「歌」を聴いていた事実を突き止める。これと同じ時期、飛行機のパイロットが奇妙な飛行物体とニアミスを起こし、ゴビ砂漠では1920年代に消えた輸送船が見つかり、インドで大勢の人々が空から鳴りひびく歌を聴いた。地球規模のスケールで、何かが起きているのだ。インディアナ州の電気技師ロイ・ニアリーは、真夜中に起きた大規模な停電事故の現場に向かう途中、猛烈な閃光を発しながら空中を舞う巨大な飛行物体を目撃する。仕事を放り出してそれを追ったロイは、複数の飛行体とパトカーのカーチェイスを目撃。この時以降、ロイはUFOの情報を集め始める。一方シングルマザーのジリアンはUFOに我が子を連れ去られて以来、奇妙なビジョンに取り憑かれていた。

続きを読む

まく子

3月15日(金)公開予定 テアトル新宿ほか全国ロードショー

現代版「風の又三郎」

 小学校5年生のサトシの家は、あかつき館という温泉旅館を営んでいる。母が女将で父が料理長。他に仲居や板前などの従業員が数人という、家族経営の小さな宿だ。そんなサトシの前に、転校生の少女がやって来る。名前はコズエ。彼女の母親があかつき館で住み込みの仲居として働くことになり、コズエも一緒に暮らすことになったのだ。少し不思議な雰囲気を漂わせるコズエは、何かにつけてサトシにくっついて回る。サトシはこれが、嬉しいような、うっとうしいような、複雑な気持ちだ。やがてサトシは、自分の胸に秘めた重大な秘密をコズエに話してしまう。自分は大人になりたくないのに、日々自分の身体が変化していくことが恐ろしいこと。大人になりたくない理由は、自分にとって一番身近な大人の男である父親を嫌悪しているからだということ。父は隣町の若い女と浮気をしていた。だがその後にコズエがサトシに話した秘密は、さらに奇想天外なものだった……。

続きを読む

ビリーブ 未来への大逆転

3月22日(金)公開予定 TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

少数者を抑圧する社会常識と戦え!

 1956年秋。一児の母でもあるルース・ギンズバーグは、名門ハーバード大学のロースクールに入学した。当時同大学で法律を学ぶ女子学生はたった9人。その後コロンビア大に移った彼女は主席で卒業するが、当時のアメリカに女性を雇う法律事務所はひとつも存在しなかった。弁護士への道を閉ざされたルースは、大学の法科教授としてキャリアを築いて行く。それから10年。大学で法的な男女差別について教えているルースに、税法専門の弁護士である夫が一件の訴訟案件を持ち込んでくる。それはデンバーに住む中年の男性の訴えだった。原告は認知症を患う母親の介護のため看護師を雇ったが、その費用の税控除が認められなかったのだ。同じように認知症家族のために看護師を雇っても、独身男性以外は控除が受けられる。これは独身男性に対する法的な差別だ。ルースはこの訴訟を、法律により容認されている男女差別撤廃のための突破口にしようとするのだが……。

続きを読む

ブラック・クランズマン

3月22日(金)公開 TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

実話をもとにした社会派エンタテインメント

 1970年代。コロラドスプリングスで最初の黒人警官として採用されたロン・ストールワースは、当初署内の資料室に勤務。同僚警官たちの人種差別的な扱いにも腐ることなく移動願いを出し続け、念願の潜入捜査の仕事に就くことができた。最初の仕事は、ブラックパンサーの元指導者を招いた地元黒人学生たちの集会に潜入すること。ストールワースはここで黒人指導者の言葉に感銘を受けると共に、女子大学生のパトリスと親しくなる。それからしばらく後、ロンは新聞の広告欄で、人種差別的な白人秘密結社KKKの団員募集を見つける。ロンは差別意識丸出しの白人を装って支部に電話をかけ、支部長に気に入られて集会に誘われる。だが黒人のロンが、どうやってKKKの集会に? ロンは同僚の白人刑事フリップ・ジマーマンをもう一人の「ロン」に仕立て、電話連絡は自分が、集会や会合への出席はフリップが行うという二人一役での潜入捜査を開始するのだが……。

続きを読む

大統領の陰謀

3月15日(金)公開 午前十時の映画祭9

新聞のスクープが社会を動かした時代

 1972年6月17日。ワシントンDCのウォーターゲート・ビルに侵入した5人組の男が、民主党本部に盗聴器を仕掛けようとした容疑で逮捕される。事件の取材を行っていたワシントンポスト紙の新人記者ボブ・ウッドワードは、犯人たちが大金を所持し、盗聴器や無線機などで重装備していたことに加え、事件規模の割には大物の弁護士が付いたことに疑問を持つ。この事件の背後で、糸を引いている何者かがいるのかもしれない。ウッドワードは同僚のカール・バーンスタインと共に、事件の背後を調査しはじめる。ワシントンポスト紙上層部はベテラン記者を担当にしようとするが、直属上司は若いふたりをバックアップ。ウッドワードは侵入犯の手帳に残されていたメモから背後関係を探ると共に、以前から知り合いだった政権中枢部の内通者と連絡を取る。ウッドワードは彼から「金を追え」という重要な示唆を受け、共和党の大統領選挙資金の流れを追いかけはじめる。

続きを読む