THE BATMAN ザ・バットマン

2022年3月11日(金)公開 全国ロードショー

大人のための映像版グラフィックノベル

ザ・バットマン

■あらすじ

 犯罪と汚職が蔓延する巨大都市ゴッサムシティ。闇の中に跳梁跋扈する犯罪者たちを震え上がらせるのは、残念ながら警察ではない。犯罪者たちが恐れているのは、闇の中から現れる全身黒ずくめの男だった。その名はバットマン。2年ほど前から都市伝説のように語られている謎の存在だが、だがその彼とてすべての犯罪を防げるわけではない。

 ゴッサムシティの新しい市長を選ぶ選挙を目前にして、現役市長のドン・ミッチェルが殺害された。ゴードン警部補のはからいで現場に招かれたバットマンは、そこで犯人の残したメッセージを見つける。これは「なぞなぞ」で警察と社会を翻弄する犯人(リドラー)による、連続殺人事件のはじまりだった。

 バットマンの正体は、大富豪のブルース・ウェインだ。彼は残されたメッセージをたどって、殺されたミッチェルと犯罪組織のつながりを知る。ゴッサムシティの闇は深い。リドラーは、その秘密を暴こうとしていた。

続きを読む

マトリックス レザレクションズ

12月17日(金)公開 全国ロードショー

マトリックス三部作の再起動であり最終作

マトリックス レザレクションズ

■あらすじ

 ネオと機械たちの戦いが終わったあとも、マトリックスの仮想現実世界は生きている。

 ムネモシュネ号の船長バッグスは、もう何年もマトリックスの中である人を探している。だが先に見つけたのは、本命とは別の重要人物モーフィアスだった。エージェントとして再生されたモーフィアスに、バッグスは青と赤の二つのカプセルを突きつける。

 世界的に大ヒットしたビデオゲーム「マトリックス」の作者トーマス・アンダーソンは、現実と虚構が区別できなくなる不安定な精神状態に追い込まれていた。新作ゲームの制作は遅々として進まない。上司に呼び出された彼は、「マトリックス」三部作の続編を制作するよう持ちかけられる。

 断ることはできる。だがその場合は、権利を持つワーナー・ブラザース社がトーマスたち不在のまま続編を作るだろう。不本意ながら続編ゲームの制作に取りかかったトーマスの前に、バッグスと新生モーフィアスが現れた……。

続きを読む

マリグナント 狂暴な悪夢

11月12日(金)公開予定 全国ロードショー

ホラー風味のエンタテインメント幕の内弁当

マリグナント 狂暴な悪夢

■あらすじ

 シアトルの閑静な住宅地で、レイク夫妻の夫デレクが殺された。外部から侵入した何者かが、恐るべき力で彼の首を捻じ切ったのだ。妻のマディソンも襲われるが、犯人は彼女には危害を加えることなく姿を消した。だが妊娠中の彼女は、子供を流産してしまう。

 一人で家に戻ったマディソンは、恐ろしい夢を見た。それは夢と呼ぶには、あまりにも生々しいビジョン。彼女は夫を殺して自分にも襲いかかった殺人犯が、見知らぬ女性を残忍に殺す場面を「目撃」したのだ。

 その夢は現実になった。殺されたのは外科医のフローレンス・ウィーバー博士。警察は事件の犯人がデレク殺害と同一犯と見て捜査を進める。手掛かりはウィーバー博士の自宅で見つかった膨大な治療記録。その中にあったエミリーという少女の写真に、警察は目を留める。当時8歳だった彼女は、今どこにいるのだろうか?

 マディソンは夢の中で、別の殺人現場を目撃した。その犯人は……。

続きを読む

最後の決闘裁判

10月15日(金)公開 全国ロードショー

実在の事件に材を採ったミステリー劇

最後の決闘裁判

■あらすじ

 1386年12月29日。パリの試合場で、王や貴族たち臨席のもと、騎士同士の決闘裁判が行われようとしていた。彼らはなぜここで、命がけの戦いをすることになったのか?

 従騎士のジャン・ド・カルージュは、勇猛果敢な武人として戦場で名を高めた男だ。彼の親友は、同じ従騎士のジャック・ル・グリ。だが新領主としてピエール伯が赴任した頃から、カルージュとル・グリの関係に隙間風が吹き始める。

 ル・グリはピエール伯に取り入って出世コースに乗るが、無骨一辺倒のカルージュは置いてけぼり。カルージュが有力貴族の娘マルグリット結婚すると、持参金として約束されていた土地はル・グリにかすめ取られ、祖父の代から世襲の長官職も彼に奪われた。親友だった男は、カルージュの敵になったのだ。

 やがて妻のマルグリットが、カルージュの留守中にル・グリからレイプされたと告白する。これを聞いたカルージュは、ある決意を固める……。

続きを読む

エターナルズ

11月5日(金)公開 全国ロードショー

物議を醸すMCUの新しいヒーローチーム

エターナルズ

■あらすじ

 紀元前5,000年の地球。まだ石器時代の中にいる人類は、海や空からやって来て人々を襲う怪物(ディヴィアンツ)に苦しめられていた。そんな人類を救うため、宇宙の統治者セレスティアルズが地球に送り込んだのが、エターナルズと呼ばれる戦士たちだった。

 そして21世紀。数百年前に最後のディヴィアンツを討ち取ったあと、エターナルズは解散して人間社会に溶け込み、セレスティアルズからの帰還命令を待っていた。セルシもそんな元エターナルズの一員だったが、彼女の前に絶滅したはずのディヴィアンツが現れる。

 間一髪で彼女を救ったのは、エターナルズ時代に恋人だったイカリス。地球に大きな危機が迫っているらしい。エターナルズを再結集するため、セルシたちはリーダーのエイジャックのもとに向かうが、そこで待っていたのはエイジャックの死という恐ろしい現実だった。セルシはその場で、エターナルズの次のリーダーに選ばれる……。

続きを読む

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ

10月1日(金)公開 全国ロードショー

007という一つの物語の終わり

007 ノー・タイム・トゥ・ダイのポスター画像

■あらすじ

 スペクターの首領ブロフェルドを捕らえたジェームズ・ボンドは、恋人マドレーヌと生活するためMI6を去る。だがその直後、ボンドを襲うスペクターの暗殺者たち。その時ボンドの中に芽生えたのは、恋人に対する拭いがたい疑念だった。彼は恋人に別れを告げる。

 それから5年。ジャマイカで暮らすボンドのもとに、CIAのフィリックス・ライターが仕事を持ち込んでくる。それはスペクターに誘拐された細菌学者の奪還。一度はこれを断ったボンドだったが、「新しい007」と名乗る女性エージェントに手を出すなと釘を刺されたことから、結局仕事を引き受けることにした。

 目的地はキューバ。スペクターの全幹部が集まるパーティに忍び込んだボンドは、そこで細菌の入ったガスを浴びるが、死んだのは周囲にいるスペクターのメンバーたちだけだった。この細菌兵器は遺伝子情報をもとに、特定のターゲットだけを死に至らしめる究極の暗殺兵器だった。

続きを読む

ベイビーわるきゅーれ

7月30日(金)公開 テアトル新宿ほか全国順次公開

映画のユルさを肯定すれば楽しめるはず

映画『ベイビーわるきゅーれ』のチラシ画像

■あらすじ

 ちさととまひろは、どこにでもいる普通の女子高校生……と見せかけて、じつはとある組織に属する凄腕の殺し屋コンビだ。

 そんな彼女たちも、間もなく高校卒業。組織の規定で、二人は卒業と同時に寮を出て自活しなければならない。高校生という表の顔を失ったあとは、フリーターでも何でもやって、社会に溶け込んで暮らすことを学ばせるのが組織の方針なのだ。

 ルームシェア生活をはじめた二人は、求人誌をめくっては連日のようにバイトの面接に向かう。調子のいいちさとは早速メイド喫茶の仕事を見つけるが、コミュ障気味のまひろに接客業は無理っぽい。殺し屋稼業で十分稼いでるのに、何で今さらバイトなんて……と、まひろは機嫌が悪い。

 そんな彼女たちが、どういうわけだかヤクザと戦う羽目になった。互いに思惑因縁のある者同士、今さら後には引けない。数十人の武装したヤクザが待つ場所に、二人は意気揚々と乗り込んでいくのだが……。

続きを読む

エイト・ハンドレッド ―戦場の英雄たち―

11月12日(金)公開予定 全国ロードショー

第二次上海事変の激戦「四行倉庫の戦い」を映画化

映画『エイト・ハンドレッド ―戦場の英雄たち―』のチラシ画像

■あらすじ

 1937年(昭和12年)8月にはじまった第二次上海事変は、日本軍が市内の主要部を占拠し、中国軍が撤退していくことで10月には大勢が決していた。爆撃と砲撃で市内は瓦礫の山。しかしそんな上海でも、ほぼ無傷で残っているのが、外国人居住区である共同租界だった。

 日本軍は国際社会からの批判を恐れ、租界を巻き込む砲撃などを避けてきた。そのため租界から蘇州河をはさんだ北岸にある四行倉庫は、砲撃を免れて崩壊を免れている。ここに中国国民政府軍の第88師第524団が入ったのは10月。北岸に残った一般市民は日本軍の総攻撃を避ける難民として、租界へと脱出した。

 今や蘇州河の北側には日本軍と中国軍しかいない。日本軍は周囲の建物に立てこもる中国軍を殲滅した後、いよいよ倉庫を奪取のための猛攻撃を仕掛けてくる。だがこれは租界の人々にとって、まさに対岸の火事。租界の人々が見守る中で、上海戦最後の抵抗がはじまった。

続きを読む

殺人鬼から逃げる夜

9月24日(金)公開予定 TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー

古典的な設定を逆手に取ったサスペンス・スリラー

映画『殺人鬼から逃げる夜』のチラシ画像

■あらすじ

 コールセンターの手話担当として働くギョンミは、同じ聾唖者の母親と二人暮らし。母は裁縫の仕事で金を貯め、娘と二人で済州島に旅行する計画を立てている。母子二人の平和な生活だ。

 だが仕事を終えていつものように車を駐車場に入れた帰り道で、ギョンミは薄暗い路地から投げ出されたハイヒールに気付く。何だろう? そう思っているうちに、靴がもう一つ飛んでくる。靴が投げられた方に向かってみると、路地の暗がりで助けを呼ぶ若い女。彼女は何者かに刺されたらしい。そこに襲いかかる犯人の男。ギョンミは慌てて逃げ出した。

 何とか男か逃げ出し、母と合流して助けを呼ぼうとするギョンミ。そこにやって来たのは、妹を探しているという若いサラリーマン風の男だった。さっきの女性の兄かもしれない。ギョンミは路地を指差すが、言葉が喋れないギョンミは事情をよく説明することができない。異変を察知して、警官も駆けつけてくるのだが……。

続きを読む

ザ・ファブル 殺さない殺し屋

6月18日(金)公開 全国ロードショー

堤真一が演じた悪役の奇妙な魅力

■あらすじ

 ボスの命令でとある売春組織のメンバーを次々に始末していく、凄腕の殺し屋ファブル。彼はターゲットを始末した際に現場にいた少女を助けたが、彼女はこの出来事が原因で下半身不随となってしまう。

 それから数年後。殺しの仕事を離れて「普通の生活」をしているファブルこと佐藤明は、公園で下半身麻痺のリハビリをしている佐羽ヒナコに出会う。彼女はかつてファブルの殺しの現場に出くわして少女だった。ヒナコは小さなNPO団体の職員だが、代表の宇津帆という男はNPOや興信所を隠れ蓑にして悪どい仕事を重ねる裏社会の人間だ。

 宇津帆は自分のグループの新しいメンバーとして、元真黒組の井崎という男を引き入れる。彼はヒナコが出会った佐藤が真黒組の社員向け施設に暮らしていることを知り、宇津帆は佐藤が伝説の殺し屋ファブルであることを確信する。

 宇津帆にとって、ファブルは自分の売春組織を壊滅させ弟を殺した仇だった……。

続きを読む