運び屋

3月8日(金)公開 全国ロードショー

イーストウッド10年ぶりの監督・主演作

 デイリリーの栽培農家として、世界中の愛好家たちに名前を知られていたアール・ストーン。自慢の花や苗を持って各地の品評会や即売会を駆け回っていた彼だったが、インターネット販売に押されて売れ行きは低迷。やがて自慢の農園や家も手放す羽目になった。妻とはもうだいぶ前に離婚し、子供や孫とも音信不通状態。だが結婚する孫娘のために、何もしてやれないのは心残りだ。そんな彼に、ひとつの仕事が舞い込んでくる。ある場所から別のある場所に、荷物を運ぶだけの仕事。荷物の中身については、見ざる、聞かざる、言わざるのお約束だ。仕事の依頼主は麻薬組織のメンバーたち。長年無事故無違反で安全運転を心がけてきた高齢のアールが、オンボロのトラックで荷物を運んでも警察に疑われることはまずなかろうと見込んでのことだ。目論見は大成功。組織は無事に荷物を運び、アールも思いがけない大金を手にした。彼はすっかり、この仕事に味を占めてしまう。

続きを読む

狼たちの午後

3月1日(金)公開 午前十時の映画祭9

アル・パチーノ主演の実録犯罪映画

 1972年8月22日のニューヨーク、ブルックリン。定時業務を終えて客を送り出しはじめた銀行に、若い男三人組の強盗が押し入った。ところがそのうち一人は、高齢の警備員に銃を突きつけることすらまともにできないまま逃げ出してしまう。現場に残った二人の強盗は店員に金庫を開けさせるが、そこにあるのはたった千数百ドルぽっち。集金直後で支店にはほとんど現金が残っていなかったのだ。大急ぎで窓口からも小口の金をかき集め、さて退散と腰を上げた途端、銀行に警察から強盗あてに電話がかかってくる。「周囲は完全に包囲されている。逃げることはできん。大人しく武器を捨てて出てこい」。いつの間にか、周囲はぎっしり警官たちに取り囲まれている。これではアリの一匹すら這い出る隙間がない。強盗たちは行員たち人質に銀行内に立てこもる。その様子はテレビで生中継され、銀行を取り囲む警官隊の背後には、数百人もの野次馬たちが押し寄せていた。

続きを読む

天才作家の妻 40年目の真実

1月26日(土)公開 新宿ピカデリーほか全国ロードショー

秘密の向こうにある本当のミステリー

 1992年秋の朝。作家ジョゼフ・キャッスルマンと妻ジョーンのもとに、1本の国際電話がかかってくる。電話の主はノーベル財団。今年のノーベル文学賞受賞者に、ジョゼフが選ばれたのだ。友人たちに祝福されてストックホルムに向かう飛行機の中で、ふたりはナサニエルという記者に声をかけられる。彼は授賞式の様子を取材するため、夫妻に密着しているのだ。到着したホテルでもはしゃぎ回るジョゼフの身の回りの世話をしながら、ジョーンの気持ちは反対に塞ぎ込んでいく。彼女は自分が夫と歩んできたこれまでの生活を思い返す。出会いは大学の創作クラス。ジョーンは学生で、ジョゼフは指導教授だった。ジョゼフには妻子がいたが、ふたりは愛し合うようになり結婚した。授賞式のリハーサルに向かうジョゼフを残し、ジョーンは街の散策へ向かう。その時、飛行機で出会ったナサニエルが声をかける。彼はある「秘密」について、ジョーンを問いただすのだった。

続きを読む

マスカレード・ホテル

1月18日(金)公開 全国ロードショー

楽しい映画だが新鮮味はゼロ

 都内で起きた3件の殺人事件。現場に残された謎めいた暗号から、警察は同一犯人による連続殺人事件と断定する。暗号は次の事件の現場が、都内の一流ホテル、コルテシア東京であることを示していた。凶行を未然に防いで犯人を逮捕するため、警察は大規模な潜入捜査チームを編成してホテルに乗り込む。捜査員たちがホテルマンになりきって、施設内を監視警備するのだ。捜査一課の刑事・新田浩介は、英語ができることからフロントクラークに配属された。その教育係としてコンビを組む山岸尚美は、刑事としてホテルの客全員に疑いの目を向ける新田に、ホテルマンとしての基礎と基本を叩き込まなければならない。次々やって来る一癖も二癖もある客たち。そこから垣間見える、それぞれの人間模様。はたしてその中に、犯人はいるのだろうか。新田はホテルで起きたある出来事をヒントにして、これまでに起きた連続殺人のひとつに隠されたトリックの秘密を突き止める。

続きを読む

パルプ・フィクション

2月1日(金)公開 午前十時の映画祭9

1990年代生まれのカルトムービー

 殺し屋のヴィンセントは同じ組織のジュールスと一緒に、ボスに命じられた仕事を片づける。こんな仕事は、文字通り朝飯前だ。それよりヴィンセントが気になるのは、ボスに言いつけられているもうひとつの仕事のことだ。大した内容ではない。ボスの新妻ミアの外出に付き合い、彼女をエスコートすればいいのだ。だがほんの少し前、同じくミアの世話係を命じられた男がヘマをして、ボスから半殺しの目にあわされている。気が短く嫉妬深いボスを少しでも不快にさせれば、自分もただでは済まされない。だがミアは自由気ままに振る舞うじゃじゃ馬で、この夜の出来事はヴィンセントにとって忘れられないものになる……。同じ頃、中年ボクサーのブッチは、ギャングのボスから八百長試合を命じられていた。彼はこの申し出を受けながらボスを裏切り、負けるべき試合に勝ってノミ屋の賭けで大儲けする。ボスがこれを許すはずがない。彼は恋人と二人で逃げ出すのだが……。

続きを読む

七つの会議

2月1日(金)公開 TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

会社を舞台にした犯罪ミステリー

 中堅の製造メーカーである東京建電で、常にトップの成績を上げ続ける営業1課。課長の坂戸は北川営業部長の右腕として、毎月の過酷なノルマをこなし続けている。だがそんな花の1課には、ぐうたら社員のハッカクこと八角民夫がいる。坂戸より10歳も年上の万年係長。会議では平気で昼寝。ノルマ未達も平気の平左。ひとり有休の消化にいそしむ給料泥棒だ。しかもハッカクは上司の坂戸をパワハラで訴え、坂戸は他部署に左遷されてしまった。その後釜として1課長になった原島は、ハッカクの周囲で不可解な発注変更や人事異動が起きている事に気づく。しかも部長や社長が、ぐうたら社員のハッカクを守っている。彼の周囲で何が起きているのだろう。まさか業者と癒着して、リベートを受け取っているのか? 原島は退社間近の女性社員・浜本と共に、ハッカクの行動を探りはじめる。だがそこから浮かび上がってきたのは、会社の存亡を揺るがす恐るべき秘密だった。

続きを読む

十二人の死にたい子どもたち

1月25日(金)公開 TOHOシネマズ日本橋ほか全国ロードショー

自殺サイト版の「十二人の怒れる男」

 閉鎖して廃墟になりかけた病院に集まって来た、12人の若者たち。彼らはネットで知り合い、全員で集団自殺するためこの場に集まったのだ。心変わりして立ち去りたいなら、それは本人の自由。ただし集団自殺に反対する者がいるなら、その時は全員一致するまで話し合わねばならない。ぞれがルールだ。しかしこの時、当初予定していなかったことが起きる。死ぬために12人が集まったはずが、集合場所には既にひとつの死体があったのだ。この死体は何者なのか? 彼は自殺なのか、それとも誰かに殺されたのか? 彼が誰かに殺されたのだとすれば、これは集団自殺ではなく殺人事件になってしまう。このまま自殺を決行すべきか否か、最初の採決が行われる。全員が自殺に賛成すると思われる中で、反対はわずかに1名。しかしルールが求めるのは話し合いだ。ここから13人目の死の謎を探る、長い物語がスタートする。謎を解く鍵は、病院のあちこちに残されていた。

続きを読む