機動戦士ガンダム/ククルス・ドアンの島

6月3日(金)公開 全国ロードショー

同窓会映画としては寂しい出来だった

■あらすじ

 アフリカ北西沖の大西洋にあるカナリア諸島。その最北部にあるアレグランサ島に、ジオンの残置諜者がいるらしい。偵察に出かけた連邦のMS隊はことごとく未帰還になっている。カナリア諸島は北米とヨーロッパを結ぶ交通の要衝であり、無視することはできない。ホワイトベースに残敵調査の命令が下った。

 偵察部隊は、無人島だったはずの島で謎の子供たちに遭遇。アムロはザクの攻撃を受けて、ガンダムごと崖から転落してしまう。音信不通になったアムロを残して、他のメンバーは一時島から撤退することになる。

 取り残されたアムロが目を覚ますと、そこにはジオンの元兵士ククルス・ドアンと大勢の子供たちがいた。ドアンは戦災孤児の子供たちと島に隠れ、自給自足の生活を送っているのだ。アムロはドアンが隠したガンダムを捜索しながら、少しずつ島の生活に打ち解けていく。

 だがこの島に、ジオン軍の精鋭サザンクロス隊が上陸する。彼らの狙いは……。

続きを読む

トップガン マーヴェリック

5月27日(金)公開 全国ロードショー

36年ぶりの続編は傑作だった!

トップガン マーヴェリック

■あらすじ

 ピート・“マーヴェリック”・ミッチェル海軍大佐は、アメリカ海軍の伝説的なエースパイロット。現在は戦闘機を降りて新型機のテストパイロットをしている彼に、海軍随一の精鋭パイロット養成学校「トップガン」の教官になるようにとの辞令が下りる。

 マーヴェリックの役目は、近々予定されている某国核施設の破壊に向けて、若いパイロットたちを訓練すること。自然の地形に守られ最新の対空ミサイルと戦闘機で武装するこの施設の攻撃は困難を極めるが、生還するとなるとさらに困難。だがマーヴェリックの目標は、参加したパイロット全員が生還できるようにすることだ。

 間もなく基地に、若手の優秀なパイロットたちがやって来る。自信家の彼らは、伝説のパイロットを「年寄り」扱いして怖じけるところがない。マーヴェリックは訓練初日に実力を誇示して彼らをねじ伏せる。

 だが訓練生の中には、マーヴェリックを憎悪の目で見つめる若いパイロットがいた。

続きを読む

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス

2022年5月4日(水)公開 全国ロードショー

俺にもっとゲテモノを見せてくれ!

■あらすじ

 夢の中で、ドクター・ストレンジは一人の少女を怪物から守ろうとしていた。だが夢の中のストレンジは、それに失敗して少女を犠牲にし、自らも命を落とす。そこで目が覚めたが、何とも後味の悪い夢だ。だが、それはただの夢なのか?

 かつての恋人クリスティーンの結婚式に友人として招待されたストレンジは、会場外で巨大な怪物が暴れ回っていることを知る。怪物に追われているのは、夢の中に出てきた少女だ。ストレンジはウォンと協力して怪物を倒すが、保護された少女アメリカ・チャベスは、マルチバースを移動する特殊能力の持ち主だった。怪物はこの力を奪おうとしていたのだ。

 少女を安全に保護するため、アベンジャーズの盟友ワンダ・マキシモフのもとを訪れる。だがじつは彼女こそ、アメリカの力を奪おうとしている黒幕だった。彼女はマルチバースの中にいる息子たちを取り戻すため、邪悪な魔女スカーレット・ウィッチとしてストレンジに襲いかかる。

続きを読む

教育と愛国

2022年5月13日(金)公開 ヒューマントラストシネマ有楽町、シネリーブル池袋、UPLINK吉祥寺

教育現場に押し寄せる不気味な影

■あらすじ

 放送批評懇談会が国内の優秀なテレビ番組に贈るギャラクシー賞。2017年度にその大賞を受賞したのが、毎日放送(MBS)のドキュメンタリー番組「映像’17/教育と愛国〜教科書でいま何が起きているのか」だった。

 この映画はその番組に追加取材を加えて再編集した劇場版。道徳の「教科化」からはじまり、復古主義的な教育、歴史教科書への検定の締め付け、老舗教科書会社の倒産、新しい歴史教科書を作る会の問題など、さまざまな問題を取り上げながら、学校教育に少しずつ加わっている圧力の存在を浮き彫りにしていく。

 文科省の検定を受けた教科書を「反日」と断罪し、採択校に匿名で抗議ハガキを大量に送りつける人々の存在。学会で承認された学説より、政府の閣議決定が優先される教科書製作現場の様子。そして歴史的な事実より、教科書では愛国心の醸成が優先されるべきだと臆面もなく述べる人々。

 学校教育は子供たちをどうしたいのだろうか?

続きを読む

流浪の月

2022年5月13日(金)公開 全国ロードショー

誰にも言えなかった本当のこと

流浪の月

■あらすじ

 家内更紗には二つの秘密がある。一つは誰も口にしないが、誰もが知っている秘密であり、もう一つは、更紗ともう一人の人間しか知らない秘密だった。

 彼女は小学生の頃、近所に住む大学生に誘拐されて、数ヶ月間家に軟禁されていたことがある。大学生は逮捕され、更紗は保護された。だがその様子は近くに居た人たちにスマホで撮影され、スクープ動画として拡散した。

 今ではそれを、彼女に向かって直接口にする人はいない。偶然それを知っても、みんな彼女には黙っている。これが一つめの秘密……。

 だが、更紗は犯罪被害者ではなかった。当時両親を失い親戚宅に引き取られていた更紗は、そこで深刻な虐待を受けていた。そこから彼女を救い出して保護してくれたのが、犯人として捕らえられた大学生・佐伯文だった。これが真実であり、もう一つの秘密。

 それから15年。大人になった更紗は偶然、文に再会する。文は更紗に気付かない様子だったのだが……。

続きを読む

グレート・インディアン・キッチン

1月21日(金)公開 新宿ピカデリーほか全国順次公開

男たちは女性蔑視や女性差別に気付かない

グレート・インディアン・キッチン

■あらすじ

 結婚したばかりの若いカップル。夫は女学校の社会科教師で、生徒に対して家庭の大切さを語る好青年。妻は高等教育を受けて外国育ちのダンス教師。インド式の伝統的な結婚式が盛大に行われ、二人には幸せな未来が約束されていた。

 妻は夫の家族と同居することになる。家族は新妻を優しい笑顔で迎え、妻も家族の期待に応えようとする。妻の仕事の第一は家事だ。義母を手伝いながら、少しずつ家の仕事を憶えていく妻。戸惑うことも多いが、嫁したからには婚家の流儀を覚えるのも妻のつとめだ。

 そんな中で、義妹の出産を手伝うため、義母がしばらく家を空けることになった。家に残った妻に、一切の家事が重くのしかかる。男たちは家事にノータッチ。義父や夫の家事に対する細かなダメ出しがあるが、それに応えることが妻のつとめ。日々の家事仕事で疲れ切った妻の顔からは、嫁いできたばかりの頃に見せていた明るい笑顔が少しずつ消えて行くのだった。

続きを読む

クライ・マッチョ

1月14日(金)公開 全国ロードショー

イーストウッドは観られるうちに観ておけ

■あらすじ

 1980年のテキサス。元ロデオスターで、その後は馬の調教師として働いていたマイク・ミロは、元雇い主のハワード・ポークから厄介な持ちかけられる。メキシコにいるポークの息子を、自分のもとまで連れてきてほしいというのだ。息子は現在、元妻と暮らしている。だが元妻は、息子を手放そうとしないだろう。

「それは、誘拐じゃないか」
「だが息子は虐待されてるんだ!」

 ポークに恩義を感じていたマイクは、結局この仕事を引き受けることにした。

 メキシコで暮らすポークの元妻レタは、大邸宅で何不自由のない生活を謳歌しながら、子供への愛情は一欠片も持たない女だった。彼女が息子を手放さないのは「所有欲」によるものだ。13歳の息子ラフォは母やその愛人たちからの虐待を避けるため、闘鶏で日銭を稼ぎながら路上で暮らしていた。

 マイクはラフォを車に乗せて、テキサスへと向かう。だがその後を、レタの手下が追跡していた。

続きを読む

ハウス・オブ・グッチ

1月14日(金)公開 全国ロードショー

これはファッション業界版『スタア誕生』だ!

ハウス・オブ・グッチ

■あらすじ

 1978年。友人に誘われたパーティで、パトリツィアはマウリツィオ・グッチと名乗る法科の学生と知り合う。彼は名門ブランド「グッチ」の御曹司だった。彼女の猛アタックもあって二人は結婚。マウリツィオの父は結婚に猛反対して息子を勘当してしまうが、グッチを世界ブランドに育てた伯父アルドの仲介もあって、マウリツィオはグッチの経営陣に迎え入れられる。

 グッチ株の半分を手に入れたものの、実質的な経営権を握っているのは伯父のアルドであることに違いがない。パトリツィアはマウリツィオに入れ知恵して、グループのお荷物になっていたアルドの息子パオロを経営から排除。さらにパオロから得た情報で、伯父アルドを追放することにも成功する。

 だが会社の経営に何かと口を出すパトリツィアに、マウリツィオの心は少しずつ冷めていく。この頃、ファッションブランドとしてのグッチの価値も凋落。会社は経営破綻の危機に瀕していた……。

続きを読む

マトリックス レザレクションズ

12月17日(金)公開 全国ロードショー

マトリックス三部作の再起動であり最終作

マトリックス レザレクションズ

■あらすじ

 ネオと機械たちの戦いが終わったあとも、マトリックスの仮想現実世界は生きている。

 ムネモシュネ号の船長バッグスは、もう何年もマトリックスの中である人を探している。だが先に見つけたのは、本命とは別の重要人物モーフィアスだった。エージェントとして再生されたモーフィアスに、バッグスは青と赤の二つのカプセルを突きつける。

 世界的に大ヒットしたビデオゲーム「マトリックス」の作者トーマス・アンダーソンは、現実と虚構が区別できなくなる不安定な精神状態に追い込まれていた。新作ゲームの制作は遅々として進まない。上司に呼び出された彼は、「マトリックス」三部作の続編を制作するよう持ちかけられる。

 断ることはできる。だがその場合は、権利を持つワーナー・ブラザース社がトーマスたち不在のまま続編を作るだろう。不本意ながら続編ゲームの制作に取りかかったトーマスの前に、バッグスと新生モーフィアスが現れた……。

続きを読む

マリグナント 狂暴な悪夢

11月12日(金)公開予定 全国ロードショー

ホラー風味のエンタテインメント幕の内弁当

マリグナント 狂暴な悪夢

■あらすじ

 シアトルの閑静な住宅地で、レイク夫妻の夫デレクが殺された。外部から侵入した何者かが、恐るべき力で彼の首を捻じ切ったのだ。妻のマディソンも襲われるが、犯人は彼女には危害を加えることなく姿を消した。だが妊娠中の彼女は、子供を流産してしまう。

 一人で家に戻ったマディソンは、恐ろしい夢を見た。それは夢と呼ぶには、あまりにも生々しいビジョン。彼女は夫を殺して自分にも襲いかかった殺人犯が、見知らぬ女性を残忍に殺す場面を「目撃」したのだ。

 その夢は現実になった。殺されたのは外科医のフローレンス・ウィーバー博士。警察は事件の犯人がデレク殺害と同一犯と見て捜査を進める。手掛かりはウィーバー博士の自宅で見つかった膨大な治療記録。その中にあったエミリーという少女の写真に、警察は目を留める。当時8歳だった彼女は、今どこにいるのだろうか?

 マディソンは夢の中で、別の殺人現場を目撃した。その犯人は……。

続きを読む