地獄の黙示録 ファイナル・カット

2月28日(金)公開 全国ロードショー

これは長い長い罪の告白の物語

 1969年。米国陸軍のウィラード大尉は、待機を命じられたサイゴンのホテルから軍上層部地呼び出され、ある秘密任務を命じられる。元グリーンベレーの隊長カーツ大佐が独断で軍を離脱し、ジャングルの中に自分の王国を築いているというのだ。ウィラードに命じられたのは、カーツを暗殺することだった。ウィラードは小さな哨戒艇と、任務を知らされていない4人の部下を与えられて川を遡る。そこで彼が見たのは、戦場の混乱と狂気、そして徹底した暴力だった。ヘリコプター部隊を率いる第一騎兵隊のキルゴア中佐は、サーフィンをしたいという理由だけで海岸沿いの村やジャングルを焼き払う。ジャングルの中には突然巨大ステージが組み上げられ、プレイメイトたちが前線慰問にやって来る。国境に近い最前線の基地では、指揮官さえいない中で、ドラッグ漬けの兵士たちが見えない敵相手に発砲を繰り返している。哨戒艇は少しずつ、カーツの王国に近づいていった。

続きを読む

1917 命をかけた伝令

2月14日(金)公開 全国ロードショー

ドラマの欠如した戦争スペクタクル

1917

 第一次大戦中のフランス。1917年4月6日。前線で束の間の休息を取っていた若いイギリス兵スコフィールドとブレイクは、司令部に呼び出されて別の部隊への伝令任務を与えられる。退却中のドイツ軍を追って、現在1600人の部隊が敵陣深くに侵入している。だがそれはドイツ軍の罠で、このまま進めば部隊が全滅するかもしれないというのだ。その部隊には、ブレイクの兄も参加している。明朝には総攻撃が開始される。残された時間は少ないが、この伝令任務の成否いかんに1600人の命が委ねられているのだ。二人の兵士は命令書とわずかばかりの荷物を持って、塹壕から危険な戦闘地帯に踏み出して行く。行く手に待つのは打ち捨てられた塹壕と腐乱した兵士の死体の山。退却するドイツ軍が残していった仕掛け爆弾にも気が抜けない。かつてはのどかな農村地帯だった場所だが、退却中のドイツ軍はあらゆるものを破壊した。二人は廃墟になった農家にたどり着く。

続きを読む

パドマーワト 女神の誕生

6月7日(金)公開 全国順次ロードショー

豪華絢爛なインドの王朝叙事詩

 13世紀末の西インド。若き王ラタン・シンに見初められ、パドマーワティは故郷シンガール王国からメーワール王国へと嫁いだ。だが同じ頃、北インドで勢力を伸ばしていたハルジー族のアラーウッディーンは、スルタンに即位していた叔父を暗殺して自らがスルタンの座を奪い取ると、強大な軍事力で周辺国を次々支配下に置いていく。世界中の宝物を手に入れた彼が次に願ったのが、絶世の美女パドマーワティを手に入れることだった。アラーウッディーンはメーワールに進軍し、大軍勢で城壁を取り囲む。だがメーワールの堅固な守りは、おいそれとは敵を近づけない。籠城戦を戦う大軍の維持にはコストがかかる。兵士たちの食料も尽きかけた頃、アラーウッディーンはメーワールに使者を立てて和睦を申し入れる。だがこれは、豪胆だが計算高い彼の用意周到な策略だった。アラーウッディーンと会談したラタン・シン王は、ハルジー朝の都デリーに連れ去られてしまう。

続きを読む

バーフバリ 王の凱旋〈完全版〉

6月1日(金)公開 新宿ピカデリーほか全国ロードショー

観る者を引き込む胸熱スペクタクル!

 国母シヴァガミによって次期国王に指名されたアマレンドラ・バーフバリは、戴冠式前に見聞を広めるため旅に出る。従者は奴隷剣士カッタッパだ。旅の途中、身分の若い貴婦人を中心とする一行が盗賊に襲われるのを見てとっさに助けようとしたバーフバリだったが、その貴婦人が剣を抜いて盗賊を撃退する様子を見て目を丸くする。彼女はクンタラ王国の王女デーヴァセーナ。すっかり彼女を気に入ったバーフバリは、偽名を名乗って身分も偽り、デーヴァセーナの従兄弟クマラ・ヴァルマの使用人として王宮に入り込んだ。一方、王位継承の機会を逃したバラーラデーヴァは、バーフバリがクンタラ王国の王女に恋をしているという情報をつかんである計画を思いついた。それは母のシヴァガミを通じて、デーヴァセーナを自分の妃にすることだ。バーフバリとデーヴァセーナの関係を知らないシヴァガミは、我が子の願いを叶えるためクンタラ王国に求婚の使者を送るのだった。

続きを読む

300 帝国の進撃

300 帝国の進撃

ギリシア連合軍VSペルシア帝国。決戦の場は海へ!

 紀元前5世紀のペルシア戦争で、スパルタ王レオニダスはわずか300の精鋭を率いてペルシアの大軍と激突。奮闘も虚しく、スパルタ軍全滅という悲劇的な結末を迎えた。だが戦争はまだ終わっていない。これに先立つ10年前、マラトンの戦いでペルシャ王ダレイオス1世を討ち取ったアテナイの武将テミストクレスは、やがて迎えるであろうペルシアとの決戦に備えてギリシア各都市の海軍を集結させる。一方ギリシア人への復讐に命を賭けるペルシアの女性司令官アルテミシアは、大艦隊を率いてギリシアに迫る。紀元前480年、双方の海軍はついに激突。戦力差は圧倒的だったが、ギリシア海軍はテミストクレスの巧みな采配で善戦した。だがテルモピュライでスパルタ軍が破れ、アテナイも陥落し、ギリシア海軍は最後の決戦の場をサラミスに定めてペルシア軍を迎え撃つことに決める。ここが破られればギリシアは滅びるだろう。テミストクレスらは決戦の海に向かう。

(原題:300: Rise of an Empire)

6月20日(金)公開予定 丸の内ルーブルほか全国ロードショー
続きを読む

ノア 約束の舟

ノア 約束の舟

それは世界の終わりか、あるいは新たな始まりなのか?

 神が創造した最初の人間アダムとイブには、3人の息子がいた。だが長男カインは弟アベルを殺害して逃亡し、罪深い殺人者の子孫を増やして行く。一方夫婦の三男セトの子孫たちは、神の目から見て正しい人々であった。その子孫ノアは、父レメクをカインの末裔トバル・カインに殺されたものの、やがて強くたくましい男へと成長する。妻ナーマとの間にはセム、ハム、ヤフェトという息子も生まれ、襲撃された村で拾った女の子イラも彼にとって大切な家族の一員となった。だがある日彼は、神から重大な使命を与えられる。神はこの世界を汚し尽くしている罪を、大洪水によって一掃しようとしている。ノアは洪水に先立って巨大な箱船を作り、そこに地上のありとあらゆる動物を一対ずつ乗せて洪水から生き延びさせるのだ。ノアは巨人族たちの協力も受けながら、家族総出で船の建造を始める。だがこれに気づいたトバル・カインは、船を奪うためノアたちに襲いかかった。

(原題:Noah)

6月13日(金)公開予定 TOHOシネマズ日本橋ほか全国ロードショー
続きを読む